西城秀樹の子供の現在。学校は森村学園?年齢は?イケメン画像有り?

Pocket


最期の最期まで闘いぬいた西城秀樹、その壮絶な人生はさぞかし大変だったろうと思います。しかし、それを支えてきた奥さんと子供たちの愛情も凄い者です。

その子供たちを覗くとともに調べてみました。

西城秀樹の子供の現在について。名前や年齢は?画像有り!

西城秀樹には3人の子供がいます。一番目が女の子、二番目が男の子、三番目が男の子です。

年齢的なこともあったかもしれませんが、驚くべきは、3人とも年子という事です。結婚して、3人の子供に恵まれて、とってもにぎやかで楽しい家庭生活を送ったのではないかと思います。

もちろん、3人年子ですから、子育ては大変なこともあったかもしれませんがきっと楽しいことの方が多かったのではないかと思います。また、3人年子で子供ができているわけですから、西城秀樹と木本美紀がとっても仲が良いということも分かります。

西城秀樹と木本美紀は19歳の年の差があるのですが、きっとそんな年の差は関係ない感じだったのだと思います。
子供の紹介をしましょう

長女は莉子(りこ)さん、生年月日は2002年6月3日です。年齢16歳、目鼻立ちのしっかりした可愛い子です。小さい頃からすごく大変な体験をしているので、しっかりとした娘さんに育つのではないでしょうか。

長男は慎之介(しんのすすけ)くん、生年月日は2003年9月1日。年齢15歳、長男もイケメンです。お父さん亡き今、一番上の長男も母を支えて、またしっかりとした子に育つと思います。

次男は悠天(ゆうま)くん、生年月日は2004年生まれ。年齢14歳。今から姉弟、力を合わせて頑張っていく中でお兄さん、お姉さんを支えていって欲しいものです。

西城秀樹の子供の学校は森村学園?はたまた和光学園?

スポンサードリンク

子供たちの学校は森村学園との情報があります。正確に言いますと「森村学園中等部高等部」です。中学校高校の6年間、一貫校です。

学校の特徴は家庭との信頼を大切にして、アットホームな雰囲気を重要視しているようです。中等部は男女比は同じくらい、高等部は女子の割合が多いです。

その森村学園の場所は横浜市です。自宅と学校が横浜市ですのでかなり有力な情報です。ちなみに紺野美佐子さんの息子も通われているとか。May jさんも森村学園みたいです。

西城秀樹のイケメンの息子慎之介がドラムで芸能界デビュー?

スポンサードリンク

長男の慎之介くん、西城秀樹に似ていてほんとイケメンです。かって西城秀樹がドラムを演奏している姿をテレビで見て以来、慎之介くんもやってみたいと思いドラムを始めたそうです。

西城秀樹が教えることもあったのですが、病気の後遺症もあり上手に教えることが出来なかったので、知り合いのドラマーにレッスンをお願いしたりしていたそうです。慎之介くんのドラムの腕前はなかなかのもので、西城秀樹のバックバンドでドラム演奏をしたこともあったそうです。

しかし、こんなイケメンなドラマー将来が有望です。ここで3人姉弟ですので後2人を紹介していきたいと思います。

一人目は長女の莉子ちゃんです。莉子ちゃんも西城秀樹によく似ていてとても美人です。

西城秀樹の娘とは知らずにスカウトをされたこともあったそうです。木村美紀と一緒に西城秀樹の病院に付き合ったりと大変、心優しいお嬢さんだそうです。

そんな莉子さんですが、将来はダンサーになるという夢を持っています。二人目は次男、悠天くんです。

この悠天くんのことを西城秀樹は「やんちゃ坊主なところが僕にそっくり」と言っていたそうです。そして、また西城秀樹は中学生時代、絵が得意で二科展で佳作に選ばれたことがあったそうです。

そして悠天くんも絵が得意で家族でパリ旅行に行った時の絵がポスターに採用されたこともあったそうです。やんちゃなところ、絵がうまいところ、のDNAをしっかりと受け継いだんじゃないでしょうか。

この悠天くんは芸能界に興味を持っているそうです。西城秀樹二世誕生か?という所でしょうね。

年子の3人の子供を育てるのは本当に大変だと思います。西城秀樹も病気と闘い、リハビリに励む中、それでも3人のお子さんの子育てを奥さんの美紀さんに任せっきりではなく育児に積極的に参加していたようです。

そんな西城秀樹の子育てのポリシーは、「普通の子供として育てる」ことだったそうです。3人とも今のところ、華やかな世界への夢をいだいているけど、普段の子供たちの接し方にいたって普通、普通の感覚を忘れないようにしてほしかったんでしょう。

西城秀樹ほどのスターの、その子供さんですが、甘やかすことなく厳しく、育てることが西城秀樹の子育て方針だったようです。だからと言って細かい事をガミガミ言うわけでも無く、って、褒めて、とメリハリを効かせた子育てだったようです。

まとめ

2002年、2003年、2004年と3人年子で子育ては本当に大変だったんじゃないかと思います。西城秀樹は全盛期は1日2時間しか寝ていなくて、秒単位のスケジュールだったと思います。

結婚しても忙しかったと思いますが、それを支えたのは妻の槇原美紀だと思われます。結婚当時も西城秀樹から18歳年下でも「しっかり者」と言われてきました。

旦那のこと、子どもたちのことをしっかり支えてきたのだと思います。一方で西城秀樹はアイドルとしてファンを大切にして、さらには家族の絆も大切にしていたのを感じました。

西城秀樹がここまで活動できたのは、西城秀樹自身の人柄とファンへの想い、それに家族や妻の支えがあったからだと思いました。
お読み下さり有難うございました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.