藤村俊二の再婚相手や娘との関係、 有名な西遊記の演技や死因、血液型まで

Pocket


今回は藤村俊二についての記事を書いていきたいと思います。「おヒョイさん」の愛称で知られている有限会社O’hyoi & Sons(オヒョイアンドサンズ)所属している俳優です。

最近だと映画デスノートに出演して名演技をみせてくれたことが印象的ですね。本当に原作の雰囲気にそっくりでした。そんな魅力溢れる藤村俊二の実態について見ていきましょう。

藤村俊二の再婚相手って誰??

ダンディーな風貌の藤村俊二は1度離婚を経験した後、再婚していました。どうやら再婚相手はとある芸能人とのことなのですが……。

藤村俊二が選ぶ女性はどんなキレイな女性化非常に気になりますよね。実際の再婚相手についてどうなのか見ていきましょう。

俊二さんは1996年4月に再婚しています。
相手は、なんと28歳年下の長尾美香代さん。

1962年4月22日生まれで、早稲田大学大学院・公共経営研究科卒業。美人で才女ですね!

モデル、MC、キャスター、レポーターなどの経歴があるとのこと。「世界ふしぎ発見」のレポーターをしていたことを覚えています。

まさかの再婚相手は28歳年下の女性ということでした。年齢が息子さんと4歳しか離れていないので、かなり攻めた再婚内容ですね!しかもかなりの美人ということもあり、年の差とはいえお似合いのカップルですね。

これも一重に女性を惹き付ける藤村俊二だからこそなせる技でしょう。

スポンサードリンク

藤村俊二と娘との関係について

上では再婚相手について書きましたが、ここでは1回目に結婚した女性について書いていきたいと思います。というのも、藤村俊二の娘を語る上で必要不可欠な存在なのです。

私生活では1961年9月に元日劇ダンサーの女性と結婚して一男一女をもうけたものの、95年に離婚。

一人目は芸能人ではなく、同じダンサー仲間だった女性と結婚していたようです。またその女性との間に出来た子供が一人娘だったということでした。

残念ながらダンサーと娘についての情報は出回っていないので詳しくは分からないのですが、親が藤村俊二ということもあって顔の整った美女である感じがしますよね。

藤村俊二の血液型や死去の原因は?


まず藤村俊二の血液型ですが、彼はB型だそうです。確かに彼の愛称である「おヒョイさん」の由来からも分かるように、自分のペースで行動することを好むB型らしい性格をしていると感じますね。

スポンサードリンク

そして非常に残念ではありますが、藤村俊二は現在お亡くなりになっています。死因は何だったのでしょうか。早速見ていきましょう。

ドラマや映画など多方面で活躍した俳優の藤村俊二さんが2017年1月25日に亡くなっていたことが2月1日、わかった。82歳だった。

体調を崩してレギュラー番組を1年余り前に降板、療養生活を続けていた。

どうやら心不全で亡くなっていたようでした。この前に大きな手術を持ち前のパワフルさで3回も乗り切っていたのですが、4回目は乗り切れなかったようですね。コミカルな藤村俊二がもう見られなくなるというのは本当に残念でなりませんね。

また病院に入院していた時には以前に結婚していた長尾美香代はお見舞いには来ていなかったそうです。

また2人目の嫁であった長尾さんは、藤村さんの闘病中のお見舞い・葬儀にも訪れなかったといいます。

闘病中は同女性が見舞いに来ることはなかったそうで「僕と姉が交代で(病院に)通っていた」。

藤村さんの葬儀はこの日、執り行った。「親族15~16人、(関係者含め)全部で30人くらい」が出席したという。同女性の出席については「していない」とし「お知らせしていなかったので」と続けた。

確かに離婚したとはいえ、10数年共に暮らしていた人がお見舞いにも来ないのは何だか寂しく感じてしまいますね。

しかし最期は藤村俊二の息子である藤村亜実に看取られて病室で息を引き取ったそうです。

昨秋、亜実さんが「オヤジ、ありがとう、幸せだった」と声を掛けると「俺もだ」と返したのが最後の言葉だった。

このやり取りを見る限り、愛息子と過ごせて心安らかに最期の時を過ごすことができていたことが感じ取れますね。この親子愛には感動してしまいました。心からご冥福をお祈りします。

藤村俊二がやっていた西遊記の役は!?


生前は俳優としても活躍していた藤村俊二。噂によると西遊記の役も行っていたどのことですが……。どんな役柄だったのでしょうか。

藤村俊二は、「西遊記2」で夏目雅子演ず三蔵法師のウマである玉龍役。

なるほど、どうやら馬役で出演していたようです。この役は視聴者にもハマり役として大絶賛だったようです。確かに藤村俊二のキャラを生かした馬は面白いこと間違いないですね。

まとめ


いかがだったでしょうか。縛られることなく自由に生きて、人生を心の底から楽しみ尽くしてお亡くなりになった藤村俊二は本当に素敵な方でした。あなたもダンディーな藤村俊二を改めて映画などで見てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.