井浦新、大学は?子供は?結婚は? ドラマ「蛇にピアス」

Pocket

実力派俳優の井浦新さん、私生活が謎めいていますが実は結婚しているんです!
井浦新さんと結婚した奥さんとはどんな方なんでしょうか?

そして井浦新さんの義父は実はスゴイ人なんだとか!
井浦新さんの結婚相手や子供、今までの活動などについてまとめました!。

井浦新の大学と経歴

出身大学:東京経済大学 (中退) 偏差値43~48(学部不明のため)
井浦新さんは高校卒業後は、東京経済大学に進学しています。

大学在学中にスカウトされてモデルとして活動をはじめ、「MEN’S NON-NO」や「an-an」などの多くのファッション誌の表紙を飾るほどの人気を得ます。

そのため仕事が多忙になったことから、時期は不明ですが同大は中退してしまっています。

とは言え、その後の活躍は目覚ましく、モデルとしてはパリコレや東京コレクションに出演するほどのトップモデルとなりました。

また25歳の時には俳優としても活動をはじめ、映画やドラマの主演作が製作されるほどの人気を博します。

現在でもドラマや映画で活躍するほか、ドキュメンタリー番組や教養番組などにも出演しています。

謎めいた魅力と独特のカリスマ性を持つ俳優ですから、今後の活躍にも期待が高まります。

井浦新さんが芸能界デビューのきっかけとなったのは大学在学中だった19歳のとき、モデルとしてスカウトされた事らしいです。

よくある原宿で歩いていたらスカウトされた系ではないなくこれにはちょっと面白いエピソードがあるのです。

調布の寺でファッションショーがあり、(お寺でファッションショーて!)「お前、背が高いからファッションショーに出くんね?」と友人に頼まれた事がありこれに快諾し、ショーに出たところを芸能関係者の目に留まりそれがきっかけでスカウトされたらしいのです。

本格的にファッションモデルとしての活動を行うようになりましたが、元来ファッションが好きだった井浦さんは、常に奇抜なファッションで着飾る事が出来るというファッションモデルの仕事を楽しくやっていたものの、芝居への興味は皆無だったらしいです。

大学に入学したものの、特にやりたいことはなかったと過去のインタビューでは語っていましたが、スカウトされて大きく道が開けたと思います。

芸能界を目指している人でも誰もがスカウトされるわけではないので、当時から井浦新は何かを持っている人だったと思います。

もし大学に入学していなければスカウトしてくれた芸能関係者と出会っていないので、運命って面白いなと思いました。

東京経済大学のレベルをネットで調べると、偏差値は学部によって若干違いはありますが、51~56の間となっていました。

関東では日東駒専(日本、東洋、駒澤、専修)関西では産近甲龍(京産、近畿、甲南、龍谷)レベルに近いと思いました。

東京経済大学という名前なので、経済学部しかないと思っていましたが、経済学部の他に、経営学部、コミュニケーション学部、現代法学部がありました。

今の時代、聞きなれない学部が増えてるという印象を改めて感じました。

東京経済大学の有名な出身者を見ていると、

スガシカオ(歌手)
川村エミコ (お笑い芸人・たんぽぽ)
藪恵壹(元阪神タイガース・投手)

の名前があり、名前が分からないお笑い芸人も多数いました。

井浦新さんはこの大学に1浪して入学したみたいです。

井浦新さん世代は受験戦争の全盛期だったと言われていますので当時の偏差値50前後というのはそこそこ難関な部類に入る大学と言えるのではないでしょうか。

井浦新の子供の年齢、名前、幼稚園は?

井浦新さんには子供が2人いるそうで、幼稚園の送迎なども井浦新さんがする程、子煩悩なパパだそうです。

子供の名前や年齢については詳しい情報がありません。

長男は2007〜2008年頃に産まれていると言われていますので、現在小学校の高学年くらいですね。

下のお子さんに関しては年齢の情報も全くありません。

普段はどんなパパですか?

