天海祐希の宝塚時代の輝かしい経歴に密着!男前伝説とカリスマ的人気度が凄い!

Pocket


画像引用元:https://eiga.com/person/12124/

シリアスからコメディまで幅広いジャンルの演技ができ、数多くの主演女優賞や最優秀主演女優賞などを受賞した経歴を持つ女優が天海祐希です。

言わずと知れた宝塚歌劇団の男役でトップスターに君臨していました。
そんな、宝塚歌劇団での男前伝説やカリスマ的人気度の秘密について迫ってみたいと思います。

宝塚歌劇団時代の貴重な画像についても調査してみました!
というわけで、天海祐希の知られざる宝塚歌劇団時代のあれこれ切り込んでみました。

【ページコンテンツ】

天海祐希が宝塚のスターを目指したきっかけは一体なに?

画像引用元:https://www.ken-on.co.jp/artists/amami/

現在は幅広いジャンルで活躍する天海祐希ですが、そもそも宝塚にどういった志があって入団したのでしょうか。

天海祐希さんが最初に芝居の世界を目指そうと思った理由は、幼稚園の頃に遡ります。
幼稚園の行事と言えば、お遊戯会などありますよね。
そのお遊戯会は白雪姫が題材で、天海祐樹さんは作中の魔法使いを演じました。
そのお遊戯会で、天海祐希さんは幼稚園の先生にこう褒められたそうです。

『声が大きくて、お芝居が上手ね』

これをキッカケに、天海祐希さんは芝居という世界を夢見たといいます。

スポンサードリンク

これがキッカケになったかどうかはわかりませんが、中学では演劇部に入部。
そして、演劇部でも持ち前の実力を発揮したのでしょう。
演劇部顧問が宝塚のファンだったらしく、天海祐希さんに宝塚に行くことを勧めたと言います。
これをキッカケに、天海祐希さんは宝塚への入団を志望するようになったとか。

中学の時に演劇部に入ってその顧問に出会っていなければ、宝塚を目指すことはなかったとも言えます。
そう考えると、宝塚の大スターである天海祐希を生んだのは、その顧問の先生と言えなくもないかもしれません。

1人のひと言が1人の人生を変えてしまうのだから、言葉って凄いですね。
世界中のスターもそういった誰かのひと言で生まれているのかもしれないと考えると、言葉というものに特別な力を感じてしまいますね。

天海祐希は宝塚時代に史上最速でトップスターに?「最速伝説編」


画像引用元:https://mainichi.jp/articles/20190410/dde/018/200/017000c

まずは初めに、天海祐希のプロフィールを簡単にご紹介します。

天海祐希の生年月日は、1967年8月8日で、年齢は(2020年現在)52歳です。
出身は、東京都で血液型はおっとりした性格のO型です。
身長は、171㎝と高身長で、本名は中野祐里と言います。

芸名の由来は、本名から一字と希望から「希」を使用して、強運との姓名判断で言われている本名と同じ字画数の3つの条件で「天海祐希」となりました。また、「スケールが大きい方が良い」という副校長の助言もあったそうです。

そんな、天海祐希の宝塚歌劇団時代の数多くの伝説とは、一体どのようなものなのでしょうか?
史上最速でトップスターへと上り詰めた、彼女の秘話についても追及してみます。

天海祐希最速伝説①宝塚歌劇団入団から10ヶ月で新人公演主役に


画像引用元:https://www.oricon.co.jp/special/53904/

天海祐希は、宝塚歌劇の音楽学校の入試時から大きな注目を集めていました。
面接時に当時の演出家、植田紳爾が天海祐希の華やかさを見て「お母さん、よくぞ産んで下さった!」と絶賛したそうです。
第73期生として首席で入学すると、その才能を開花させ、入団わずが10か月という速さで新人公演の主役に大抜擢されたのです。

入団1年目が主役に抜擢されるというのは、まさに異例中の異例で今でも語り継がれるほどの伝説となっています。

先輩から見れば、まさしく目の上のたん瘤。
先輩陣営からの圧力もあったのではないでしょうか。

新人公演は研究科1~7年目の若手の舞台!研1で主役の金字塔!


