篠原涼子と旦那さん(市村正親)は略奪婚?馴れ初めは?年齢差がヤバい?離婚危機?

Pocket

画像引用元:https://eiga.com/person/34089/

篠原涼子さんといえば、年齢に合わないその美貌とスタイルで世間を魅惑。
女優として活動されており、TVドラマ『アンフェア』や『ハケンの品格』、その他バラエティや舞台など様々な分野で活躍しています。
2019年の第42回日本アカデミー賞では、『人魚の眠る家』で優秀主演女優賞、『北の桜守』で優秀助演女優賞をダブル受賞するなどその実力を見せつけています。

画像引用元:https://mainichi.jp/articles/20170703/dde/012/200/004000c

一方、旦那さんの市村正親さんは俳優として映画・舞台・ドラマ・TV・声優などなど様々な分野で活躍されており、映画『テルマエ・ロマエ』ではローマ第14代皇帝の「ハドリアヌス」をその迫真の演技で観る者を圧倒しました。

今回はそんなお2人について、まとめてみました!

篠原涼子と旦那さん(市村正親)の年齢差がヤバい!


画像引用元:https://honne-channel.com/shinohararyoko-ichimuramasachika/

篠原涼子さんは1973年8月13日産まれ45歳で、市村正親さんは1949年1月28日の70歳です。
その差はなんと25歳!

かなりの歳の差結婚です。
篠原涼子さんからすれば、自分の親と同じ年齢であっても間違いないくらい歳の差がありますね。

最近では歳の差婚もよく見られるようになってきました
今の時代は若いイケメンより、年上のお金を持っている落ち着いた大人の男性がモテるのかもしれませんね。
大人の男性が醸し出す包容力が、モテの秘訣なのでしょう。

スポンサードリンク

篠原涼子と旦那さん(市村正親)の馴れ初めは?交際期間は?いつからの付き合い?

画像引用元:https://honne-channel.com/shinohararyoko-ichimuramasachika/

お2人の馴れ初めは、舞台『ハムレット』で共演したことがキッカケとなっているそうです。
市村正親さんは「ハムレット」を、篠原涼子さんはハムレットの妃候補である「オフィーリア」を演じました。

役では妃候補の篠原涼子さんでしたが、実際に結婚して妃になるとは・・・。
ロマンチックですね。

篠原涼子は歳が離れている市村正親を何故旦那さんに選んだのか?

画像引用元:https://movie.walkerplus.com/news/article/169452/

篠原涼子さんが市村正親さんとの結婚を決めたのは、その人柄だと言います。
お2人の馴れ初めは舞台での共演だと先述しましたが、この舞台は篠原涼子さんにとって本格的な舞台への一歩でした。

それまでの女優業でもメインでの出演というのは少なかったため、舞台『ハムレット』
での緊張は相当なものだったでしょう。
ここで精神的な支えとなったのが、市村正親さんだったと言います。
右も左もわからない状況で、優しく教えてくれる人がいれば頼ってしまうのは自明の理。
篠原涼子さんは市村正親さんのことを、『明るくて、思いやりがあって、自分にないところをいっぱい持っていて』というように語っています。
そこから虜になっていったのでしょうね。

篠原涼子と旦那さん(市村正親)は不倫略奪婚だった?

画像引用元:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171122003949.html

市村正親さんは元妻である八重沢真美さんと、21年間結婚生活を送っています。
2人とも劇団のメンバーで支えあっていたと言いますが、市村正親さんは女遊びが激しい方だったらしく妻の八重沢直美さんも苦労したそうです。

こういったことから、2人の気持ちは徐々に離れていったのでしょう。
篠原涼子さんとは当初不倫関係だったということまではわかりませんでしたが、もしかしたら不倫まがいなこともしていたのかもしれませんね。

篠原涼子の両親は市村正親との年齢差に猛反対?

