西城秀樹の姉の現在は?ステーキハウスを経営?イケメンの息子は?画像有り?

Pocket


西城秀樹(本名:木本龍雄) 生年月日:1955年4月13日 出身:広島県 血液型:AB型 ヒット曲:「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」「ヒデキ、感激」(CM)他にも数多くのヒット曲を出しています。

お兄さんとジャズ喫茶で演奏をしている頃にスカウトされ芸能界デビューをしています。お父さんがなかなか厳しい人だった様で、芸能界の道へ進む事を反対されたそうです。

それでも、自分で芸能界に入ることを決め上京しています。その後、新御三家として郷ひろみや野口五郎と共にトップアイドルとして注目され始め、デビューし活躍する姿を実際に見て、お姉さんの口添えもあって、お父さんも許し、応援してくれる存在に変わりました。

その後、様々な場面で活躍をし、一般女性と結婚をします。すべてが順風満帆の様に思えたのですが2003年、2011年に2度の脳梗塞で闘病生活を余儀なくされていますが、リハビリを続け、後遺症が残る中でも再度ステージ復帰を果たします。

ただこの闘病生活の裏にはかなりの苦労があったようです。西城秀樹、本人はステージに復帰するまでになりましたが、後遺症が残って、1年から2年の間は軽いうつ病にかかり「このまま、息が止まればいいなと思った」とコメントをしています。

壮絶な人生を歩んできた西城秀樹です。その西城秀樹について調べてみました。

西城秀樹の姉の現在について。画像有り?

色々と探してみましたが現在の情報や画像は見当たりませんでした。ただし西城秀樹と30年来の親交がある歌手の前川清が「お姉さんのお店で食べているよ」と連絡したことがあると答えています。

西城秀樹の姉はステーキハウス(焼肉屋)を切り盛りする経営者?

ファンの方の情報で「瀬里奈」住所:大阪市中央区島之内2-11-20で店をやられているようです。ネットで調べると出てきます。

これ以上の情報は見つかりませんでした。前川清の言う「お姉さんのお店で食べているよ」と言ったのがこの店かどうかは分かりません。

西城秀樹の姉の息子の今!イケメン画像有り?

宅見勝の愛人であった木本恵美子さんの間には1979年男の子が生まれました。この子供というのが、現在ミュージシャン・作曲家・編曲家として活動している宅見将典さんという方です。3ピース・ロックバンドSirenでデビューするも2003年から作曲家、プロヂューサー活動が中心となります。

西城秀樹の姉が山口組宅見勝の愛人だった?出会いは北新地のクラブか?

スポンサードリンク

西城秀樹のお姉さんである木本恵美子さんは、もともと「宅見勝」という人の愛人でした。婚姻関係を結んでいたわけではなく「愛人関係」を築いていた姉の恵美子さんです。

スポンサードリンク

宅見勝(たくみまさる 兵庫県神戸市出身 1936年生まれ)は指定暴力団・山口組若頭です。バブル期を通して金融や不動産などのフロント企業を使い蓄財した2000億円ともいわれる豊富な資金を背景に、渡辺芳則を首領に据えた五代目山口組発足立役者として関与しました。

山口組のナンバー2にあたる若頭として3万6000名を擁する山口組の事実上の仕切り役として活動し山口組の金庫番と呼ばれた。宅見勝という人物は山口組直三になる以前、福井組の最高幹部を務めていたころに、当時、大阪市南区玉置町にあったクラブ「朱雀」にてホステスとして働いていた木本恵美子さんが愛人となっています。

週刊文春が報じた西城秀樹の姉の衝撃の真実とは!?特ダネ画像有り!?

週刊文春に「西城秀樹と姐さん」というタイトルで、西城秀樹の姉のことが詳細に報じられていました。姉の名は恵美子といい、ほとんど公に語られることはありませんでした。

そして去年5月に亡くなった西城秀樹の墓の隣には「俗名 宅見勝」の墓石が立っているといいます。西城秀樹の墓石の背には木本龍雄(西城秀樹の本名)の文字があり、実父の三郎と実母の靖子が共に眠り、健在である長兄の龍一郎の名も赤文字で刻まれています。

そして、左側に「宅見家」の墓碑があり、墓石の後ろには「宅見恵美子建之」と記されている。恵美子さんは西城秀樹の芸能界入りに反対していた両親をも説得しました。

恵美子さんは大阪ミナミの宅見ママとして周囲から親しみを込めて呼ばれる大物組長の姐さんになりました。逸話には事欠きませんが、たくみ恵美子は光り輝く弟を影から支えてきました。

大物ヤクザの娼婦ゆえに、西城秀樹を守ろうと、芸能界の闇をその身で背負ってきたのだと思います。

西城秀樹の姉と鈴木杏樹との意外過ぎる関係とは!?

なぜ、西城秀樹と検索すると鈴木杏樹という名前がヒットするのでしょう。木本恵美子さんには将典さんの他に娘もいたというのです。

それが鈴木杏樹という噂も、でも年齢が合わないのでこれはデマのようです。木本絵里子さんではなく正妻の子という説もなくもないのですが。

鈴木杏樹の出身地は宅見組の本部がある大阪府です。そもそも鈴木杏樹は生い立ちをはっきりと公表していないから、なおさら怪しまれる傾向があると思います。

もう1つの噂は鈴木杏樹も愛人だったというものです。宅見勝が射殺されて半年後に鈴木杏樹は医師と結婚しています。

西城秀樹の通夜、告別式が2018年5月25,26日に行われました。参列者の名前一覧に鈴木杏樹の名前がありました。

やはり噂はかぎりなくクロではないかと感じます。鈴木杏樹はミュージックフェアの司会をやっていましたから、その繋がりと考えるのもありかもしれません。

でもそれだけで葬儀に参列するだろうか?と西城秀樹も鈴木杏樹も山口組の人と噂があるので全く関係ないとはいえないですから。

まとめ

西城秀樹の葬儀の出棺前に西城秀樹の妻・美紀さんが大勢のファンが詰めかける前で「先月25日まで、50周年を目指し、ハードなリハビリに取り組むことが出来ましたのも、ファンの皆様、関係者の皆様のおかげだと、心より感謝申し上げます。ファンの皆様からのお手紙には、秀樹さんはもちろん、家族一同助けられて参りました。どうか秀樹さんを忘れないでいて下さ」と挨拶しました。

これからも西城秀樹の伝説は語り継がれていくものと思います。
お読み下さり有難うございました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.