岡田健史は強豪高校の野球部出身だった!野球一筋から俳優になったきっかけは何?

Pocket


画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9f4bf41199fe8c522b1ac6e6674c3bb4deae63a7

若手俳優として今最も注目をされているのが、岡田健史です。
俳優デビューを果たしてわずか2年ほどで、映画、ドラマ、CMなどに引っ張りだこです。そんな、岡田健史の出身高校は、野球の強豪校だったと噂されていますが、果たしてその真相はどうなのでしょうか?

高校時代の貴重な画像や俳優を目指したきっかけについても、徹底追及していきたいと思います。
というわけで、岡田健史についてあれこれ調査してみました。

岡田健史は小学生から野球漬けの毎日でプロ野球選手を目指していた!?当時の画像は?


画像引用元:https://kikigigi.net/2019/09/27/

岡田健史の出身校は、野球の強豪高校だったと言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?
また、岡田健史が除属していた野球部や当時の画像についても詳しく探っていきたいと思います。

岡田健史が野球を始めたのはいつ?チームはどこ?


画像引用元:https://twitter.com/okada_kenshi

岡田健史は、小学2年生から野球を始めました。地元の硬式野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属していたそうです。

ヤング福岡ライナーズは、少年野球チームの中でも強豪チームとして有名なようで、全国大会にも出場をしたこともあるとか。
岡田健史は、キャッチャーをしていたと言います。

幼い頃から野球少年だったのですね。

岡田健史の創成館高校での野球部時代!甲子園への出場は?


画像引用元:https://www.cinemacafe.net/article/2019/09/26/63665.html

スポンサードリンク

岡田健史は、福岡市立和白丘中学校から創成館高等学校へ進学をしています。
創成館高等学校とは野球での強豪校だと言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

創成館高等学校ではどんな学校生活をしていたのでしょうか?
野球の成績についても詳しく深堀していきたいと思います。

岡田健史が通っていた創成館高校はどんな学校?


画像引用元:https://realsound.jp/movie/2018/12/post-290687.html

創成館高等学校とは、どんな学校なのでしょうか?


画像引用元:https://www.sohseikan.ac.jp/news/20130125.html

創成館高校は、長崎県諫早市にある私立高校です。 学科は「普通科」「デザイン科」があり、「普通科」では、3つのコースに分かれており「普通コース」、国公立大学や私立大学を目指す「特別進学コース」、さまざまな資格取得が可能な「ライセンスコース」があります。
偏差値は、38~42と平均よりやや低いと言えますね。
しかし、部活動においては、硬式野球部の実績が高く、春2回夏1回の甲子園出場経験があります。

野球の強豪校だということが分かりますね!

岡田健史は創成館高校野球部でどんな生活を送っていたのか?


画像引用元:https://realsound.jp/movie/2019/07/post-383307.html

岡田健史では、どんな学校生活を送っていたのでしょうか?

調査してみたところ、岡田健史は中学からモテていたそうで、卒業式では学生服のボタンが袖に付いているものまでなくなったと言います。ちなみに、岡田健史の父親も同じエピソードがあり、モテ家系だと言えますね。

岡田健史は、創成館高校を特待生として入学しており、3年間寮生活を送っていたそうです。まさに、文武両道だと言えますね!

学校生活は、野球漬けの3年間だったそうで「高校野球は毎日です。休みはなかったです。休みはお盆と年末年始にまとめてあるくらいで、それ以外は雨が降っても雪が降っても絶対に練習をやってました」と明かしていました。

岡田健史は創成館高校野球部でのポジションはどこ?レギュラーだったのか?


画像引用元:https://ananweb.jp/news/255426/

では、岡田健史のポジションはどこなのでしょうか?

ポジションは、キャッチャーだったそうです。
気になるレギュラーだったかについては、レギュラーではなかったようです。

強豪チームだったので、ポジション争いは厳しいかったのだと言えますね。

岡田健史の創成館高校在学中の野球部の成績は?甲子園への出場はした?


画像引用元:https://www.sanspo.com/geino/news/20200521/geo20052105000002-n1.html

岡田健史の気になる野球での成績はどういったものなのでしょうか?

  • 平成29年度長崎県高等学校1年生大会 優勝
  • NHK杯長崎県高等学校野球大会 優勝
  • 九州地区高校野球長崎県大会 優勝
  • 第97回全国高等学校野球選手権長崎大会 優勝

初めて「第99回全国野球選手権長崎大会」の3回戦で、キャッチャーとして先発出場し、4打数2安打という成績を残しました。
しかし、チームは残念ながら準々決勝で敗れてしまい、甲子園の夢は叶わず敗退をしてしまいました。

ちなみに、岡田健史の1学年下の川原陸は2018年のドラフト会議で、阪神タイガースから5位指名をされて、プロ入りを果たしています。


画像引用元:https://bb-news.jp/news/

プロ入りも果たす程の逸材が揃う、強豪チームで活躍をしていたことが分かりますね!

岡田健史のイケメンキャッチャーとして人気だった頃の写真が見たい!