画像引用元:https://girlschannel.net/topics/1744570/

篠原涼子さんのお母さんは、若くして交通事故で亡くなられています。
篠原涼子さんのお父さんは、男手一つで篠原涼子さんをここまで育てられてきました。

それを、女癖も良くないと評判もある、自分と10歳ほどしか変わらない男に愛娘を任せるわけにはいかないと思ったのでしょう。
年齢的に考えてみても、市村正親さんの方が早く亡くなるというのが一般的な意見でしょう。
しかし市村正親さんが亡くなった後も、篠原涼子さんは生きていかなければいけないのです。
苦労するのが目に見えていますよね。
あまり不幸を味わってほしくない、そういった親心があったのかもしれませんね。

他人事だから特に何も思いませんが、自分が篠原涼子さんの親の立場だとすればちょっと嫌ですよね。
相手が財力のある方でも、歳の差婚であればほぼ確実に年を取っている相手方が先に亡くなります。
残された方は悲しみを背負うことになりますし、そういった悲しみはお金ではなかなか穴埋めできません。
それに相手が年を取ってなくなっている場合、その分だけ自分の娘も年を取っているわけです。
女性は歳をとればとるほど再婚は難しくなるでしょうし、実の子供が老後を一人で過ごすというのはあまりにも親としてやり切れません。
男手一つで育てた愛娘とあれば、猶更のことでしょう。

子供を産むのが結婚の条件だった?

画像引用元:https://www.sankei.com/premium/news/180904/prm1809040003-n1.html

孫が見たかったというのもあるかもしれませんが、篠原涼子さんのお父さんは市村正親さんが離婚した時の状況を知っていたのでしょう、
市原正親さんは全奥さんとの間に、子供はいませんでした。

子供がいれば、もし何か夫婦間であっても別れづらいですよね。
子供が別れない理由になります。
子供はいわば、血を分けた自分の分身と言えます。
『子供のためを思えば』という言葉もある通り、子供が夫婦の関係の解消を防ぐストッパーにもなり得るでしょう。

ですから、子供を産むのが条件としたのかもしれませんね。

篠原涼子の旦那さん(市村正親)はどんな人?

画像引用元:https://news.mynavi.jp/article/20160513-a202/

市村正親さんは数多くの映画・舞台・ドラマ・TV・声優など様々な分野で活躍されており、その実力を知らない人はいないことでしょう。

スポンサードリンク

女遊びが激しいという一面もあるようですが、篠原涼子さんは「明るくて、思いやりがある」という風に市村正親さんを評価しています。
立場などでその人に対する評価は変わってくるとは思いますが、市村正親さんの最も近い人になった篠原涼子さんの評価が、最も市原正親さんの人となりを正確に表したものなのではないかと推測できます。

市村正親は俳優?

画像引用元:http://ichis.com/profile/

市原正親さんは俳優なのですが、それだけではなく幅広く活動されています。
舞台でも活躍されており、以前は劇団四季に入団し舞台活動をされていましたが、退団した現在も舞台活動を行っています。
2019年12月現在は、ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』を公演中です。
市村正親さんの役は、クリスマスを最も嫌う男「スクルージ」。
公演は12月25日までとされています。

他には声優活動もされており、あの大人気ゲームの『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のミュウツーの声優をしていた過去もあります。

その他、TVドラマやCM、アニメや吹替など様々な分野で活躍されているマルチタレントです。
一流の役者というのは、あらゆる場面で重宝されるのでしょうね。

市村正親の元嫁って誰なの?

画像引用元:https://koimousagi.com/15106.html

市村正親さんの元嫁は、同じ劇団四季にメンバーだった八重沢真美さんです。

3歳からバレエを始め、将来を嘱望されていた八重沢真美。しかし、故障のためバレリーナの道を断念し、1982年に劇団四季に入団します。

そして、1983年5月に「アンデルセン物語」で市村正親と共演した翌年の1984年に、2人は結婚。しかし、2005年に離婚しています。

参考記事:斜め上からこんにちは
https://anincline.com/ichimura-masachika/

やはり、自分と同じ畑の人間で身近にいたからこそ結婚に至ったのでしょう。
しかし、結ばれた二人はその後離婚へと進むことになってしまいます。
それはいったいなぜなのでしょうか。

先述した通り、市村正親さんは女遊びが激しかったと言います。
ここからは推測ですが、そういった欲求を市村正親さんは我慢できず、市村正親さんの女遊びに対し八重沢真美さんも我慢ができなくなったのでしょう。

市村正親の元嫁との間に子供はいるの?