「特別なことはしていないですよ。公園に行って遊んだり、子どもに向き合うべきことは全部やっている普通の父親だし、普通でありたいと思っています。

子どもにもできるであろう趣味を一緒に共有して一緒に遊ぶことで、子どもの感性を知ったり、逆に自分も子どもにしかない感性を教わったりしています」

サラっとカッコイイ発言をしていますが、芸能活動や自身のブランドを持ちながら自分の子供の子守りをするというのは結構ハードな事だと思います。

家族への深い愛情があるからこそ出来る事でしょうから、パパとしてはとても愛情深いパパなのだと思います。

また、ネット上の噂では青山学院に息子さんが進学しており、篠原涼子さん、高橋克実さん、阿部慎之助さん等業界中堅クラス層の芸能人の子供の同級生の様です。

息子さんと一緒に写っている写真がありますが、井浦新さんの顔が邪魔で息子さんの顔は残念ながらちょっと見えないですね。

因みに左の女性は奥さんではなく小嶺麗奈さんらしいですが、この写真だけ見ると家族写真と勘違いしちゃいますよね。

井浦新のおすすめドラマ「蛇にピアス」「同窓生」NHKドラマ「蜜の味」「コントロレール」

井浦新さんはブルーリボン賞助演男優賞や日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞といった数々の賞を手にする演技派俳優として知られています。俳優井浦新のおすすめ出演作をご紹介。

井浦新 映画「蛇にピアス」

衝撃の芥川賞受賞作品「蛇にピアス」を蜷川幸雄がメガホンを取って映画化した作品です。ひょんなことから付き合うことになったルイ(吉高由里子)とアマ(高良健吾)。

アマは行きつけの彫り師シバ(ARATA)にルイを紹介します。アマと同棲しつつもシバと関係を持つルイ。

シバは真性のサディスト。痛みと快楽に溺れていくルイ。

そんななか、一つの事件が起きます。犯人が特定されないまま、ストーリーのラストを観客に任せる形で映画は終了。

にしても『ピンポン』の役と比べると同一人物とは思えませんね。さすがにビックリします。

ちなみに、かなり描写がドギツイので、苦手な方はご注意を!

この映画、バイオレンスというかハードボイルドというか出血描画が多いです。

スポンサードリンク

暴行シーンやアブノーマルなセッ〇スシーンは、本当にショックを受けます。タトゥーはお絵描きらしいですけど舌にピアスは本当に開けたらしいです。

このシバ役を演じている井浦新さんはかなりイッっちゃてる感じでドン引きしますが、「空気人形」のソフトな役柄はまるで別人です。

流石に井浦新さんは業界でも変幻自在のキャラ兄さんと言われるだけの事はありますよね。
素晴らしいと思います。

井浦新 ドラマ「同窓生」

トレンディードラマ『同窓生』で異彩を放った、井浦新の“しょぼくれた哀愁”の自然さ

何といっても最大の見どころは井浦のしょぼくれた存在感だ。

ファッションモデルで、自前のブランドを持つデザイナーだったARATAは、1999年に是枝裕和の映画『ワンダフルライフ』で役者デビュー。

松本大洋の漫画を映画化した『ピンポン』でクールな卓球選手・スマイルを演じて以降は『青い車』や『空気人形』など、サブカル漫画の実写映画化には欠かせない名優となる。

芸名を本名の井浦新と改めたのは、三島由紀夫役を演じた映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』からで、三島の役を演じた自分がアルファベットの芸名だと好ましくないと感じたからだという。

このあたり、『ピンポン』で共演した窪塚洋介との類似性を感じて、井浦も愛国心に目覚め「I Can Fly!」な人になっていくんじゃないかと懸念したが、事態はまったく斜め下の方に向かっている。

実際、本作の健太は今まで井浦が演じたどの役よりも平凡でウジウジしていて情けない。年を重ねても微妙に少年性が残っている井浦の表情は座りが悪く、くすぶってる中年役に見事にハマっていた。

井浦新さんはドラマや映画の撮影本番に入る直前までいつも瞑想しているらしいです。本人は自身が演じる役柄の演技について何度も何度もシミュレーションしているらしいです。

