波岡一喜が逮捕? issaと似てる?嫁は?韓国人だった?「わろてんか」落語家の演技力が好評!

Pocket

今回は俳優波岡一喜の情報です。

「わろてんか」の落語家の演技力などですごく話題を集めてます。

そんな波岡一喜さんの逮捕説?や韓国人疑惑、似ている芸能人などの情報を徹底リサーチしてお届けします。

波岡一喜が逮捕?

波岡一喜を検索すると、どうしても「逮捕」というキーワードに繋がるのですが、逮捕という事実は有りませんでした。

「ごちそうさん」「パッチギ」や「ドロップ」など彼が出演しているドラマや映画の役柄で、ヤンキー、ヤ〇ザやチンピラ系が多いせいか、世間では逮捕歴があると先入観を持たれている様ですね。

波岡一喜はダパンプのissaと似てる?

波岡一喜さんはissaさんはじめ、鳥肌実さん、石黒英雄さん、甲本雅裕さんに似てると言われていますが、比較されている俳優さんは皆イケメンですから、波岡一喜さんもイケメンということになります。

波岡一喜とissaを実際に並べてみると確かに似ていますね。
2人は歳も近く濃い目の顔という意味では系統が同じなのでよく取り上げられているのでしょうね。

スポンサードリンク

お二人ともワイルドな男前系の顔だと思います。

波岡一喜の嫁は?子供はいる?

嫁は一般人

波岡一喜さんは2006年に一般人の女性と結婚しています。

2004年にデビューなので、まだそんなに俳優として活躍していない時期でしょう。

あまり収入の無い中での結婚という事は、相当の覚悟があったに違いありません。「俺は絶対に成功する!」という熱い気持ちがあったのでしょう。

お嫁さんとなったのは、2歳年下の一般女性です。大学生の時から5年間交際してきた方だそうです。

波岡さんは年下の女性の方が性に合ってそうですよね。その女性も、グイグイ引っ張ってもらうのが好きな女性な気がします。

しかし、波岡一喜さんは早稲田大学なので嫁さんも知的な人なんでしょう。

波岡一喜は、最終学歴はなんと早稲田大学の政治経済学部卒業なのです!!
彼が演じているヤンキー、チンピラなどの役柄からは想像つかないですが、ハンパなく頭のいい方ですね。

出身地は大阪ですが高校も大阪府下でトップレベルの名門進学校を出ているのです。

スポンサードリンク

そんな高学歴で一般社会からしたら有利な立場の人から「役者で成功する!」と熱く語られたら女性としては凄く魅力的に感じるのではないでしょうか。

子供はいるのか?

波岡一喜と奥さんの間には女の子が2人と男の子が1人いる様です。
プライベートの家族とのふれあいについては以下の様に語っている様です。

僕は基本的に家にいるのが好きなので、 仕事が無い日は、ほとんど家にいるんですよ。

昨日も娘をスイミング教室に連れて行って「がんばれよー!」って。

うちは子供二人とも、習いごとをたくさんしているので、自分の手が空いているときは、なるべく妻と分担して連れて行くようにしています。

売れっ子芸能人ともなると家庭は省みず仕事や仕事の付き合いばかりに偏る人が多い様ですが、波岡一喜は今時珍しい絵に描いたようなマイホームパパですね。良き夫であり良き父だと思います。

波岡一喜は韓国人だった!?

波岡一喜は「韓国人」という噂がまことしやかに流れている様なのですが、映画「パッチギ!」でヤンキー韓国人の役柄だったり、テレビドラマの「ハンチョウ」では韓国人役を演じて本国籍かと思える様な流暢な韓国語を披露していた為、イメージ的にそのような根も葉もない噂が流れたのでしょう。

波岡一喜は大阪出身の純日本人ですね。

因みに
「パッチギ!」では監督に井筒和幸に相当しごかれたらしく

あのころの僕はトゲトゲで、井筒監督にしごかれるたびにマジでシバいたろうかと思っていました(笑)。今は大好きやし、父親みたいに思っています。監督の誕生日会なんかもしますね。

と当時の事を懐柔しています。

今では映画やドラマでも幅広い役を演じることが出来る実力派俳優になっていますが、それもこの井筒和幸監督のしごきが演技の基礎になっているのかも知れないですね。

波岡一喜の「わろてんか」落語家の演技力が凄い!!

一度見たら記憶に残る顔の男といってはいいすぎか。NHKの朝ドラ「わろてんか」で人気落語家、月の井団吾を演じている波岡一喜(39)に注目だ。

今年2月、又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」のドラマ版(NHK)で、主人公が憧れる天才肌の先輩芸人・神谷を演じ、その迫力ある演技は印象的だった。

どんな人物かチェックしてみると、意外な素顔が……。

デビュー作の映画「パッチギ!」をはじめ、不良学生、チンピラ、極道とあらゆるワルをやり尽くしている個性派だが・・・

なんと大阪の進学校・府立高津高校を経て早稲田大学政経学部を卒業した秀才! そんなエリートがなぜ芸能界入りしたのか疑問だが、それはいずれバラエティーなどに出演した際に本人の口から語られるはず。

いずれにせよ、おバカがインテリを演じることはあっても、インテリがおバカを演じるのは珍しい。波岡の魅力は全力でおバカになりきるところかもしれない。

波岡一喜は本人の努力も人一倍あると思いますが、やはり知的な天才肌が故にチンピラから落語家や刑務官まで幅広い役柄を演じられるのでしょうね。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク
コメントの入力は終了しました。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.