画像引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1793044/

通常、新人公演は入団1年目~7年目が対象で、主役が選抜されていきます。
そんな中で、わずか1年目で主役に抜擢されるというのですから、どれほどの快挙か分かりますよね。

ちなみに、天海祐希が退団後にトップスターとなった久世星佳、真琴つばさ、紫吹淳は天海祐希の何と先輩にあたるのです。
そのことからも、天海祐希の凄さが分かります。
実際に、天海祐希に憧れて入団する生徒が後を絶たないと言います。

こちらが、研1と研2の頃の画像です。

https://twitter.com/mmktj47/status/686034350299713537?lang=es

確かに、既にスターオーラが漂っていますよね!

天海祐希最速伝説②研5で上級生ブチ抜き?2番手男役スターに!


画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000002-tospoweb-ent

さらに、天海祐希の伝説として研5で上級生をぶっち抜きして、2番手男役スターになったというのは本当なのでしょうか?

調べてみると、1991年には涼風真世が研11の時にトップスターだった際に、天海祐希が2番手男役スターになりました。
4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなるかたちとなったのです!
これまでは、2番手スターは地味ですが実力派を付けるという伝統がありましたが、それを天海祐希が覆したのです。
2番手なのに、輝きがあり大注目をされました。まさに、これまでにないパターンだと言えますね。

では、なぜトップスターではなく2番手だったのでしょうか?

噂によれば、天海祐希が2番手を希望したと言われています。研1で新人公演の主役に抜擢され、そのプレッシャーもあったのかも知れません。

退団を希望したともいわれているほどです。
ですから、トップスターではなく2番手という位置付けにしたのでしょう。

天海祐希最速伝説③入団7年目の大抜擢!月組トップスターに!


画像引用元:https://natalie.mu/eiga/news/357047

1993年入団から7年目に、ついに月組トップスターに就任されたのです。
その凄さは、天海祐希以降入団後10年以内に男役トップスターになった生徒はいないことからも分かります。
また、この年行われた「ミリオン・ドリームズ」「風と共に去りぬ」での新人公演主演で、天海祐希の同期生である姿月あさとが主演を演じたのです。

そのことからも、天海祐希のスピード出世が分かりますよね!

天海祐希の男前伝説!「ファンへの仰天行動編」


画像引用元:https://fashion-j.com/archives/87840

天海祐希の伝説は、宝塚歌劇団時代だけにはとどまりません。
サヨナラ公演でも、現在まで語り継がれている伝説があるのです。

それは、一体どんな伝説なのでしょうか?
退団公演で恒例だった「羽根」を拒否したという噂は、果たして本当なのでしょうか?
また、ファンクラブ会員に高級グラスを贈ったという噂については、どうでしょうか。
それには、父親の教えがあったという真相についても調査してみたいと思います。

退団公演で異例事態?”羽根”を拒否?ファンより仲間に感謝?


画像引用元:https://www.sankei.com/premium/news/190414/prm1904140006-n1.html

退団公演は、通常は大きな羽根を付けてフィナーレを迎えることが恒例とされていました。


画像引用元:https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/09/0010971835.shtml

確かに、タカラジェンヌと聞けばこのような大きな羽根が印象的ですよね。
実はこの羽根の重さは、平均で20㎏もあるそうです。トップスターが体感する重さは、30㎏~40㎏ほどにもなるとか。

そんな重たい羽根を付けて、華麗に階段を下りるなんてすごいですよね!

