荒川静香の子供は何人?2人目?ダウン症?幼稚園はどこ?画像あり

Pocket

画像引用元:https://ezumin.com/archives/6560

「荒川静香」さんといえば、一世を風靡したプロフィギュアスケートの選手です。
数多くの賞を取っており、オリンピックでもその実力を認められ金メダルを獲得したことのある実力者です。
子供を産んだ現在は選手から退き、日本スケート連盟副会長としてスケート業界で務めています。
他にもアイスショーやテレビ、スケート解説やアイスショーのプロデュース、オリンピックキャスターやイベントへの出演などその活動範囲は多岐にわたります。
そんな「荒川静香」さんですが、その子供達に様々な噂があるようです。

今回は「荒川静香」さんと、その子供たちについて調べてみました。

荒川静香の子供は何人?性別、名前、年齢は?

画像引用元:http://yurumire.com/arakawashizuka/

2019年現在、「荒川静香」さんには2人の子供がいます。
2014年11月6日に長女を出産、2018年5月23日には長男の出産を報告しています。
長女の名前は「めい」さんだという情報があるようですが、情報元が不明瞭のためガセ情報である可能性も十二分にあり得ます。

当記事内では、子供たちについて長女と長男という風に書き進めていこうと思います。
芸能人では子供について名前などもオープンな人と、そうでない人の2人に分かれます。
「荒川静香」さんは、後者のタイプなのでしょう。

名前や個人情報の公開は、名前や知名度を広げることはできますがリスクも伴います。
芸能人ともなればお金を持っていることを、世間は周知しています。
お金を狙った事件などに、子供が巻き込まれることもなくはないでしょう。

こういったリスクを考えると、名前など情報を明かさないのは賢明だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

荒川静香の2人目の子供がダウン症っていうのはガセネタ!噂の出処はなに?

画像引用元:https://www.hachi8.me/arakawa-sizuka-marriage-partner/

「荒川静香」さんの2人目である長男が、『ダウン症』であるという噂がインターネット上にあるようです。
何故、『ダウン症』という噂が生まれてしまったのでしょうか。
詳しく見てみましょう。

ダウン症ってどんな病気?

画像引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%8C%BB%E8%80%85&srt=dlrank

『ダウン症』は、遺伝子の病気です。
詳しく見てみましょう。

体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。

参考記事:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

『ダウン症』の特徴はいくつかあります。
その独特な顔つきや、発達の遅さなどがあります。
生まれつき病気を持っているパターンも多く、そういった病気が原因で平均寿命はこれまで一般の人より短いとされてきました。

しかし、昨今は医療が発展してきて平均寿命も延びてきています。
医療がさらに発展すれば、『ダウン症』そのものが完治できる日が来るかもしれません。

ダウン症になる原因や可能性は?

画像引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%8C%BB%E8%80%85&srt=dlrank

精子や卵子ができる時の分裂異常、もしくは受精卵になってからの分裂異常が主です。
老化よる精子や卵子の劣化も関係性があるらしく、高齢出産にリスクがあるというのはこういった事実があるためでしょう。

21番染色体のトリソミーが原因である。

参考記事:同上

若ければ若いほど出産による遺伝子疾患にかかる可能性は低く、年をとればとるほどその可能性は高くなるという統計が出ています。
人間は歳をとればとるほど、身体が弱くなり病気になりやすくなりますよね。
卵子も同様で、母体が歳をとればとるほど劣化してしまうことがわかっています。

出産は体力も使いますし、歳をとればとるほど難しくなっていきます。
子供は若いころに作って産む、という風に人間はできているのかもしれませんね。

高齢出産はダウン症になりやすい?荒川静香の場合は?

画像引用元:https://luffandpiece.com/contents/2805/

『高齢出産』という言葉が昨今取りざたされています。
『高齢出産』について、詳しく見てみましょう。

「高齢出産」とは、35歳以上での出産を指す。

参考記事:現代ビジネス
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/32850

「荒川静香」さんが長女を出産したのは、32歳の時のことです。
長女の出産時は、『高齢出産』ではなかったようです。

その後、2018年長男を出産。
この時「荒川静香」さんは、36歳です。
35歳以上だったということから、長男の出産時は『高齢出産』だったと言えそうです。

子供は作ろうと思ってすぐできるものでもありません。
現代人は共働きの家庭が多く、仕事が忙しくそれどころではないという方も多いことでしょう。
こういった時代背景から、子作りが遅れ出産が遅くなるというのは仕方がないことなのかもしれませんね。

荒川静香の子供の幼稚園はどこ?フィギアスケートをしている?

