堀ちえみの過去の病気(難病)歴が多い?嘘?まぶた、リウマチ、股関節、口内炎の原因は?

Pocket

今回はタレントの堀ちえみに関する話題です。

堀ちえみといえば、子だくさんで80年代アイドルとして知られています。

いくつになっても綺麗ですよね~。

実は堀ちえみはリウマチと神経障害性疼痛、特発性大腿骨壊死症といった病気を患っていた?!

というわけで、堀ちえみの抱えている病気について詳しく調べます!

堀ちえみの過去の病気(難病)歴について

ということで、今回は堀ちえみの病気についての話題です。

堀ちえみは最近、舌がんを公表したことで注目を集めましたよね。

誰もが知るアイドルである堀ちえみのまさかのニュースで、とても驚きました。

スポンサードリンク

実はそんな堀ちえみは過去にいくつか病気を患っていたんです。

気になって堀ちえみの病気について調べると、過去にも難病といわれる病気にかかったり大きな手術をして闘病していたことが判明しました!

苦労しているんですね…

さっそく、堀ちえみが過去に患った病気を詳しく見ていきましょう!

堀ちえみの病気(難病)「拒食症」

さて、堀ちえみの病気についてですが、彼女は10代のときに難病といわれている拒食症を発症しています。

拒食症とは、太ることへの過剰な恐れから過度の体重減少を生じる摂食障害です。

症状としては

・体重増加を過剰に恐れる

・過度に体重が減少する

・食べたものをすべて吐き出してしまう

・隠れ食いをして吐き出すという異常行動

が挙げられます。

すごくつらそうですね…

 

堀ちえみは15歳で歌手デビューしましたが、19歳のときに音楽プロデューサーと不倫をしていたそうです。

それがきっかけで拒食症に近い症状がみられました。

なんと50kgあった体重は35kgに減少

普通に食事をすることができなくなるでしょうから、さぞ生活しにくかったと思います。

堀ちえみの病気(難病)「重症急性膵炎」

続いて堀ちえみは30代のときに、重症急性膵炎を患っています。

この病気は、自らの消化酵素で自分の膵臓を溶かしてしまう病気です。

なんだか難しい病気ですが…

症状は

・腹部が痛む

・胸水や腹水がたまる

・意識障害

・呼吸困難

などのようです。

なんと堀ちえみは膵臓だけでなく腸も溶けていたそうです。

内臓が燃えている状態といわれていて、ベッドでは35日間生死をさまよいました、

当時堀ちえみは離婚も経験していたため、ストレスが多かったのかもしれません。

呼吸困難や意識障害となってくると、かなりきつそうですね。

堀ちえみの病気(難病)「特発性大腿骨頭壊死症」

更に堀ちえみは40代で突発性大腿骨壊死症を発症しています。

難しい名前ですね~。

この病気は、大腿骨頭の骨組織が壊死して関節が変形・破壊してしまう病気です。

・急に壊死が起こる

・股関節に痛みが出現する

といった症状がみられます。

国が指定する難病の一つといわれています。

突然壊死してしまうことなんてありえるんですね…

投薬も効果がなかったようで堀ちえみは人工関節を余儀なくされたそうですよ。

人工股関節置換術とは?

