水原希子はどこの国のハーフ??その生い立ちと両親の実態がヤバい!

Pocket

水原希子はハーフと言うことですが、どこの国とどこの国のハーフなのでしょうか。両親はどこの国の人なのでしょうか。

また、本人自身はどこの国の人になるのでしょうか

日本と中国にて炎上し、バッシングを受けていたようですが、そもそも、どういう経緯だったのでしょうか。何が原因でそうなったのでしょうか

複雑な家庭環境を持ち、日本で育った水原希子ですが、幼い時は自分の家庭をどうとらえていたのでしょうか。今現在は、どのよに考えているのでしょうか

今回は、これらの事について語っていきましょう。

水原希子はどこの国のハーフ?複雑なルーツを辿ってみた!

水原希子の国籍は、一体どこなのでしょうか。また、どのような家庭環境だったのか。そして、ずっと自分自身に問い続けたであろう『私はどこの国の人間なのか』について、見ていきましょう。

水原希子の父親はアメリカ人?母親は韓国人?フィリピン人?

水原希子にはフィリピンの血は入っていないようです。顔立ちがエキゾチックなので、フィリピンの血が入っていると思われてしまうようですね。

水原希子の父親はアメリカ人になります。定職を持たず、音楽と自由を愛する『ヒッピー』でした。今でも、娘の水原希子とは、時々会っているそうです。

水原希子の母親は、日本生まれの韓国人です。俗にいう在日韓国人になります。在日韓国人は普通日本の国籍を持っていません。あくまでも「自分は韓国人である」という矜持が強く、日本国内にも、俗にいう『韓国学校』と呼ばれるものを設立し、そこで、母国語の韓国語や韓国文化を教えていたりします。

水原希子の母親は、日本でアメリカン・エアラインのキャビンアテンダント(客室添乗員)をしていましたが、渡米して、水原希子の父親と結婚して出産します

スポンサードリンク

アメリカで出産すると、その子供はアメリカの国籍を持つ権利が与えられます。水原希子の国籍は、アメリカになっています。日本国籍じゃなかったんですね。

水原希子の国籍について世間の反応は?

水原希子は、自身のTwitterで、2012年にアメリカ国籍であることを明かしました

では、水原希子の国籍について、世間はどの様な反応を示しているのでしょう?

Twitterによりますと、

「水原希子ちゃん。父アメリカ人、母朝鮮人、離婚して母に引き取られてアメリカ国籍。そうねぇ、アメリカ国籍て貴重だよねぇわ。まさかそのために」

「日本国籍ではないし両親も日本人ではない。なのに日本人の名前だけ名乗ってる。どういう背景を持つ人?不気味だね」

「水原希子って国籍はアメリカ?韓国?トルクメニスタンなんてどこの国のパスポートで入国したのかな」

「水原希子の「父親はアメリカ人」で「母親は韓国人」なのに、芸名は日本人の名前を使用している。この事が気になりますね。過去に、彼女は中国のSNSで批判された時に、『両親の国籍』を言って暗黙に『日本人じゃない』と発信していました」

日本国籍ではないのに日本で活動していることについて、疑問を抱いている人が多かったです。

ちなみに、日本で活動している理由について触れておきましょう。

2歳で日本に移り住んでいるのですが、実は18歳のときに、「海外のファッション雑誌に出たい」と思い立ちます。そこで、韓国系アメリカ人の仲間を頼ってフランス・パリに2週間滞在したことがありました

パリの街中で現地のスカウトマンに声をかけられて、モデルエージェンシーを10社くらい回りましたが、モデルとして低身長な上にアジア人であるという理由からほとんど雇い入れてもらえなかったそうです。それでも、2つのエージェンシーから良い返事をもらえましたが、そこでも同じ理由で思うように仕事が決まらなかったため、結局日本に帰国したそうです

水原希子の身長は168cm。日本人女性だったら背が高い方だと思うのですが、海外の女性モデルだと少なくとも170cm以上、中には180cm以上の人もいるみたいですね。なかなか難しいのですね。

『国籍ロンダリング』は母親が生きていくための最後の手段だった?

両親が離婚した後も、アメリカ国籍を持ち続けた水原希子。その理由は、母親が国籍ロンダリングをしたからであると言われています。

国籍ロンダリングとは、直訳すると国籍を洗浄するという意味です。この場合で言えば、水原希子の母親は韓国籍です。なので、普通に結婚すれば、娘の水原希子も韓国籍になるでしょう。ですが、娘にアメリカ国籍を持たせることができる方法があります

渡米してアメリカで出産することにより、娘の水原希子にアメリカ国籍を取得する権利が与えられます。母親の助言があったのか、水原希子の自分の希望だったのかは不明ですが、水原希子は現在アメリカ国籍になります。

水原希子のようにアメリカ国籍を持ち続けるメリットとは?

