りゅうちぇるの子供(リンク)の名前の由来は?顔写真非公開の意外な理由がヤバい!

Pocket


画像引用元:https://nensyu.site/archives/2941

ジェンダーレス男子の火付け役となったモデルでタレントと言えば、りゅうちぇるを挙げることができます。
若者から絶大な人気を誇る次世代タレントとしても注目をされています。

そんな、りゅうちぇるには2018年7月11日に第一子となる長男が誕生しています。
息子の名前がキラキラネームだとネット上で話題を呼んでいました。また、名前の由来はどういった意味があるのでしょうか。
気になる顔写真についても切り込んでいきたいと思います。

というわけで、りゅうちぇるの息子についてあれこれ調査してみました。

りゅうちぇるの子供の名前「リンク」の由来は?


画像引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0108048

まず初めに、りゅうちぇるのプロフィールを簡単にご紹介します。

りゅうちぇるの生年月日は、1995年9月29日で年齢は(2019年現在)24歳です。
出身は、沖縄県で本名は、比嘉龍二と言います。
身長は172㎝、体重は56㎏です。
兄弟は5人兄弟の末っ子で、姉にはシンガーソングライターの比花知春を持ちます。
祖父がスペイン系アメリカ人でりゅうちぇるは、クォーターなんですね。

りゅうちぇるが芸能界に入るきっかけになったのは、原宿にある古着屋「SUPER WEGO」に勤務しながらモデルとして活動していたことでした。
ネット上で「ジェンダーレス男子」として注目を集めるようになり、2015年9月にバラエティー番組「行列のできる法律相談所」に妻のぺこと出演して一躍有名になりました。

2016年12月28日にぺこと結婚をして、2018年7月11日に第一子となる長男が誕生しました。
現在では、アーティストとしても活動をしており2018年2月にはデビューシングルとなる「Hands up!! If you’re Awesome」をリリースしています。

そんな、りゅうちぇるの息子の名前が「リンク」と言い、ネット上で話題を呼んでいました。
変わった名前ですが、りゅうちぇるがリンクという名前に込めた思いとは、どういったものなのでしょうか?
また、世間の声はどういったものが挙がっているのでしょうか?

スポンサードリンク

詳しく深堀していきたいと思います。

「リンク」という名前に世間の声は?


画像引用元:http://starray-p.com/artist/ryucheru

世間では、「リンク」という名前に対してさまざま意見が挙がっていました。

https://twitter.com/poron_ol/status/986849423270359041

2019年の男の子の人気名前の1位は、「蓮(れん)」で蓮(はす)がしっかりと根を張る植物であることから力強さを感じさせ、また、短く呼びやすいことも人気の理由だそうです。
令和になったこともあり、「令」や「和」が急上昇をしました。

ちなみにリンクが生まれた2018年の1位も「蓮」だったのです。
リンクは上位100位には入っていませんでした。

リンクとい名前は、個性的な名前と言えますね。

りゅうちぇるが子供の名前に込めた思いとは?


画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Narinari_20190619_55071/

りゅうちぇるが息子に付けた「リンク」という名前にはどのような思いが込められているのでしょうか?

名前の由来については「ミュージカル映画『ヘアスプレー』の役名からとった」そうで「リンクっていう男の子は人の中身を見て人を愛せる子。そういう人になってほしい」と名前に込めた思いを明かしました。


画像引用元:https://netflix-fan.jp/hairspray/

ネット上では、「キラキラネームだ」や「おままごとじゃないんだよ」などとバッシングを浴びることもあると明かした上で「キラキラと言われても、リンクの中身を見て友達になって、愛してくれる子が現れるようにリンクを育てたい」と語り、自分自身の意思を主張しました。

自分の子どもに適当に名前を付ける親はいないですからね。りゅうちぇるの息子に対する深い愛情が伝わります。

「リンク」はどんな漢字を書くの?


画像引用元:https://thetv.jp/news/detail/167489/

リンクという名前ですが、漢字では何と書くのでしょうか?