画像引用元:http://chumoku-topic.info/archives/1857

市村正親と元妻・八重沢真美の間に子供はいませんでした。いつかは独身に戻る予感がしていて子供を作らなかった、とも取れるコメントを元妻・八重沢真美はインタビューで答えています。

参考記事:同上

子供がもしいれば、結果は変わったのかもしれません。
子供を作らなかった理由はやはり、市原正親さんが女性からモテすぎるのが原因でしょう。

女癖もあまり良くなかったとのことで、女性関係に不安を感じていたのでしょうね。
そういった不安を持ったまま、子供を作ることに躊躇したのでしょう。

市村正親は病気?がんの病状は?

画像引用元:https://www.sankei.com/life/news/190521/lif1905210003-n1.html

2014年に胃がんの手術、2015年には右膝半月板の手術を受けています。
現在は特に何か治療をしているという情報はありませんが、やはりもうお歳なので身体にガタがくるのは仕方がありませんよね。

現在は仕事に復帰しており、ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』で「スクルージ」役を演じています。
身体の調子は戻ったと考えても良いのかもしれません。

篠原涼子と旦那さん(市村正親)は離婚危機?

画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2138024792653062301/2138026358266818503

篠原涼子さんがママ友の間で漏らした、ちょっとした愚痴が離婚の危機ととられたようです。

ママ友に「私のしている仕事をわかってほしいの」と市村に対する愚痴をこぼしていたと「女性セブン」(小学館)が報じた。

参考記事:WEZZY
https://wezz-y.com/archives/60779

こんな愚痴、普通にある事ですよね。
不満のない人のほうが、少ないと思います。

篠原涼子さんは、報道陣の取材で直接不仲説を否定しており、所属事務所も2人の離婚危機や、不仲説を否定しています。
有名人ということで、こういったちょっとしたことでも取り上げられ尾ひれをつけて流されるのは仕方がないのかもしれません。

市村正親さんはこういった不仲説に対して、「でもいいの。注目されてるってことですから」とコメントを残しています。
大人の余裕ですね。こういったところに篠原涼子さんは、惚れたのかもしれません。

篠原涼子と旦那さん(市村正親)の間に子供はいるの?

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/1086

2人の間には、現在2人の子供がいます。
2人とも男の子で、長男が結婚から3年目の2008年5月に、次男が2012年2月に誕生しています。
長男は現在11歳、次男は7歳で両方とも青学に通っています。

名前についてはまだ公開されていません。
子供たちが芸能界入りした際には、名前が公表されるかもしれません。

子供たちの詳細についてはコチラ

その時を楽しみにしていましょう。

まとめ

画像引用元:https://honne-channel.com/shinohararyoko-ichimuramasachika/

市村正親さんの人となり、篠原涼子さんとの馴れ初めについてまとめました。
市村正親さんは様々な分野で活躍されているマルチタレントで、TVドラマやアニメ、吹替や声優など手広く活動をしています。

そんな市村正親さんの元嫁は、同じ劇団四季に所属していた八重沢直美さんです。
離婚の原因は市村正親さんの女癖が悪く、八重沢直美さんは悩んで最終的に離婚したというのが結果です。
もし2人の間に子供がいれば、少しは違ったかもしれません。

市村正親さんは現在何か特に体調を崩されているという話はありませんが、過去に胃がんの手術や右膝半月板の手術も行っています。
歳を考えると、身体にガタがくるのは仕方がないかもしれません。

2人の年齢差は25歳差あり、篠原涼子さんの父親には当初結婚を反対されたとか。
「結婚して子供を産む事」この条件を2人とものみ結婚をして、無事子供を授かりました。
現在2人の間には2人の子供がおり、すくすくと成長しています。

これからどのような家庭になっていくか、家庭をもったことで演技にどのような変化が現れるのか楽しみですね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.