画像引用元:https://asajo.jp/excerpt/28009

スポンサードリンク

「荒川静香」さんの長女の通っている幼稚園については、公表されていないようです。
フィギュアスケートをやっているという情報もありませんでしたが、母である「荒川静香」さんが映っている映像を見ながら『イナバウアー』をするなど、フィギュアスケートに興味は持っているようです。

母が一流選手であれば、それに憧れて真似をするのは仕方がないことなのかもしれません。
娘さんがこれからフィギュアを始めプロを目指すのか、要注目ですね。

子供に本格的にフィギアをやらせるにはどれ位お金が掛かるの?

画像引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1603449/

初心者向けのスケート教室に通うだけで月額約2・3万円かかると言われ、プロ志望の場合は更に膨大な金額がかかります。

競技選手になるにはフィギュアスケートのクラブに登録をしなければならず、このクラブへの登録費だけで年間約50万円。
更に月謝やリンクの利用料金、レッスン料で月額約15万円から20万円かかると言われています。

更に衣装や靴など備品もそろえなければならず、初期投資を単純計算するだけでも60万円以上はかかりそうです。

習い事の中でも、かなりお金のかかる部類でしょう。
一般人が趣味程度で始めるというには、なかなか難しい金額ですね。

荒川静香をトップアスリートにした両親はお金持ちだったの?仕事は?

画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/69312/

そんなお金のかかるフィギュアスケートを続けてきた「荒川静香」さんですが、父はサラリーマン、母は幼稚園教諭というごく一般の家庭で育っています。

やはり一般家庭でフィギュアスケートをするというのはかなり家計を圧迫していたらしく、母が「荒川静香」さんの競技で着る衣装を作っていたという話もあります。

両親にどれほどの稼ぎがあったかわかりませんが、母が競技用の衣装を作っていたという話を鑑みるに、両親が共働きであっても、一般家庭でフィギュアスケートをやらせるというのはかなり家計を圧迫するということがわかります。

荒川静香の子供はスキーがうますぎ?自転車も乗れるスーパーチャイルド?

画像引用元:https://twitter.com/tiramisu11/status/926341027979452418

「荒川静香」さんは自身のTwitterに、長女がスキーをしている様子や自転車に乗っている様子をアップしています。自転車も危なげなく乗りこなしていますね。
「荒川静香」さん譲りの運動神経を、引き継いでいるのでしょう。

これからの成長が楽しみですね。

荒川静香の子供は小学校のお受験を狙っている?

画像引用元:https://www.sankei.com/sports/news/180418/spo1804180012-n1.html

「荒川静香」さんが子供の受験を考えている、というような情報は見つけることができませんでした。
ただ、「荒川静香」さんは『早稲田大学教育学部』卒という高学歴の持ち主なので、子供の教育についてもしっかりと考えている可能性は0ではないでしょう。

夫も医者という話があり、2人共かなりの高学歴の持ち主です。
教育の大事さについては理解していると思うので、家族で話し合って決めているのではないでしょうか。

荒川静香の教育方針は?子育てよりも自分の仕事が大事?

画像引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/11670447/

『何事も子供に決めさせる』という教育方針が「荒川家」にはあったと言います。
数多くの習い事をしていた「荒川静香」さんですが、両親はそういった習い事に掛かるお金には糸目をつけなかったとそうです。

そんな「荒川家」にも、一つ条件がありました。
『自分で始めたことは辞める時も自分で決めなさい』という母の言葉です。
フィギュアスケートはお金のかかる習い事ではありますが、それを辞めさせることはなかった。
母は時間を捻出し、パートへ行きそのお金をフィギュアスケートのお金に充てたと言います。
何事も子供に決めさせ、傍で見守るということをやってきたのでしょう。

「荒川静香」さんが子供の教育について語っているというような記述は見られませんでしたが、「荒川家」の教育方針を考えれば同じようにするのではないでしょうか。

Twitterやインスタグラムには、子供とのふれあいの様子などがアップされています。
主観ですが、仕事の方が大事で子供はほったらかしているという風には感じませんでした。

荒川静香の夫は誰?

画像引用元:https://www.joc.or.jp/games/olympic/torino/photo/photo_detail.html?vol_id=1292&photo_no=photo1_1

「荒川静香」さんの夫は、一般人男性ということで名前については公表されていません。
別記事にて詳しく紹介していますので、気になった方は以下リンクから確認してみてください。

夫の情報についてはコチラ

まとめ

画像引用元:https://cyclestyle.net/article/img/2015/07/30/25836/99646.html

いかがでしたでしょうか。

「荒川静香」さんと、その子供たちについて調べてみました。
子供がダウン症であるなどの噂もあるようですが、これについては真実を裏付けるような正確な情報ではないためガセ情報と言えそうです。
インスタグラムやTwitterで自身の活動の様子や、子供たちの成長の様子などを綴っています。
気になった方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

子供たちの成長と、「荒川静香」さんのこれからの活躍がファンとしては楽しみですね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.