ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容とは?スマップも被害者?最高裁判決は?

Pocket

今回お届けする話題は、ジャニー喜多川さんの少年愛裁判の内容や、それにまつわるエピソードです。

ジャニーズといえば、美少年ばかりでキラキラとしたイメージ。

最近では音楽番組だけでなくバラエティでも数多く活動するメンバーが印象的ですが、実はジャニー喜多川さんには少年愛裁判という過去が…

えっ?!ジャニー喜多川さんの少年愛裁判ってどういうこと?と思った方も多いと思いますので軽く説明しますね。

ジャニー喜多川の少年愛裁判の内容とは?

2005年3月に光GENJI候補メンバーだった木山将吾さんにより出版された「Smapへ—そして、すべてのジャニーズタレントへ」という本の中で、ジャニー喜多川さんによる性的虐待・セクハラの数々が暴露されました。

実はジャニー喜多川さんのこうした過激な問題は結構前から話題になっていたようで…

1999年に「週刊文春」がジャニーズの未成年タレント喫煙や、ジャニー喜多川さんの少年愛から発生する過激な行為の数々を記事として掲載したことがきっかけでジャニー喜多川さんは約1億円の損害賠償を要求する民事訴訟を起こしました。

スポンサードリンク

これがジャニー喜多川さんの「少年愛裁判」です。

内容としては、さきほど語ったジャニー喜多川さんからメンバーへの少年愛による性的な行為、理不尽なスケジュールでメンバーが学校に通えなくなったというものや、関西出身であるメンバーに対しての給与の待遇がおかしい、といったにわかには信じられないことばかりです。

新人デビューの条件が同性愛行為だって本当?

さきほどジャニー喜多川さんの少年愛裁判の内容についてお話ししましたが、実は新人デビューにもこのジャニー喜多川さんの少年愛という性癖が関わっているのをご存知ですか?

さきほどご紹介した光GENJI候補メンバーであった木山将吾さんの著書の中で、ジャニー喜多川さんと一線を越えたことがきっかけでデビューを果たしたという一説があったようです。

これは事実だとしたら大変なことですよね。

具体的にジャニー喜多川さんがした行為を調べると、ゾッとするようなものばかりでここにはちょっと書きかねるのですが、木山さんはこの行為に対しても「耐えなくてはデビューできない」と思っていたそうです。

こうした行為は木山さんだけでなく、北公次さんや中谷良さんなどにも及んだようで彼らのなかで「辛い仕事」といえばジャニー喜多川さん過ごす「夜」だったというエピソードもあります。

ジャニーズって晴れやかなイメージのあるグループでしたが、こうした行為が事実だとしたら許されることではないですよね。

そして、実はある大物ジャニーズグループもジャニー喜多川さんによる被害を受けていたらしい?!

これは本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

次の見出しから、この真相に迫ります。

ジャニー喜多川の少年愛の性癖とスマップ解散との因果関係は?

ジャニーズ出身者から次々と暴露されるジャニー喜多川さんによる少年愛から派生する信じられない行為の数々…

実は、最近解散となった人気ジャニーズグループ・スマップとも関係があった?!

このエピソードにまつわる噂をご紹介します。

スマップとジャニー喜多川さんの少年愛について調べていくと、ジャニー喜多川さんの少年愛性癖がスマップ解散と関係がある?といった情報が出てきました。

しかし、これについては噂の範疇を出ていないようで、スマップは被害者とはいえないという情報も。

実はスマップがここまで実力派となったのは当時所属していた敏腕マネージャーのサポートがきっかけであり、唯一ジャニーズの中で自身とマネージャーの力で売れたのがスマップだともいわれています。

スマップの解散理由は、みなさんご存知のとおりマネージャーの退所だったといわれていますし、このエピソードを考慮すれば納得できますよね。

それにも関わらず

スマップはジャニー喜多川さんの少年愛性癖の被害者、解散はスマップが中年になってしまってジャニー喜多川さんが愛せなくなってしまったから…

という噂が流れています。

これは事実なの?

次の見出しから、スマップの活動にジャニー喜多川さんの少年愛が関わっているといわれる所以をお話しします。

スマップの結成条件は同性愛行為だった?

さきほど、スマップは自身の力で売れたものの、それでも尚ジャニー喜多川さんの少年愛性癖の被害者であり解散もそれに関係している、という噂があるとお話ししましたが、どうやら解散だけでなく結成条件にもジャニー喜多川さんの性癖と関係があるといわれているそうです。

スマップの解散がジャニー喜多川さんの性癖による真意だったのかどうかは正直噂の域を出ていないのですが、何故結成条件が同性愛行為だといわれているのでしょうか?

どうやらジャニー喜多川さんがスマップの結成条件として同性愛行為を求めたという噂は、ネット上の質問サイトでウワサになっているようです。

スマップの結成条件としてジャニー喜多川さんと関係を持つ、ということが求められたというのは本当なのか?という趣旨の質問があり、他サイトでもスマップはジャニー喜多川の被害者?といった旨の情報がチラっとありました。

これが事実でないことを願いますが、ジャニー喜多川さんの少年愛裁判は結果としてどうなったのでしょうか?

ジャニー喜多川の少年愛裁判の最高裁判決はどうなった?

さきほどからお届けしているジャニー喜多川さんの少年愛についてですが、それでは裁判の判決はどうなったのでしょうか?

この件について調べ見たところ、一審判決でジャニー喜多川さんが勝訴したものの、文春側は不服を申し立て東京高裁に控訴、二審判決でジャニー喜多川さんは同性愛行為を認定したそうです!

認めてしまったんですね…

にわかには信じがたい行為を認定したジャニー喜多川さんは、120万円の損害賠償が確定しました。

長年にわたり問題視されていた少年愛裁判、結局認定したんですね~。

被害をうけていたジャニーズメンバーは今回ご紹介した以外にも多数いるのでしょうが、どうか今後こういったことが起きないことを願うばかりです。

まとめ

今回はジャニー喜多川さんの少年愛裁判の内容やそれにまつわるエピソードをお届けしました。

なんだかこれからジャニーズを見る目が変わってしまいそうですね~。

スマップにもこうした噂が流れているなんて驚きでした。

長くなってしまいましたが、今回の記事はいかがだったでしょうか?

また次回の話題をお楽しみに。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.