スポンサードリンク

調べてみましたが、漢字かカタカナかは、不明でした。
息子が書いた手紙には、「リンク」とカタカナで書いてありました。

https://www.instagram.com/p/ByxQF1GD9TP/?utm_source=ig_embed

過去にバラエティー番組「ウチのガヤがすみません」にゲスト出演した際に、リンクの漢字を提案されたことがありました。
「厘功」という漢字には「元気で明るくチャーミング」「芸能界にも向いている」「モテる」という3つの意味が込められているそうです。

この漢字を聞いたりゅうちぇるは「絶対カタカナだと思っていたけど、漢字もいいかも」と語っていました。

本名の比嘉と合わせると、「比嘉厘功」となりカッコいいですよね。

りゅうちぇるの子供の顔写真非公開の理由がヤバい!


画像引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Narinari_20190619_55071/

気になる息子の顔写真は公開されているのでしょうか?

残念ながら、息子の顔は公開はされていませんでした。非公開にしている理由について「みんながリンクの誕生を楽しみにしてくれていたから、やっぱり僕も感謝の気持ちを込めて顔を見せたいなと思ったんですけど、やっぱりリンクの自分の人生は、自分で決めてほしいので、大人になったときに、すでにみんなに顔が知られているというのはちょっと可哀想かなと思って」と明かしています。

りゅうちぇるの家族はみんな眉毛が濃いのですが、ぺこに似て眉毛は薄いと語っていました。
ちなみに、こちらがりゅうちぇるの学生時代の画像です。


画像引用元:https://kyun2-girls.com/archives/479

かなりイケメンですよね。リンクも将来、こんな感じに成長するのでしょうか。
将来、芸能界入りを果たして親子共演をするのが楽しみですね。

りゅうちぇるが子供の名前を身体に彫ったその想いが熱い?


画像引用元:http://starray-p.com/artist/ryucheru

りゅうちぇるは、ぺことリンクの名前が入ったタトゥーを自身のSNSで公開して、一時的に炎上する事態が発生しました。

こちらが、問題のタトゥーの画像です。


画像引用元:https://togetter.com/li/1259140


画像引用元:https://culture.pink/japanese-famous-person-tattoo/

この画像を公開したことで、批判が殺到しました。りゅうちぇるはこのことに対して「こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と考えを語りました。

また、家族で温泉やプールに行けないという意見については「芸能人であるから、もともとプールや銭湯には行かないし、今後もいくことはない」と明かしていました。

ぺことリンクの名前を彫った理由については「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」と明かし、りゅうちぇるの父親もりゅうちぇるが生まれた時に背中に龍のタトゥーを入れたそうです。

りゅうちぇるのタトゥーに対して世間の反応は?


画像引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0108048

ネット上では、りゅうちぇるのタトゥーについて賛否両論が挙がっていました。

https://twitter.com/paaaaaaaalmuu17/status/1036200884160458753

https://twitter.com/Miha_Team/status/1034341784149585920

欧米では、オシャレタトゥーは一般的ですが、日本ではまだまだ浸透がしていないという現状もあります。
一生消えないからこそ、覚悟がいるし、責任や入れた意味があると言えます。それを全て自覚した上で、タトゥー入れたりゅうちぇるはカッコいいと思いますね。

まとめ


画像引用元:https://nensyu.site/archives/2941

モデル、タレントとして活動しているりゅうちぇるは、2018年7月11日に第一子となる長男が誕生しました。
名前が「リンク」と言い、由来としてはミュージカル映画「ヘアスプレー」のキャラクターから取ったと明かしていました。漢字や顔写真に関しては公開はされておらず、情報がありませんでした。

また、ぺことリンクの名前のタトゥーを両肩に入れたことに関しては「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう」と3年前から思っていたそうです。
ネット上ではタトゥーを入れたことについて、賛否両論が挙がっていました。

今後も、若者のカリスマ的存在であるりゅうちぇるの動向から目が離せませんね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.