自分が演じる人間は、その時どんな感情を持っていて、どのように振る舞うのが正しいのかを考えるらしいのです。そのうえで、監督に対して台本とは違う演技の提案をすることもしばしばあるそうです。

そこには、演技に関しては絶対に手を抜かない、演技に対する真剣さがうかがえますね。

井浦新とドラマ共演の吉岡里帆「信頼できる人物」

女優の吉岡里帆が9日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の制作発表に、

井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭、遠藤憲一と共に出席。共演者の中で一番頼れる人を聞かれて「井浦新さん」と答え、人柄が伝わるエピソードを披露した。

人に頼られるケースワーカーという仕事にちなんで、6人の中で頼れる人を聞かれると、えみるの指導係で優しい先輩ケースワーカー・半田明伸役の井浦と答え、

「一緒のシーンがとても多いというのもあるんですけど、井浦さんのどこまでも真摯に向き合ってくださるところとか、撮影がハードなのとかいつも気遣ってくださって、さりげない優しさがいろんなところに感じられて。

あと、1つ質問すると、1時間くらい考えて1時間後くらいにちゃんとした答えを私に教えてくださったことがあって、めちゃくちゃそれが素敵だなと思って」と説明。

井浦は「ありがたいです。びっくりしました。うれしいです」

と恐縮し、

「そんなことおっしゃってくれましたけど、何の心配もしてなくて、手放しで、なんならちょっと頼ってますから。座長として」

と吉岡への信頼を口にした。

吉岡里帆さんは井浦さんとは2015年の配信ドラマ以来3年ぶりの共演らしいですね。

吉岡里帆さんは井浦さんとのドラマ共演について前回は“電話越し”の共演だけだったので「今回ちゃんと対面してお芝居をすることがうれしい」、更に「夢みたい」と井浦さんとの共演に感激しているみたいです。

また、「センシティブな内容も、井浦さんと一緒ならば繊細に、丁寧に表現できると信じています」と全幅の信頼を寄せているいる様ですね。

井浦新 ドラマ「けんかつ」で使用のメガネのブランドは?

井浦新さんがドラマ「けんかつ」で着用している丸メガネがカッコいいと評判の様。
ネット界隈では以下の様なコメントが相次ぎました。

「井浦新のメガネ姿の破壊力は凄い。ドラマ、絶対観る」

「またケータナカはスーツだよも〜〜〜 あと井浦新の丸メガネは罪」

「井浦新ほんと、メガネ似合いすぎ。これは見るしかなさそう。 」

「井浦新にメガネが似合うのは、エジソンは偉い人と同じぐらいの常識です。」

「井浦新がメガネでしたね最高です」

この丸メガネというのは、様々な形状があるメガネの中でもビジュアル的に使いまわすのはかなり「難易度高め、上級者向け」なメガネになるそうですが、とても井浦さんは自然にさりげなく似合ってしまっていますね。

確かにドラマの役柄の誠実そうな感じがうまく表現出来ていてよいと思います。

「遅ればせながらアンナチュラルを一気見したんですが、私から言いたいことは木林さん役の人これからきそうだなと井浦新はメガネをかけてほしい以上です。」

「井浦新の眼鏡姿が異様にかっこいいので検索してみたところ、ほかのイケメン俳優の眼鏡姿も大量に見つかり悶絶♡ メガネいい(・∀・)」

「眼鏡市場のメイキング見てきた井浦さんがかっこえぇ。鯖江の眼鏡のCM。スーツで長髪でデコが出ててメガネって似合う人他にいる?!」

「昨日いちばん驚いたことは、にわかに名前をよく見る井浦新氏が、あのメガネで一世を風靡したARATA氏だったことです…」

そもそも井浦さんが俳優としてブレイスするきっかけとなったのは映画『ピンポン』ですが、この映画で井浦さんは陰の主役とも言えるスマイルこと月本誠役を演じました。

飄々とした面持ちとクールな表情が相まって見事なハマり役になり、「メガネ男子」の異名を授かることになる位メガネでの役柄は自信のフィールドだったのですね。

この様に、もともと「メガネ」でブレイクした井浦さん。今回「けんかつ」を経由して、また「メガネ男子」として戻ってきたということですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.