カンニング竹山隆範と相方・中島の家族、息子への感動エピソード!給料を渡している?

Pocket


画像引用元:https://www.sunmusic.org/profile/cunning_takeyama.html

キレ芸で人気を呼んでいるお笑い芸人と言えば、カンニングの竹山隆範です。最近ではお笑い芸人だけではなくコメンテーターとしても活躍をしており、幅広い分野で活動をしています。

そんな、竹山隆範はもともとピン芸人ではなくコンビとして活動をしていました。
解散したのではなく、相方だった中島忠幸が病気で亡くなってしまったのです。

亡くなった後も相方の家族と息子にお金を送っていると話題を呼んでいますが、それは本当なのでしょうか?
感動エピソードについての真相を徹底追及していきたいと思います。
というわけで、カンニング竹山隆範の相方、中島忠幸についてあれこれ調査してみました。

カンニング竹山隆範の相方・中島忠幸ってどんな人?


画像引用元:https://endia.net/kanningutakeyama-yome

まず初めに、カンニング竹山隆範の相方だった中島忠幸のプロフィールを簡単にご紹介します。


画像引用元:https://gensun.org/pid/217238

中島忠幸の生年月日は、1971年6月14日で、35歳という若さで亡くなりました。
出身は、福岡県で身長は168㎝と小柄で、体重は53㎏でした。

竹山隆範よりもキレやすい性格だったと後に、竹山隆範が明かしていました。
高校は1年生の時に九州産業大学付属九州高等学校を中退をしているそうです。

2004年に結婚をして息子が一人います。同年に闘病中であることを理由に芸能活動を休養して、闘病生活に入りました。
闘病中のエピソードととしては、ギャンブル運が凄く買う馬券が次々に的中をしていたそうです。勝ったお金で後輩達にご馳走をしていたと竹山隆範が明かしていました。

スポンサードリンク

後輩思いの芸人だったのですね。

2006年には臍帯血移植を受けてましたが、12月20日にウイルス性肺炎の併発によって亡くなってしまいました。35歳という早すぎる死に、多くのファンがショックを受けました。

2人の出会いは?コンビの結成秘話について


画像引用元:https://grapee.jp/433427

カンニングが結成された秘話はとういったものだったのでしょうか?

竹山隆範とは小学校、中学校の同級生でした。
近所の川によく魚釣りを一緒にしていたそうです。竹山隆範はもともと、福岡吉本に所属していた経歴を持ちます。しかし、わずか1年で福岡吉本を退社しました。

退社後の1992年に同級生だった中島忠幸とカンニングを結成したのです。
カンニングがブレイクするきっかけになったのは、「めちゃ2イケてるッ!」に出演したことでした。
竹山隆範のキレ芸が注目をされ、「エンタの神様」でも大注目され一躍有名になりました。
お笑の中堅として活躍が期待されていた直後に、中島忠幸の病気が発見されてしまったのです。

中島忠幸の死因は?


画像引用元:https://www.sankei.com/entertainments/news/190710/ent1907100006-n1.html

中島忠幸の死因は「急性リンパ性白血病」でした。
芸能界で他にも、急性リンパ性白血病を患った著名人として映画「鬼龍院花子の生涯」で主役を務め日本を代表する女優として知られている夏目雅子や「1986年のマリリン」などのヒット曲で知られる歌手の本田美奈子を挙げることができます。
夏目雅子は27歳で亡くなり、本田美奈子は38歳で亡くなりました。

白血病でこの世を去った芸能界、スポーツ界の有名人は意外に多いのですね。

2015年の人口動態統計によると、日本では年間8631人が白血病で亡くなっている。発症率は10万人に約1人となっています。
つまり誰にでも起こり得る可能性がある病気だと言えますね。

急性リンパ性白血病はどんな病気?原因、治療法は?


画像引用元:https://www.asagei.com/excerpt/112768

では、急性リンパ性白血病は一体どんな病気なのでしょうか?
原因は一体何なのでしょうか?また、治療法はあるでしょうか?

