岸部一徳が死去!?岸部シローは兄弟? ウワサのサリーについて

Pocket

今回は岸部一徳についての記事を書いていきたいと思います。岸部一徳は俳優業を行っている傍らミュージシャンとしてベーシストであり、作曲家でありと多彩な才能の持ち主です。非常に人生の幅が広そうな彼について見ていきましょう。

岸部一徳と岸部シローって見分けつかない!?

上でも書いたように岸部一徳は俳優業をしていることからよくドラマにも出演しています。有名なものだと、ドクターXや相棒といったところでしょう。

彼の演じる役柄もいい味がでていて非常に見ていて楽しいです。そんな個性溢れる岸部一徳と見分けがつかない俳優がいるとの噂がされているようです。

一体誰なのでしょうか。

その人物とは岸部シローという方でした。ということで、早速岸部シローのお顔を見てみましょう。

少し痩せていますが、もう少し肉がつけばかなり岸部一徳と似ていると言えるかもしれません。それもそのはず、なんと岸部一徳と岸部シローは兄弟ということだったのです。

血の繋がった兄弟であれば、似ていると噂されていてもそこまで驚くことでは無いですね。

岸部一徳の兄弟との関係について!?

スポンサードリンク

先に話題に上がった岸部一徳と兄弟である岸部シローとの関係は現在どうなっているのでしょうか。ここでは岸部シローの過去経歴に触れながら見ていきたいと思います。

岸部シローは1949年6月7日に京都府で生まれています。中学卒業後は印刷会社に就職したそうですが、岸部一徳に誘われて音楽グループ「ザ・タイガース」に加入して芸能界へと実を投じていきました。

しかし、芸能活動中には色々と問題が生じていたようです。

岸部四郎さん自身は貯金をしたりするのが苦手だった上にお人好しな性格であるために、次々と連帯保証人を引き受けます。

これがキッカケにもなり浪費癖も治らず、ついには自己破産をするまでに。

借金も4億2000万円までに跳ね上がり、徐々に芸能活動を自粛するようになります。

どうやら芸能活動に支障が出てしまう位、金銭トラブルがあったようです。実力以外のところで芸能活動が出来なくなってしまうのは非常にもったいないですね。

そして病気が岸部シローを襲い芸能活動をほぼ休止せざるを得ない状況になってしまったようです。

そんな最中の2003年、岸部さんは脳内出血で倒れ緊急入院をすることに。

闘病中でありながらも2005年には、僕も好きなドラマ「電車男」に主人公の父親役として出演をされます。

そして、2009年には体調が悪化したことを理由に現在までメディアの露出が見られなくなっています。

こうした状況の中で岸部一徳は病を患った岸部シローのために定期的に病院にお見舞いに行ってたり、治療費を工面したり等とサポートを行っているそうです。

このようなことからも岸部一徳と岸部シローとの仲についてはかなり良好であると言えるでしょう。

岸部一徳の死去説ってホント!?

スポンサードリンク

ところで現在も精力的に活動を行っている岸部一徳ですが、なんと死亡しているという噂が浮上しているらしいです。さすがにテレビでもよく見かけるのでありえない話だとは思うのですが……。

現状はどのようになっているのでしょうか。

まず死亡説浮上の原因として、岸部一徳の病気による入院が考えられます。

俳優、水谷豊(65)が監督を務める出演映画(来年公開予定)の神戸ロケに参加。撮影後に激しい頭痛に襲われたため、すぐに帰京し、16日にかかりつけの大学病院に入院したという。

激しい頭痛となると、深刻な病気ではないかと心配してしまいますね。しかも弟の岸田シローも脳出血で入院していることからも遺伝性のものではないかと勘ぐってしまいます。

そして次にドラマ「相棒」での死亡シーンがあったためだと考えられます。

劇場版のほうで、官房長官(岸部一徳)が扱いずらい警視庁トップ達の首を一斉にすげかえようとしました。

その先駆けとして総務部長を一番最初にクビにしたのですが、トップは皆キャリア組だった中たまたま総務部長だけノンキャリ上がりでキャリア組へのコンプレクスが強かったので「自分がノンキャリだから簡単にクビを切るのか!」と恨んで官房長官を刺して殺してしまいました。

これらのことからどうやら岸部一徳の死亡説には自身の病気による緊急入院の内容とドラマ内で演じていた役が死亡してしまったことが混同されてしまった結果、岸部一徳の死亡説に繋がってしまったと考えるのが自然でしょう。

岸部一徳とサリーってナニ!?

皆さんはテレビ等で岸部一徳はたまに「サリー」と呼ばれている場面を見たことはないでしょうか。ここではなぜ岸部一徳はサリーと呼ばれるのか、そもそもサリーとは何なのかを見ていきたいと思います。

岸部さんは1960年代のグループ・サウンズの代表的バンドでアイドル的人気を誇った「ザ・タイガース」の中心メンバー(ベースギター担当)だった。当時のステージネームは「岸部おさみ(修三)」。

タイガースのメンバーには沢田研二の「ジュリー」(これは有名でしょう)、加橋かつみの「トッポ」、森本太郎の「タロー」、瞳みのるの「ピー」と、それぞれ愛称があった。で、岸部おさみ(一徳)の愛称が「サリー」だった。

どうやら音楽グループ「ザ・タイガース」内で呼ばれていたニックネームだったようです。またこのサリーの由来については、洋楽の「のっぽのサリー」と高身長だった岸部一徳をかけて付けられたそうです。洒落たニックネームで少し驚きますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。個性的な役によって換えのきかない名脇役となっている彼の演技はいつ見ても本当に素敵だと思います。

一時期は体調を崩してしまっていましたが、これからも元気にその姿を見せて欲しいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.