堀ちえみが40代で発症したこの病気で施された人工股関節置換術についてですが、これは傷ついた股関節の損傷面を取り除いて、人工関節に置き換える手術のことです。

金属製のステムボールソケット、ソケットの内側にはめ込む超高分子ポリエチレン製のライナーでできた人工関節を置換します。

明るくかわいらしいイメージで知られている堀ちえみは、こんな大変な手術を経験しているんですね。

堀ちえみの病気(難病)「リウマチ」

更に堀ちえみは40代でリウマチも発症しています。

リウマチとは関節が炎症を起こして軟骨や骨が破壊されて変形する病気だそうです。

お年寄りなどで患っている方が多いイメージの病気ですよね。

スポンサードリンク

関節の腫れ、痛み

発熱や疲れ、食欲不振

関節の変形

などが症状としてみられます。

こうして堀ちえみの過去の病気歴を見ると、本当に難病ばかり患っていて心配になりますね。

堀ちえみの病気(難病)「神経障害性疼痛」

他にも堀ちえみは神経性障害性疼痛という病気も発症しています。

この病気は何かの原因で神経が障害され、痛みが生じるというものです。

堀ちえみは当時、骨の中から痛みを感じる、ピリピリチリチリと痛むといった症状を訴えていたそうです。

症状としては長引く痛みがあるといいます。

痛み程度だと発見が遅れそうで、危険な病気ですね。

堀ちえみもさぞ不安だったでしょう。

堀ちえみの病気(難病)「舌がん」

50代で、いよいよ堀ちえみは舌がんを発症します。

この報道が記憶に新しい方も多いでしょう。

当時毎日のようにワイドショーで取り上げられていましたよね。

舌がんは、舌に発生するがんであり

舌先にできる硬いしこり

持続する痛みや出血

強い口臭

といった症状がみられます。

堀ちえみの舌がんはステージ4だったということで、舌がんを告げられたときは

このまま治療せずに人生の幕をとじてもいいのかな

とまで思ったらしいですよ。

娘さんの「お母さんは病気ばかりの人生でかわいそう」の一言で闘病を決心したそうですが、個人的にもm、本当に、治療する選択してくれてよかったなぁと思います。

堀ちえみの病気は「口内炎」ではなく「舌がん」だった。両者を見分ける方法は?

堀ちえみは、舌がんを発症しましたが数年前から口内炎に悩んでいたそうです。

口の中に違和感を感じ、食事をとりにくかったもののリウマチの薬の副作用だと思い込んでいたんだとか。

口内炎と舌がんが一般的に見分けにくいとされていますが、通常の口内炎は1週間から長くても10日ほどで治るといいます。

そのため、2週間以上口内炎が治らない場合は耳鼻咽喉科か口腔外科を受診したほうがいいそうですよ。

他にも、舌から出血があったり舌などにまひやしびれる感じがあるといった場合もすぐに専門医を受診した方がいいといいます。

こういった症状が口内炎と舌がんを見分ける方法になるそうです。

堀ちえみのまぶたが腫れていた原因は?

堀ちえみの病気歴についてお届けしています。

堀ちえみはまぶたが腫れていた時期がありましたが、これは一体何が原因だったのでしょうか?

一部ではヒアルロン酸や整形失敗などといわれていましたが、実際はリウマチと神経障害性疼痛の薬の副作用だったんだそうです。

これが画像ですが、すごく痛々しいですね…

症状が重いときでも収録に穴をあけないように頑張っていたであろう堀ちえみ、そのプロ意識の高さに感服します。

堀ちえみの舌がんの病気公表は嘘で売名行為だった?真相は?

さて、舌がんを患っていることを発表した堀ちえみですが、実はこういった病気の公表が嘘で売名行為だった?!なんていわれているそうです。

今の時代、病気の公表など重大な発表があるとよくささやかれる噂ですね。

心無い噂だなぁと思います。

しかし、こうした一定数の意見を避けるように堀ちえみは自身のブログで時系列で状況を整理した説明を記述しています。

大学病院に行った日にちや、検査入院の日程などをことこまかに記載してあるため、売名といわれることを防いでいると思われます。

わたしは堀ちえみが病気を発表して売名をしようとするモラルのない人だとは思わないので、こうしてブログにきちんと日付や状況を記載しているのはすごく配慮が行き届いているなぁと思います。

というわけで、堀ちえみは売名をしてはいないと考えられる、ということでした。

堀ちえみの病気はスピリチュアル江原啓之が予言していた?

実はスピリチュアルで知られている江原啓之が、堀ちえみの病気を予言していたという話題をご存知ですか?

堀ちえみは過去に、江原啓之が出演していた番組「オーラの泉」に出演しましたが、その際に江原啓之が堀ちえみの舌がんを予想する発言をしていたそうです。

しかし、これについては調べてもネットの質問サイト上の噂でしかないため、あまり信憑性はないようです。

仮に本当に予想していたとしても、堀ちえみにはその予言を吹き飛ばすくらい元気になってほしいですね。

まとめ

今回は堀ちえみの病気に関する話題でした。

いかがでしたか?

堀ちえみってすごく気さくで明るい印象ですが、こんなに数多くの病気を経験しているんですね。

一刻も早く完治して、世の中のお母さんたちを元気にしてほしいです!

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.