調べてみると、造血幹細胞からリンパ系に分かれたリンパ系幹細胞ががん化した病気が、急性リンパ性白血病です。


画像引用元:https://ganclass.jp/kind/all/cause/

リンパ球は、体に侵入してきたウイルスを攻撃するなどの役割を持っている細胞です。
その細胞ががん化してしまうことで、リンパ性白血病の中でも病気の進行速度が早いタイプの白血病なのです。

発症の原因として考えられているのは、喫煙や老化やウイルスや有機溶剤などです。しかし、実際には解明されておらず、詳しい原因についてはわかっていないのです。
ただ、幼児にかかることが多い病気で成人で発症するのは10万人に1人という割合です。

症状としては、白血球が少なくなると抵抗力が低下し、感染症にかかりやすくなります。
そのため、肝臓や脾臓、リンパ節が腫れて大きくなったり、頭痛やめまいなどの症状があらわれるそうです。

具体的な治療法は、薬物治療が一般的です。白血病細胞は血液により骨髄中から全身に運ばれているため手術はできないのです。
抗がん剤には強い副作用を伴い、がん治療において過酷な闘病生活を余儀なくされてしまいます。

とても怖い病気なのですね。

スポンサードリンク

カンニング竹山隆範は相方・中島の家族にギャラ(給料)を仕送りしている?


画像引用元:https://asagei.biz/excerpt/6620

辛い闘病生活の末、亡くなってしまった中島忠幸のため竹山隆範は、自身のギャラを中島忠幸の家族へ送り続けているとネット上で噂されています。

それは、本当なのでしょうか?
また、中島忠幸が闘病中にもギャラを折半していたと言います。果たしてその真相はどうなのでしょうか?

さらに、中島忠幸の家族との交流が美談で泣けると言われています。

それらの真相についても切り込んでいきたいと思います。

中島の病気休養中にもギャラは完全折半だった?


画像引用元:https://www.sankei.com/entertainments/news/190710/ent1907100006-n1.html

竹山隆範が、中島忠幸が亡くなってからも「カンニング竹山」と名乗って活動している理由として「コンビを忘れないでいてほしい」という思いがあるようです。

しかし、家族にギャラを渡して援助しているという噂については「荷が重い」として完全に否定をしていました。

中島忠幸が闘病中にギャラを折半していたというのは事実でした。
「中島が復帰するまでは、結婚やネタはしない」と宣言して、ギャラを折半していたそうです。
さらに、治療代の一部を負担までしていたそうです。

竹山隆範と亡き中島の家族との交流が美談過ぎる?


画像引用元:https://www.asagei.com/excerpt/112768

竹山隆範は、中島忠幸が亡くなった後も中島忠幸の家族と交流は続けているそうです。
特に、中島忠幸の息子は2019年現在で15歳で、竹山隆範を父親代わりと思って接していると言います。

息子と一緒にキャンプに行ったり、ハワイ旅行にも一緒に出掛けたこともあるそうです。


画像引用元:https://www.oricon.co.jp/news/50564/photo/1/

他人の子どもと一緒に旅行をすることに対して質問された際に「父親のようなことをさせてもらっている。win-winなんだよね」と語っています。

竹山隆範の人気の秘密がわかりますね。

ファンの声は?


画像引用元:https://endia.net/kanningutakeyama-yome

ネット上でも竹山隆範に対して、相方思いだという意見が多く挙がっていました。

https://twitter.com/1_meina/status/569307061177098240

好感度が高い芸人だと言われている理由が、分かりますよね。

まとめ


画像引用元:https://www.sunmusic.org/profile/cunning_takeyama.html

キレ芸で一躍有名になったカンニング竹山の相方である、中島忠幸の人物像について調査してみました。
中島忠幸と竹山隆範は、小学校、中学校の同級生でコンビを結成しました。
「エンタの神様」などで人気を博しましたが、2004年に中島忠幸が急性リンパ性白血病であることを公表しました。
闘病生活の末、35歳という若さで亡くなってしまいます。

闘病中にギャラを折半したり、相方の病気が治るまでは結婚もネタもしないと竹山隆範は、宣言していました。亡くなった後もギャラを送っているという情報はガセであると本人が否定していました。

しかし、中島忠幸の息子との交流は続いており父親代わりとして接しています。
今後もお笑い芸人だけではなく、コメンテーターとしても活動する竹山隆範の動向から目が離せませんね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.