天海祐希は、普段の公演でも大きな羽根は付けずに、小さい羽根を付けていたそうです。
サヨナラ退団公演では羽根を付けなかったのです。
さらに、フィナーレが終わり幕が降りるまでファンに手を振るのが恒例ですが、天海祐希は仲間に向かって手を振ったというもの有名な話です。

https://twitter.com/momonenn12/status/787245443235188736

仲間思いなんですね。

退団時にはFC全員に感謝のワイングラスを贈った


画像引用元:https://www.crank-in.net/special/42625

また、退団時にファンクラブメンバー全員に高級ワイングラスを贈ったとされています。

https://twitter.com/3_wakuma/status/1096773991534977024

ネット上でもこのエピソードが男前すぎると話題を呼んでいました。
誰にでも平等に接する天海祐希は、まさに宝塚歌劇団のレジェンドと言えますね。

お茶会にはファンが1000人超も?ファンに媚びなず説教も?


画像引用元:https://www.oricon.co.jp/special/53904/

スポンサードリンク

ファンとのお茶会では、ファンに媚びることなく宝塚歌劇団の裏話や時には説教なども行っていたそうです。

また、天海祐希を出待ちしていたファンに対しても塩対応で有名でした。
ファンレターに返事をしなかったり、出待ちを禁止することまでしたそうです。

その理由について、天海祐希は「ファンレターを一部のファンだけに返事をするのは不公平にあたるし、出待ちは夜遅くまで待っていると危ないから」と明かしています。
実は、ファンのことを一番に考えての言動だったのですね。

退団パレードには約6000人のファンが集結!(動画あり)

ファンから愛された天海祐希は、退団のパレードでは約6000人ものファンが殺到したのでした。

最後まで涙を流すことはなく、笑顔での退団パレードだったようです。
この様子は当時のワイドショーでも大きく報じられました。

凄い数のファンが動画からも見て取れます。
天海祐希の凄さを改めて知ることができますよね!

天海祐希の男前伝説!「宝塚音楽学校時代」編


画像引用元:https://fashion-j.com/archives/87840

宝塚歌劇団時代にも数多くの伝説を残している天海祐希ですが、音楽学校時代にも伝説を残していたのです。

それは、一体どんな伝説だったのでしょうか?

噂では、首席入学とされてますが、実際はスカウトだったという噂です。
また宝塚歌劇団に入団した理由は、女優になるための土台だったというものです。

それらの真相についても切り込んでいきたいと思います。

宝塚音楽学校首席入学も実は出来レース?実際はスカウトだった?


画像引用元:https://dot.asahi.com/dot/2019050800057.html

音楽学校に主席で入学したというのは有名な話しです。しかし、ネット上ではスカウトだったという噂が浮上しています。
それは本当なのでしょうか?

調べてみると、「東の東大、西の宝塚」と呼ばれるほど、音楽学校に入学するのは狭き門と言えます。
宝塚音楽学校はスカウトというのはなく、受験をして合格をしなければ入学することができないのです。

天海祐希は、中学の時に演劇部の先生に勧められて宝塚音楽学校に受験をしたそうです。
そこで受験の時に、当時の演出家である植田紳爾の目に留まり大絶賛されたのでした。

監督の目には留まったものの、スカウトだったという事実はないようです。

天海祐希にとって宝塚入団は女優になるための土台作りだった?


画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/158348/

天海祐希さんが女優へと転向するために、宝塚へ入団したというような情報は見つけられませんでした。
ただ、天海祐希さんは宝塚でトップスターへ上り詰めたのにもかかわらず、わずか2年で退団をしています。
宝塚でやっていこうと本気で思っていれば、トップスターの平均活動期間である5年は宝塚で活動をしていたはずです。

推測ですが、この早めの対談は人気沸騰中の状態で女優へ転向したいというような思いがあったのかもしれません。
宝塚のトップスターが女優として芸能界入りすれば、世間は放っておかないでしょう。
もしそういった思惑があったとすれば、引き際としては最高ですよね。

天海祐希は宝塚音楽学校予科生の規則すら変えていた!


