池江璃花子の白血病を現状!種類(タイプ・型)や原因は?ステージは?急性?慢性?

Pocket

今回も競泳・池江璃花子について書いていきたいと思います。前回は母親のことや経歴について書いていましたが、今回は前回触れた白血病に関して焦点を当てていきたいと思います。
池江璃花子を襲った白血病が一体どういったものなのか、さっそく見ていきましょう。

池江璃花子の白血病の種類(タイプ・型)は?

池江璃花子が患っているのは大きな括りでいうと白血病なのですが、細分化してみていくと色々なタイプや型が存在するそうです。ここでは基礎知識として白血病の種類と今回池江璃花子の白血病の種類についてご紹介したいと思います。

白血病は未治療の場合にとる病状の経過から、急性白血病慢性白血病に分けられ、白血病細胞の由来する血球細胞により骨髄性リンパ性の各白血病に分けられます。

急性白血病
白血球や赤血球・血小板をつくるために重要な「造血幹細胞」が悪性腫瘍としての性格を有するようになる病気
その名の通り早い経過をとり、放置すれば必ず命を落としてしまう悪性の病気です。

慢性白血病
成熟する能力と細胞としての機能をもった細胞が、数のコントロールができず増えすぎてしまう病気です。
ゆっくり病気が進行する「慢性期」が続き、白血病自体による致命的な合併症が起こらなければほぼ全例で「移行期」という時期が訪れ、5~7年目で「急性転化」と呼ばれる時期になります。

なるほど白血病の中でも進行度が早いものと遅いものとの区別をつけて、さらに病原細胞の発生由来から骨髄性とリンパ性と分けて定義しているようです。ですので白血病は4つの分類に分けることが出来ると言えますね。

また病状のステージについては「慢性期」「移行期」「急性転化期」の3つに分類されるようです。

スポンサードリンク

そして肝心の池江璃花子の白血病の種類については、残念ながら詳細は発表されていないので詳しい分類までは分かりませんでした。もし仮に急性のものだった場合は進行が極めて早いため、命の危険があるそうなのでそうではないことを祈りたいですね。

池江璃花子の白血病の原因は?

よくガンなどの病気は遺伝すると言われていますが、血液のガンといわれる白血病については遺伝する可能性はないのだとか。それでは池田璃花子が患った白血病の原因は何なのか気になりますね。
主だった原因は一体どのようなものだったのでしょうか。

スポンサードリンク

白血病の原因とは何なのでしょうか。白血病をはじめ、一般的にがんは、遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。
たとえば慢性骨髄性白血病では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。

どうやら一般的に白血病がどのような過程で発生するのかは完全に解明されていないようです。池江璃花子もそれに漏れず、原因については分かっていないのだそうでした。

原因が分からないというのは更に不安が募ってしまいますね。とはいえ、医学も日々進歩しているのでいずれは解明される日がくることでしょう。

池江璃花子の白血病のステージは?急性それとも慢性?

上で書いたように白血病のステージには慢性期・移行期・急性転化期の3つのステージがあります。池江璃花子の現在のステージは一体どのステージなのか調べてみました。

結論から言うと、どのステージかについては公表されていないので分かりませんでした。またそれに付随して急性か慢性かどうかについても未だ分かっていないのが現状だそうです。

確かに発覚したのが今年の2月上旬ということで、まだ詳しい検査結果については精密検査等の関係もあってはっきり出ていないようです。完治出来る病気とはいえ、時間が経過してしまえば命に関わる病気であることに変わりありません。
早期の対応で現在の状態を把握して欲しいですね。

池江璃花子の白血病が治る見込みは?

現状は白血病ということだけが分かっている状態なのですが、現時点で池江璃花子の白血病は治る見込みは果たしてあるのでしょうか。ここでは一般的な白血病の治療方法に触れながらご紹介していきます。

急性・慢性だけで分けることはできないんですが、タイプによって治療、効く薬が全く異なりますので、型をまず決めて、それに合った治療を行っていくということになります。

基本的には副作用が少ない治療から選択していくんですが、病気のたちが悪い場合には、リスクがあったとしても骨髄移植ですとか、さい帯血移植などの移殖療法というのが必要になってくる場合もあります。

急性・慢性も含めて、型をしっかり見極めて、それに合う治療薬を見つけて、それに合わせた治療傾向を見つけるというのが、治療の始まりになると思います。

どうやら治療を行う際にはそれぞれの種類毎に対応方法が異なるようです。先にも書きましたが、未だ詳細は分かっていない状態だということなので早く治療を受けられることを祈っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。一概に白血病とは言えど、様々種類がありその種類によっても取る対策が変わってくるようですね。
しかし白血病は現代医療では不治の病ではないので、皆さんも池江璃花子の完治を全力で応援していきましょう!

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.