岩崎恭子が離婚?オリンピックの明言とは?姉妹の現在の関係は?子供がかわいい?

Pocket

今回は弱冠14歳の中学2年生にしてオリンピック大会協議会で競泳史上最年少で金メダル獲得という大挙を成し遂げた岩崎恭子についてお伝えします。

岩崎恭子14歳でバルセロナオリンピック金奪取!記録や反響は?その時の名言が話題に!

岩崎恭子のオリンピックの記録

岩崎恭子は、1992年のバルセロナオリンピック、女子競泳200m平泳ぎで金メダルを獲得した金メダリストです。

それまで国際レースで名前が挙がることもなかった岩崎恭子の快挙には、「iwasakiって誰?」と、外国人選手の間でも話題となったといいます。

結果として、彗星のごとく現れたスターには、国内外から興味の視線が一挙に向けられるようになりました。

オリンピックで金メダルを取る迄は世界的にも全くマークされていなかった中学2年生の女の子がポッと出でいきなり世界の頂点に立ったというのですからその反響は凄いものでしょうね。

岩崎恭子は、オリンピック史上最年少で金メダルを獲得しただけではありません。200m平泳ぎでは、2分26秒65(2位との差は0秒20)というオリンピック新記録タイムも叩き出しています。

岩崎恭子本人は、日本記録を更新しようという目標を立てていただけで、メダルなど考えもしていませんでした。

それが、ゴールしてみれば、見事に1位で金メダル!日本記録はすでに予選で塗り替えていましたが、決勝では、オリンピック新まで出てしまうとは岩崎恭子本人はもちろんのこと、監督たちにとっても想定外で驚いたそうです。

スポンサードリンク

人はリラックスをしている状態が最も自らのパフォーマンスのベストに近い数値を出せると言われています。

この時の状況は本人は勿論周りも金メダル等全く期待しておらず、少しでも良い成績を出せたらいいかも。というぐらいにしか思っていなかった様です。

誰にも期待されていなかったという状況が余計なプレッシャーを感じさせず一番良いパフォーマンスを発揮出来た要因なのかも知れませんね。

岩崎恭子の明言が波紋を呼んだ事実

岩崎氏は弱冠14歳でバルセロナオリンピックに出場し、見事金メダルを獲得した。岩崎氏がメダル獲得後に発した「今まで生きてきた中で一番幸せです」との言葉は、いまや彼女の代名詞となっている。

ところが岩崎氏は、この言葉がもとでバッシングを浴びたこともあったそう。岩崎氏は当時「本当に素直に言った言葉」であったが、それがひとり歩きしてしまい「まだ14歳なのに…」などとメディアで叩かれたことを明かした。

特にテレビ番組のコメンテーターに言われたそうで、岩崎氏は「大人ってひどいな」と思ったとか。岩崎氏は何歳であろうとうれしいことはあると思い、当時「そういう大人だけにはならないようにしよう」と心に誓ったそうだ。

岩崎恭子の明言として波紋が広がったのは「今まで生きてきた中で一番幸せです」という発言ですね。

14歳の時分でしかも自分でも信じられない程の快挙を成し遂げた状況での発言ですから特に深い意味も無く心で思った事をそのまま素直に出てきた言葉でしょうからそこをどうこう言うのもどうかと思いますが・・。

まぁ、14年間しか生きてない子供が吐く発言ではない事としてマスコミの恰好のネタになったのは間違いないでしょうね。

岩崎恭子が離婚?旦那はどんな人?

岩崎恭子と旦那の出会い、馴れ初めは?二人の間に子供がいるの?

