池江璃花子の母親の年齢は?高校の卒業式は?大学進学は?

Pocket

今回は池江璃花子についての記事を書いていきたいと思います。彼女は自由形とバタフライを得意とする競泳選手オリンピックを有望視されるほど華々しい活躍を行っています。

またマネジメント契約先として株式会社ジエブに所属しており、日々水泳漬けの日々を送っているようです。そんな池江璃花子のあれこれについて見ていきたいと思います。

池江璃花子の母親(池江美由紀)の年齢は?水泳の英才教育がスゴイ?

水泳で輝かしい活躍を見せる池江璃花子ですが、その裏には彼女の母・池江美由紀による水泳の英才教育が根幹となっているそうなのです。確かにアスリートで結果を出している人たちは幼少からの教育が段違いということが多いですよね。

ここでは池江璃花子の母親の年齢や水泳の英才教育の内容について見ていきたいと思います。

母親の池江美由紀さんは、七田チャイルドアカデミー(現:EQWELチャイルドアカデミー)の代表を務めている教育者です。

この教育法は、遺伝子よりも幼い頃から環境を整えてあげることを大事としており、右脳教育を軸として、子供の年齢に沿って「一人ひとりの能力を引き出すレッスン」をモットーにしているのだとか。

子供の脳の発達には「雲底(うんてい)」が良いことを知り、自宅にうんていを設置して生まれて間もない池江選手にも取り組ませました。

スポンサードリンク

残念ながら池江璃花子の母親の年齢は公開されていませんでしたが、英才教育の内容については幼少期から右脳を発達させることを積極的に行ってきたようです。
どうやら握ることが右脳の活性に繋がるそうで、自宅にうんていを置いて遊ばせていたのだとか!お子さんがいらっしゃる読者の皆様も試してみてはいかがでしょうか。

池江璃花子の高校はどこ?水泳の名門?偏差値は?かわいい高校生と評判?

さてここからは池江璃花子本人についての情報を見ていきたいと思います。新記録を次々と叩き出している彼女は高校はどこに通っているのでしょうか。

どうやら池江璃花子選手は淑徳巣鴨高等学校に通っていると言われております。あまり聞きなれない高校ですが、2007年には男子水泳部が高校総体で総合優勝を果たすなどのスポーツが結構盛んな高校です。

ちなみに、淑徳巣鴨高等学校の偏差値は62なので中々頭の良い高校といえますね。

どうやら池江璃花子は淑徳巣鴨高等学校に通っているようです。やはり水泳の強豪校に進学していたようですね。
また少し驚いたのが、偏差値がそこそこ高い進学校だということです。容姿もかわいく、文武両道とはまさに非の打ち所がない人物だと言えますね。

スポンサードリンク

池江璃花子の白血病から高校の卒業式はどうなる?

水泳に学校にと青春を謳歌している池江璃花子ですが、なんと現在白血病を患っているそうです。まだ10代なのに本当に信じられませんね……。選手生命のこともありますし、そもそも高校は卒業することが出来るのでしょうか。

白血病が発覚した現在は2月。卒業式は3月。
間に合わないでしょうね……。もちろん、病状は公開されていませんので、まだまだ進行していなければ不可能ではないと思います。

白血病であることを公表し、現在闘病中の競泳女子・池江璃花子選手(18)が6日、自身のツイッターを21日ぶりに更新し「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます」と、つらい現状を報告。それでも「負けたくない」と強い思いを記した。

どうやら時期だけ見てみると発覚が先月で卒業式が今月なので、ほぼほぼ卒業式への参加は厳しそうですね。今が飛躍の時だけに本人も非常に苦しんでいることに違いありません。
白血病は昔とは違って半分以上の患者が完治している言われているので、一刻も早く完治することを祈っています。

池江璃花子の大学進学はどうなる?来年から大学生?どこの大学?

白血病を患ったことが発覚した池江璃花子ですが、今後の進路についてはどうなっているのでしょうか。これは私の予想ですが、これだけの大記録を出しているので大学は推薦で決まっているように思います。
実際のところどうなのでしょうか。

池江璃花子さんは日本大学のスポーツ科学部(偏差値50)に進学することが決定しており、公表されていました。


受験はAOだったようです。日本大学はオリンピック候補生などがたくさんいますし、設備や環境が整っていますから考え抜いて決めたのでしょう。

もちろん池江璃花子さんの進学には様々な大学が争奪戦を行ったようで、早稲田や中央大学、東洋大学などがオファーしていました。

どうやら予想通り大学進学はAO入試で確定していたようですね。日本大学はアスリートとして生活していく上では最適な環境だと言えるので良い選択をしたと思います。
しかし上にも書いた白血病発覚によって、入学時期がずれ込んでしまう可能性が高いですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。オリンピック候補選手として大注目されていますが、白血病の発覚によって現在も闘病生活を送っている池江璃花子でした。
病気に負けずにしっかりと完治させて、東京オリンピックで活躍する姿を是非とも目にしたいですね。負けるな、池江璃花子!!

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.