画像引用元:https://natalie.mu/eiga/news/357047

さらに、天海祐希は宝塚音楽学校のルールまでも変えたのです。


画像引用元:https://girlschannel.net/topics/1421295/

バラエティー番組に天海祐希の後輩である彩羽真矢が、格好いいエピソードを明かしました。
当時、予科生は短い髪の毛がハネないように何十本ものヘアピンを使って止めなければならないという厳しいルールがありました。このピンを宝塚音楽学校では「予科ピン」と呼んでいたと言います。

天海祐希は生徒指導をする際に、「このままで外を歩くのは恥ずかしいから、しなくてもいいのではないか」と風紀規則を撤廃したのでした。

男前すぎるエピソードですよね。

天海祐希は宝塚時代トップ就任2年で早期退団!?理由は?


画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/158348/

そんな、数多くの伝説を残していた天海祐希は、トップスターに就任してからわずか、2年で早期に退団をしたのです。

一体なぜ、2年という短かさで退団を決意したのでしょう。
ネット上では、上級生からのいじめが原因だと言われています。
また、女優になりたかったからだという噂もあります。

退団した本当の真相について深堀していきたいと思います。

上級生やファンのいじめで退団は嘘?女優になりたかったから?


画像引用元:https://dot.asahi.com/dot/2019050800057.html

天海祐希がトップスターに就任してからわずか2年という短さで、退団をした理由について、「徹子の部屋」にゲスト出演した際に、明かしました。

月組のプロデューサーと今後のスケジュールについて、話し合っていた際に2年後の12月が光が差していたような気がしたと言います。
その公演が「ミー・アンド・マイガール 」の思い入れのある公演だったため、これで最後にしようと思い立ったと明かしています。

プロデューサーに「これで辞めます」と突然言ってしまい、プロデューサーを困惑させてしまったというエピソードを語ってしました。
トップスターになる前から、2年後の12月で辞める決断をしていたなんて、男前ですよね!

天海祐希は宝塚時代、三浦春馬似のイケメンで人気?画像は?


画像引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1793044/

こちらが、宝塚歌劇団時代の天海祐希の画像です。

https://twitter.com/kinjousj/status/924514574966996993

イケメンすぎますよね!
確かに、三浦春馬にどことなく似ているような気もします。

ネット上でも三浦春馬に似ているという意見も多く挙がっていました。

天海祐希が宝塚時代に傲慢にならなかったのは父の教え?分相応?


画像引用元:https://mainichi.jp/articles/20190410/dde/018/200/017000c

天海祐希の父親の教えとして「年相応 分相応でいなさい」というものがありました。
これは、どんな高級なプレゼントもどんな小さなプレゼントも同じ感謝の気持ちで受け取りなさいという意味があるそうです。

天海祐希のようなトップスターになると、ファンからの贈り物は当たり前のように贈られてくると言います。それが、いつしか当たり前のようになってしまいわないようにという教訓が含まれているのです。

現在の天海祐希の根底になると言えますね。

またファン全員に高級ワイングラスを贈った理由も、天海祐希の父親の教えがあったようです。

それは、「100万円のプレゼントをくださる方も、例えば10円のアメをくださる方も、お前を思う気持ちは一緒だ」という教えでした。
稲穂の穂が垂れるように、どんなに偉くなっても感謝の気持ちを忘れないということなのですね。

まとめ


画像引用元:https://eiga.com/person/12124/

日本を代表する女優として活躍している天海祐希は、宝塚歌劇時代にも多くの伝説を残しています。

首席で入学を果たし、新人公演の主役にわずか研1で大抜擢されました。その後は、研7でトップスターになり、多くのファンを魅了したのです。

また、宝塚音楽学校時代には後輩のために厳しい風紀を撤廃したこともあります。
トップスターからわずか2年という速さでの退団に衝撃を受けたファンも少なくありません。トップから2年後の12月に退団するというのは、すでに決めていたというので天海祐希の男気が分かりますよね。

今後も、私たちを魅了し続ける天海祐希の動向から目が離せませんね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.