中川翔子と父親(中川勝彦)CM共演?スキャンダル画像流出?死因は白血病?

Pocket

中川勝彦さんと言えばマルチタレントとして活躍されている中川翔子さんのお父さんですね。

中川勝彦さんは1994年9月に32歳という若さで亡くなりました。

今回はそんな中川勝彦さんのスキャンダルの噂、死因についてまとめてみました。

中川翔子の父親はどんな人?

中川翔子さんは、「しょこたん」との愛称で知られていますね。声優・漫画家・歌手など多岐にわたって活躍されています。

中川翔子さんは1985年5月5日に東京都中野区出身で、ワタナベエンターテイメント所属。

2004年11月開始の「しょこたん☆ブログ」は有名ですね。

そんな中川翔子さんのお父さんは中川勝彦さん。1980年頃、ミュージシャン・歌手・俳優・声優といったマルチタレントとして活躍されました。絵本の執筆を行っていたことも有名です。

中川勝彦さんは1962年7月20日に東京都文京区に生まれました。

スポンサードリンク

交際していた女性が妊娠したことをキッカケに結婚。イメージダウンを考え、翔子さんが生まれたことを公表することはしませんでした。

中川勝彦さんと、翔子さんが親子関係にあることが発覚したのは中川翔子さん自身がタレントになって「父が中川勝彦」と言ってからです。

イケメン画像あり?

確かにルックスが良くイケメンですね。

ヴィジュアル系のアーティスト、ラジオやドラマ等多岐にわたって活躍されています。映画では「ねらわれた学園」「転校生」等にも出演されています。

でも娘の中川翔子さんによると「怪獣オタクの変なお父さん」だったようですね。

中川翔子が父親(中川勝彦)とCM共演?

2018年7月、ついに親子でのコマーシャル共演が叶います。

CMはACジャパンの骨髄バンク支援キャンペーンの内容。

やっとみれた!

録画できた!アメトークの間のCMで流れました!

ACの広告です。

父 中川勝彦と、初めて、ついに、コマーシャル共演が叶いました。

もっと生きたかった父のこと。

どうか骨髄バンクに登録する方が一人でも増えて

だれかの未来が救われるといいなと願っています。

引用:中川翔子オフィシャルブログ

中川勝彦さんが亡くなった年の年齢を迎えたタイミングでCMの話をもらったようです。

この件について中川翔子さん(しょこたん)のAmebaブログにてこのように報告していますね。

中川勝彦さんの死因は白血病?

中川勝彦さんは1992年に急性骨髄性白血病を発症します。9か月の闘病生活を行ったことで一度は復帰されたのですが、発症から2年後の1994年8月に再発。

同年9月に32歳の若さで亡くなりました。

中川翔子さんが9歳の頃です。

中川翔子ドナー登録を呼びかけ?理由は?

白血病治療の為、ドナー適合者を探しますが、家族の中でも適合する人はいませんでした。

中川勝彦さんが白血病にかかっていたころ翔子さんは骨髄移植という方法があることを母親などから聞いた際に「嫌だ、怖い」と言ったそうです。

スポンサードリンク

そもそも中川勝彦さんは娘の移植を望んでいたわけではなく「小さな翔子に負担はかけられない」と話し、娘のドナーを調べることもありませんでした。

その事実を知って、翔子さんは自分がドナー提供者になっていたのなら助けられたかもしれないと思ったようです。

その後、親子でのCM共演を果たすことになります。そこでドナー提供者が一人でも増え、そのことによって誰かの命が救われれば嬉しいと語っています。

白血病とはどんな病気なの?

中川勝彦さんは白血病で亡くなりましたがそもそも白血病とは

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。

がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。

引用:がんを学ぶ

日本のデータによると、1年間に人口10万人あたり、男性で11.4人、女性で7.9人の割合で白血病との診断を受けているようです。

中川翔子の父親(中川勝彦)のスキャンダル画像が死後17年後に流出?

中川勝彦さんと言えばスキャンダルの話もあります。しかもそのスキャンダルは亡くなってから17年後の2011年に流出することになります。

その内容とは女性(妻ではない)との不倫画像24枚がネット上に一気に流出したのです。

お父さん中川勝彦の不倫

写真は女性との性行為をしている画像だったようです。

なぜ不倫の画像が中川勝彦さんが亡くなった17年後にサイトに一気に公開されたのかはわかりませんが、翔子さんはとてもショックを受けたようです。

マーケティング戦略の噂

スキャンダルが出た時期は2011年。

実はこのスキャンダルはマーケティング戦略だったのでは?と言われています。

その理由は2011年に中川勝彦さんの朗読CD付きの絵本が発売されたことと、不倫の現場写真がネットに流出したのが同時期。しかも亡くなってから17年後・・

なぜこのタイミングで不倫写真が流出したのか、その画像は現在は削除され閲覧できない状態になっています。

中川翔子、ショックで誕生日カードを捨てた?

中川勝彦の不倫の事実を知って翔子さんは相当ショックを受けたようです。

当然ですね。

その際、翔子さんが9歳の誕生日の時にお父さんから貰った誕生日プレゼントの「誕生日カード」を捨ててしまったとの事。

でもお母さんが拾いなおして、今も大切に保管しているようです。

中川翔子、亡き父からメールが届く怪奇現象体験?

父親の中川勝彦さんが亡くなった後、翔子さんの身の回りで怪奇現象が起きたようです。

の内容は父親が大切にしていた懐中時計が父の亡くなった時間で止まったり、誰もいない2階から足音が聞こえたり、締め切った部屋で髪の毛がなびいたりなど・・

そして更に中川勝彦さんから翔子さん宛にメールが届いたという事でした。

詳細は部屋で突然金縛りにあった後、机の上のパソコンが勝手に起動しキーボードのたたく音が聞こえたようです。

そしてメールを開いてみると、メール作成日がお父さんの誕生日になっていたとの事。

その一件を某番組にて話したところ、「女性の霊」の仕業と断定されました。

理由は、その霊がお父さんなら「金縛りにはしない」「悪いことはしない」という事ですね。

ちなみに中川翔子さんは霊感が強かったようです。

まとめ

若くして白血病で亡くなってしまった中川勝彦さん。

そんなお父さんのスキャンダルの事実を知った当時は大変なショックを受けた中川翔子さんでしたが、お父さんとのCM共演も果たし今もマルチタレントとして活躍されています。

これからも更なる活躍に期待ですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.