では、アメリカ国籍を持つことで何かメリットはあるのでしょうか?

水原希子の母親は、アメリカ国籍の恩恵を受けるために、渡米して当時の夫と結婚しました。

具体的に、どんな恩恵があるのか、みてまましょう。

  • ビザがなくても、アメリカに移住できる。
  • 国会議員や大統領選挙の選挙権が得られる。
  • 入国時にアメリカ市民の窓口を利用出来る。
  • 海外でトラブルや事故が起きても、アメリカ大使館で保護対象となる。
  • アメリカで職業を自由に選べる

現在も水原希子に、アメリカで仕事が舞い込んでいるのは、アメリカ国籍を持っていることが理由ではないかと言われています

水原希子に直結するメリットは、おそらく『アメリカで職業を自由に選べる』という部分でしょう。噂によりますと、彼女はかつて、かなり素行が悪いと評判になりました。実際、15歳のときに彼女の素行ぶりが問題となって、当時の所属事務所から契約解除されてしまいます。

母親が、日本の国籍を持っていない在日韓国人ということで、日本国内では仕事が不利になりやすいと思われます。アメリカで、仕事をすることができる選択肢があるかないかは、死活問題に近いのではないでしょうか

外国籍のまま日本に住み続けることはできるの?

『在留資格』があれば、外国人でも日本で働くこともできるし、住むこともできます

母親が在日韓国人であるとすれば、在留資格の中でも特殊な資格である『特別永住者』という資格を持っていると思われます。在日韓国人や在日台湾人が日本で生活しているのはこの資格のおかげです。

では、すの娘であるアメリカ国籍の水原希子はどうなのでしょうか。

結論から言いますと、可能です

『特別永住者』が子供を産んだとき、その子は自動的に『特別永住者』の資格を得ることができるわけです。母親が在日韓国人の特別永住者で、娘の水原希子も在日アメリカ人の特別永住者ということになります。

日本の国籍を持っていなくても、日本で生活ができる資格があったんですね。

『私は日本人?アメリカ人?韓国人?』水原希子が迷いの果てに見つけたものとは!?

水原希子は、アメリカで生まれですが、物心つく前に、日本に移住しています。普通に日本の学校に通っていたようで、母親が在日韓国人ということで、クラスメイトから嫌がらせなどを受けていたようです。その頃に、水原がとった行動は『目立たないようにすること』だったようです。

日本で育ってきたのに、日本の国籍ではないため、不当に扱われてしまう。では、アメリカ人かと言えば、アメリカで育ってきたわけではないので、アメリカの文化を肌で体験しているわけでもない。そして、母は韓国人です。日本で育ちましたが、水原には、日本人の血が入っていません

では、自分は何人なのか?

多感な時代に、『周りの人とは全く違う家庭環境』というものに、引け目のようなものを感じていたようです。「こういう背景を、どう受け止めたらいいのか、わからず、恥ずかしいことだと思っていた」また「皆が一緒の方向を見なきゃいけない、という風潮になっていることが、私にとっては一番怖かった」と本人も語っています。

『他の人とは違う』ということに、前向きになり始めたのは、モデルの仕事を始めて、東京に出てきてからだと言います

「モデルの子は、全員が個性的で、それでいてかっこよかった。他の人と違っていてもいいんだ」

自分の複雑な家庭環境を引け目を感じたり、周りの目を気にすることないし、みんなと同じ方向を見ていなくても良いのだと、この頃に吹っ切れたようです。そこから、『自分の個性って何だろう』ということを考え始めたといいます。

いまだに日本には『出る杭は打たれる』という風潮が色濃く残っています。自分で考えて行動するとか、他の人とは違うことをするという文化が根付きにくい土壌のようです。

これから、水原希子がどのような道をたどるのか、興味がわいてきますね。

参考資料:「NEWS ZERO』2018年3月17日放送分

水原希子は日本語、英語、韓国語と3ヶ国語話せるトライリンガル?