画像引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64441?page=2

スポンサードリンク

地元でイケメンキャッチャーと話題を呼んでいた、高校時代の画像がこちらです。


画像引用元:https://bluesea0925.com/actor/3965/

確かに、イケメンですよね!
きっと高校でもモテていたと推測できますね。

岡田健史がプロ野球選手ではなく俳優になったきっかけが気になる!


画像引用元:https://realsound.jp/movie/2019/07/post-383307.html

岡田健史は、社会人野球へ進もうと思っていたそうですが、俳優へ進もうと思った理由は何だったのでしょうか?
岡田健史が俳優を目指すきっかけになった出来事について、切り込んでいきたいと思います。

岡田健史は中学1年生の時から芸能事務所にスカウトされ続けていた?


画像引用元:https://realsound.jp/movie/2018/12/post-290687.html

岡田健史は、実は中学1年生の冬に既に地元の福岡でスカウトをされていたのです。
しかし、当時は野球漬けの毎日だったや将来は社会人野球へ活躍したいと思っていたため、芸能界には興味を示さなかったとか。

岡田健史の所属事務所は「スウィートパワー」の中の男性俳優部署「スパイスパワー」で、同じ事務所には内山理名、桐谷美玲、黒木メイサなど比較的女性タレントが多く所属する芸能事務所です。

5年越しのスカウトが実ったと言えますね。

野球部を引退後、岡田健史は負い目から演劇部へ入部したとはどういう事?


画像引用元:https://www.cinemacafe.net/article/2019/09/26/63665.html

岡田健史は、高校3年生に野球部を引退してから、校長先生の勧めで演劇部へ入部します。

初めは演劇に対しては、前向きではなかったそうです。
しかし「特待生で入学をしたのに、甲子園へ行けず、学校へ結果を出せなかったという負い目があった」と明かしていました。


画像引用元:https://sohseikan.exblog.jp/25909101/

そのため、校長先生からの勧めということもあり、急遽助っ人として演劇部へ入部したのです。
この入部が岡田健史の人生の転機となるのですね!

岡田健史は『全国高等学校演劇大会』で優勝していた!?


画像引用元:https://twitter.com/okada_kenshi

初めての舞台は「髪を梳かす八月」というタイトルの舞台でした。

内容は、1945年8月9日10時過ぎの設定から物語は始まり、原爆が落とされた11時02分まで1時間もない状況下で、戦時中、苦労や困難が多い中でも、「ひと握りの幸せ」を大切にして生きる家族の物語です。

こちらが、その時の様子です。


画像引用元:https://sohseikan.exblog.jp/25909101/

岡田健史の役は、主人公の従兄弟で特攻隊に行くことを報告しに行くという役でした。

この作品で、演劇発表会長崎大会で見事に最優秀賞を受賞したのです!
また、審査員から名前を挙げら、演技について褒められたそうです。

野球だけではなく、演技の才能もあったのですね。

野球一筋だった岡田健史が俳優になろうと思ったきっかけは何?


画像引用元:https://kikigigi.net/2019/09/27/

この舞台で演じたことが、演じる楽しさを知り「感じたことがないほど気持ち良かった。野球から(演技に)気持ちが変わった」と言います。
その後、現在の事務所へ所属して、2018年10月にドラマ「中学聖日記」のオーディションを受けたそうです。

見事、有村架純を好きになる中学生・黒岩晶役に大抜擢されたのです。
大役ということで無名の新人に努めるのか?というネット上で意見もありましたが、岡田健史の初々しい演技は、多感な中学生そのもので、中学生・黒岩晶にハマり役となりました。

ふたりの景色

回を追う毎に、黒岩ファンが増えていき、無邪気な仕草かと思うと突然色気を漂わせ、視聴者の女性のハートを鷲掴みしていました。
個人的にも、これが俳優デビュー作品とは思えほどの存在感があり、岡田健史の色気に引き込まれてしまいました。

このドラマで「第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の助演男優賞「第28回TV LIFE年間ドラマ大賞」の新人賞を受賞し、俳優でしてブレイクを果たしたのです。

まとめ


画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/9f4bf41199fe8c522b1ac6e6674c3bb4deae63a7

大物新人として今最も注目をされている岡田健史は、野球の強豪校として知られている創成館高等学校へ特待生として入学をしました。

ポジションはキャッチャーで、地元ではイケメンキャッチャーとして話題を呼んでいました。将来は、社会人野球へ進むと思っていましたが、高校3年生の時に野球部を引退して、校長先生から演技部への入部を勧められ、人生が変わります。

「髪を梳かす八月」という作品で、演劇発表会長崎大会で見事に最優秀賞を受賞したのです。
このことがきっかけとなり、野球ではなく俳優として目標が変わったと言います。

2018年10月にドラマ「中学聖日記」のオーディションで見事、中学生・黒岩晶役に抜擢され、俳優デビューを果たしました。
今後も、俳優として活躍をする岡田健史の動向から目が離せませんね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.