岩崎恭子は元ラグビー選手と結婚していますが、そもそもその相手はどこの誰?という疑問が湧いてきますのでまずはそのラグビー選手のプロフィールから紹介します。

元ラグビー選手斉藤祐也のプロフィール

元ラグビー選手だった斉藤祐也さんは神戸製鋼に所属し「ナンバー8」として活躍しました。

スポンサードリンク

185㎝の身長に100㎏と言うマッチョな体。そしてイケメンと、現役時代は女性ファンも多かったとか。

高校1年の時にラグビーを始め、大学は明治大学に通い、社会人ではサントリーで活躍しました。

その後はフランスに渡り1部リーグのコロミエに在籍した時期もあり、帰国後に神戸製鋼入りをしたのです。

2006年に現役引退を表明しますが、2007年には現役復帰し「超人」ぶりを発揮しました。

斉藤祐也は学生時代からラグビーの実力派選手として鳴らして社会人選手として活躍し更に海外リーグで実力をつけ鳴り物入りで社会人ラグビー聖域と言われる神戸製鋼に入ったというラグビー界の超エリートという訳ですね。

岩崎恭子と斉藤祐也の出会い

斉藤祐也と岩崎恭子にどんな出会いがあったのでしょうか。

実は2人の出会いは「共通の友人の紹介」なんだとか。

出会った時は岩崎恭子が27歳、斉藤祐也は28歳でした。

熱愛関係になってしばらくしてお互い結婚を意識するようになったそうです。

この二人の出会いはよくある「共通の知人の紹介」という事ですね。
お互いにスポーツのエリートコースを歩いてきた同士ですから話や価値観等も合ったのではないでしょうか。

20代後半というお互い適齢期に出会ったのも結婚するのにちょうど良いタイミングだったのかも知れないですね。

岩崎恭子と斉藤祐也の離婚説について

岩崎恭子さんは2009年に、元ラグビー日本代表の斉藤祐也さんと結婚し、2011年に第一子となる女児を出産しています。

そんな子供にも恵まれ、幸せいっぱいの岩崎恭子さんですが、なぜか「離婚」の話題が出てきています。

しかし、全く離婚について根拠がなく、結果から申しますと現在、岩崎恭子さんは離婚されていませんし、危機でもありません。

なんとなく雰囲気や想像で、噂を勝手に拡散しているのかも知れません。

岩崎恭子さんの離婚に関しては、全く根拠のない噂です。

岩崎恭子に離婚の噂が流れていた様ですが、全くのデマ様ですね。

どこの誰がそんな噂を流しているのか分かりませんが、スポーツ選手同士の結婚は芸能人のそれとは違って比較的に長く続いてますのでこの二人に関してはこれからも離婚というのはあまり考えられないのではないでしょうか。

また、現在の岩崎恭子は子育て奮闘中との事で子供も小学生の様で子供に水泳をやらせるかどうかについては子供の自主性に任せるようですね。

夫婦でスポーツの一流選手ですから水泳やラグビーでないにしてもスポーツで有名になる素養は十分あるでしょうね。
二人の子供の将来が気になるところです。

岩崎恭子と姉との関係

岩崎恭子さんの姉はのんびり屋ですが、勉強も出来て、100m平泳ぎと200m平泳ぎでインターハイ2冠を獲得している水泳の天才でした。

そのため、当初は岩崎恭子さんは天才の姉に憧れて、同じことをやりたいと水泳を始めたのでした。そんな当時の家庭は父親は白血病にかかって入院したりと大変でしたが、母親の「平等に育てたい」という思いから姉妹両方にスイミングスクールに通わせていました。

そんな母親の思いに答えて岩崎恭子さんも頭角を現し、バルセロナ五輪代表の座を姉妹で争うことになりました。結果は、岩崎恭子さんの勝利で五輪代表の座を手に入れ、金メダリストとなったのです。

姉の敬子さんは妹の恭子と姉妹とはいえオリンピック代表をかけたライバルの様な存在だったという事ですから自分がオリンピックに出場出来ず妹だけが出場出来たという状況は姉としては喜べてもライバルとしては複雑な心境だったのでしょうね。

しかも、その妹の恭子が金メダル獲得という快挙を成し遂げ自分自身のところへも史上最年少の金メダリストの姉としてマスコミが騒ぎ立てたという事ですから本当に素直に喜んでいいのかどうか分からない状況ですねよ。

これが原因で姉妹二人の間に確執があったのかどうかは分かりませんが、姉妹二人の人生を変えてしまった事は間違いない様です。

今後もスポーツのコメンテーターとしても水泳の指導者としても一人の親としても活躍して欲しいですね。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.