水原希子は、トライリンガル(3ヶ国語を話せる人)という噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

実は、日本語、英語、韓国語が話せるそうです。なお、実父がアメリカ人ですが、2歳の時に神戸に家族で移住してしまったことと、11歳の時に両親が離婚しため、英語はすっかり忘れてしまったとのことです。なので、英語を学びなおして、喋れるようになるまで苦労したと語っています。

幼少時から英語が話せた訳ではないようですね。韓国語は、母親との会話で培ったのでしょう。

水原希子は複雑な家庭環境で素行不良な青春時代を送っていた!

画像引用元

画像引用元:https://prtimes.jp/i/14810/61/resize/d14810-61-614184-0.jpg

水原希子の初めてのモデルの仕事は、雑誌『Seventeen』の専属モデルでした。しかし、3年後に契約を打ち切られてしまいます

一体何があったのでしょうか?

『酒とたばことスロット』と水原希子のモデルとしての経歴がエグイ!

まずは、水原希子の経歴を見ていきましょう。

  • 2003年、雑誌『Seventeen』のオーディションに合格し、専属モデルとしてデビューします。
  • 2006年、一度活動を休止します
  • 2007年、雑誌『ViVi』に専属モデルとして活動を再開します。
  • 2009年、映画『ノルェイの森』(原作:村上春樹)に緑役として出演。
  • 2010年、雑誌『MAQUIA』の専属モデルとして契約します。
  • 2015年、雑誌『25ans(ヴァンサンカン)』のカバーガールとして表紙を飾ります。(2015年の6月号は、『25ans』の35周年記念)
  • 2020年1月、水原希子のオフィシャルYouTubeを開設。
  • 2020年3月、セレブ系のブランド『VOUGE JAPAN』のYouTubeに、メイクアップの動画がアップされます。

経歴の一番最初にある雑誌『Seventeen』の専属契約ですが、3年後に契約を打ち切られてしまいます。その理由は、水原希子が、プライベートのブログで、酒を飲んでいたり、タバコを吸っていたり、スロットにはまっている様子を書いたりしていたようです。そのため、専属モデルとして不適切と判断されたようです。

自分のブログを更新し続けるうちに、書くことがなくなり、自分の身近なことや、最近はまっていることを書いていたのではないかと思われますが、確かに、雑誌のモデルとしては、『不適切』な内容ですね。

契約を打ち切られてしまいますが、その後も精力的にモデルとしての仕事を続けています。

雑誌『Seventeen』での不祥事があったから、その後の活動には、十分気を付けたのでしょう。今思えば、「そのことがあったから、今がある」ということでしょうか。

『水原希子』は芸名だった?『水原』ってどこからきたの?

水原希子は、アメリカで生まれていますので、アメリカの国籍を持っています。ですが、日本の国籍はないようです。

では、『水原』という苗字は、どこからきているのでしょうか?

本名の『オードリー・キコ・ダニエル』には、『ミズハラ』につながるものはありませんね。また、水原が11歳の時に両親は離婚していることを考えると、母親に関連することではないかと思われます。

母親は日本で生まれた韓国人(在日韓国人)ですので、韓国籍の名前があるはずです。普通ならそちらの苗字を使うかと思います。ですが、『水原』という日本風の苗字を使っています。

『水原』とは、韓国の都市の名前なので、韓国人が好んで使う日本風の苗字の一つとのことです。日本で仕事をするのであれば、日本名を通称として使った方がやりやすかったのでしょうね。

水原希子が国籍問題で中国や日本で炎上?

まず、炎上した経緯を、ざっくりとみてみましょう。

  • 友達がネット上に投稿した『天安門に中指を立てる写真』に、『いいね』を付けた
  • 中国政府を批判している、ということで中国人がバッシングを始める
  • これを受けて、水原は謝罪とその背景についての説明動画をInstagram内に投稿。
  • 今度は、日本国内で『私は日本人じゃないから許して』的な発言にバッシングが始まる

謝罪の動画がYouTubeにも投稿されていたので、実際にそれを見てみました。ですが、『私は日本人じゃないから許して』という風にとらえるのは、どうもニュアンスが違うのではないかと思いました。水原希子は何を伝えようとしていたのか、これから詳しく見ていきましょう。

事の起こりは、2016年7月に、ネット上に掲載されていた写真に、水原希子が『いいね』を付け、コメントを付けたことから始まります。

その写真は友達が上げていたものだったので、水原は気軽に『いいね』を付けたようです。ただ、その写真は、中国にある天安門に対して、中指を立てている写真だったことがバッシングの始まりでした。

画像引用元:http://bestmenu1.seesaa.net/article/440289119.html

天安門というのは、中国政府がかつて弾圧の政策をとった場所です。俗にいう『天安門事件』ですね。それに対して、中指を立てるということは、中国政府に対する批判であるというのがバッシングを始めた中国人の意見のようです。

あまりの反響に驚いた水原は、自分の気持ちを動画に撮り、自身のInstagramに掲載します

すると、今度は、日本人からバッシングが始まってしまいます。ネット上の噂では、バッシングを行っているいる人達は、水原が掲載した動画を「私は日本人じゃないから、許して」という発言だと解釈し、「日本の名前を名乗っていて、日本で暮らしているのに、どういうことだ」というもののようです。

では、実際に動画の中で、水原は何を言っていたのでしょうか。

動画の冒頭で、まず最初に腹を立てている中国人に向けて謝罪をし、深々と頭を下げます。

その後に、問題になっていた発言が続いています。

「今は日本に住んでいますが、私はアメリカで生まれました。父はアメリカ人で、母は日本で生まれた韓国人です」

お気づきでしょうか?水原は、「私は日本人ではありません」とは言っていませんでした。また、『私はアメリカで生まれました』とは言っていますが、『どこの国の人であるか』は明言しておりませんでした

あえて言うなら、水原は動画の中盤にて「ここ数年は中国でも仕事をしていますが、その前から、私は地球の市民です」と言っています。

2歳の時から日本で育っている水原にとっては、自分は日本人であるという感覚はあると思われます。しかし、水原には日本国籍がないため、法的には『日本人ではない』ことになります

アメリカで生まれたので、アメリカの国籍はありますが、アメリカで育ったわけではありません。幼いころから、このジレンマを突き付けられ続けた訳ですから、動画の中でも明言しなかったのではないかと思われます

上記の言葉の後に、中国の文化を、まだよく理解していなかったこと。投稿された写真が不適切なものであった事に気づいていなかったこと。それをいち早く指摘してくれたのは、中国人の古い友達だったこと。1時間後にコメントは削除したが、後の祭りになってしまい、動揺してしまい、動けずにいたことなどを話しています。

では、その続きを見てみましょう。

「私の多様な文化的背景により、さまざまな文化に触れ、世界中の人と友達となることができました」

これらを踏まえて、言葉はまだ続きます。

「さらに重要なことは、私はさまざまな人々の相互尊重を認めることを学びました。中国で仕事をさせていただいている前から、私自身は地球市民です」

引用元:https://youtu.be/cxfrJLYgq2Q

水原は最後に、動画をこのような言葉で締めくくっています。

私たちはそれぞれ異なる文化の出身ですが、愛と平和のニュースや、理解を深めることでそれらが結びつき、世界がより良くなっていくと、本当に信じています

水原の真摯な謝罪と、『どいいう理由でいいねを押したのか』が、誤解なく腹を立ててしまった中国の人々に伝わるといいですね

まとめ

日本で育ってきたのに、日本人の血は自分の中にはないこと。国籍はアメリカなのに、アピールが強いアメリカの文化に『なじめない』と思ってしまったこと。にもかかわらず、国籍はアメリカであること。そういう環境の中で、『日本人』の中に居て、目立たないようにして生きてきた学校生活。

モデルを始めて、東京に出てきたときに、モデルのみんなが個性的で素敵に見え、自分の個性を探し始めたこと。

有名になればなるほど、アンチが増え、バッシングが増える中で、自分の媒体であるInstagramに自分の気持ちを話そうと決めたのは、不当に扱われるなら、自らが声を上げないと何も改善しないと思ったのでしょう。

昔であれば、芸能人は、テレビや雑誌のマスコミから一方的に叩かれるだけでした。ですが今は、時代が変わりつつあり、芸能人自身も表現の媒体を持つことができるようになりました。

『自分はどこの国の人間なのか?』

その疑問は、解くことのできないものなのかもしれません。答えは、水原希子自身が見つけていくものなのだと思います。水原希子が、自分なりにその答えを探し続けていけるように願うばかりです。

水原希子がInstagramに投稿した動画の中で語った言葉を、再度引用して、今回はこれで筆を置かせていただきたいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「私はさまざまな人々の相互尊重を認めることを学びました。中国で仕事をさせていただいている前から、私自身は地球市民です。

私たちはそれぞれ異なる文化の出身ですが、愛と平和のニュースや、理解を深めることでそれらが結びつき、世界がより良くなっていくと、本当に信じています」

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.