櫻井翔の父親・櫻井俊が凄すぎる!政財界の超大物と評される実態に迫る!

Pocket

「櫻井翔」さんといえば、歌手・俳優・司会者・ニュースキャスターとして多方面でも活躍されており、アイドルグループ『嵐』のメンバーの一人です。
日本のみならず海外でも知名度は抜群で、世界で活躍している日本のアイドルグループの一人です。

そんな世界で活躍されている「櫻井翔」さんですが、実は父親もかなりの有名人であるということが分かっています。
今回はそんな「櫻井翔」さんの、父親について調べてみました。

【ページコンテンツ】

櫻井翔の父親・櫻井俊の政財界の超大物!その人物像がエグイ!!

男性アイドルグループ『嵐』のラッパー担当として有名な櫻井翔さん。

2018年に放映された「第69回NHK紅白歌合戦」では、白組の司会者として登場しています。また、映画俳優としても、多数の映画に出演しているのかと思えば、日本テレビの報道番組『news zero(ニュースゼロ)』で月曜日のニュースキャスターを務めています。

文字通りのマルチタレントぶりですね。

色々なジャンルでその才能を発揮している櫻井翔さんですが、櫻井翔さんの父親について調べていると、色々なことがわかってきました。

桜井一族ともいうべき人たちは、どういう人たちだったのか。

櫻井翔さんがアイドルになろうとしたときに、親戚一同の反応はどうだったのか。

スポンサードリンク

父親は、いったいどういう人だったのか。

櫻井翔さんの家族とは、どういう人たちなのでしょうか?

まずは、櫻井俊さんに焦点を当ててみていきましょう。

櫻井俊の現在は電通の取締役に就任?天下りとは?

電通とは、いったいどういう会社なのでしょうか。

「天下り」と評されていますが、そもそも「天下り」とはどういうことなのでしょうか。

「天下り」と報じられましたが、世間一般の反応はどのようなものだったのでしょうか。

電通の副社長に就任すると、どのくらいの年収になるのでしょうか?

電通とはどんな会社なの?天下りとは何?

電通という会社は、広告代理店の大手企業になります。

テレビなどのマスメディアに、広告を出すことができる会社ですね。

例えば、新商品を開発した会社があったとします。

この商品を、売って会社の利益を出すには、まずはみんなに、その商品を知ってもらう必要がありますね。

商品の存在自体を、みんなが知らなければ、買うことができませんよね。

広告を出した時に、一番効果が高いと言われているのが「テレビなどのマスメディア」です。

マスメディアに広告を出せれば、その商品はみんなに知れることとなり、売り上げが上がる可能性が非常に高くなる訳です。

電通は、マスメディアに対して、強力なパイプを持っていると言われています。

また、どのタレントを、どの広告に対してキャスティングするかという、「キャスティング力」も、電通は強力とのこと。

例えば、2020年に開催さる予定の「東京オリンピック」自体の広告営業を電通が全部取り仕切っていると言われています。

その電通(正確には、持ち株会社・電通グループ)に、今回、日本という国の権力が集中している政界に居た櫻井俊さんが、副社長として就任したわけです。

次に、天下りについて話しましょう。

天下りとは、政界に居た官僚や政治家が、政界を辞めた後、特定の会社の重役ポストに就任することです。

政界は、日本という国の権力が集中するところですので、会社の社長がどのような考え方を持ってるかなど、あらゆる情報を入手することができます。

また、部外者として会社を見ているため、その会社を含め、ライバル会社も冷静に分析することができます。

いかがでしょうか、日本という国の、権力が集中していた政界にコネがあり、一歩引いた立場から、いろんな会社を見てきた人物が、自分の会社の味方になってくれたとしたら?

当然、受け入れる会社側としても、そういう人物に、重役ポストに入ってもらうことで、

「会社の改革の断行」や「業績を伸ばす」事がやりやすくなりますよね。

あなたが、電通のライバル会社の社長だったとして、電通に官僚が天下りしたということを知ったとしたら、「ヤバイよ、それ…」と、本音の部分で思うのではないでしょうか。

【豆知識】

天下りの語源は、古事記にあります。

神様の居る天上世界で、問題を起こしたスサノオ命が、天上界を追放されて、地上に降りてきます。

スサノオ命は地上でみんなを苦しめていた「ヤマタノオロチ」という怪物を退治して、出雲という国を統治します。

天から下ってきて、地上の王になるというところから、「天下り」という言葉が生まれたのです。

櫻井翔の父親の天下りに対する世間の反応は?

総務省事務次官を辞任した後、三井住友信託銀行顧問になった時は、「天下り」と評されていたこともありました。

その後、5つほどの団体の重役ポストに入っており、電通の副社長になったのは5つ目になります。政界にコネを持っているという意味では、天下りと言えなくもありませんが、他の4つを歴任した後なので「『天下り』とは言えないのでは?」という意見も上がっています。

ここらあたりの判断は、むつかしいところですね。

櫻井俊の電通副社長就任に対しては『優越的地位の濫用』との批判も有り!

電通は、広告代理店として圧倒的な力を持っており、他社の追随を許さない状況なようです。

その電通に、官僚が天下りして、副社長に就任することにより、圧倒的優位性が盤石のものになるのではないかという、不安要素が残っています。

また、別の角度から見ると、広告に使うタレントのキャスティング力に優れている電通に、櫻井翔さんの父である櫻井俊さんがいれば、嵐や櫻井翔さんを優先的に使う可能性も否定できなくなります。

「名実ともに、人気No.1だから起用した」と言われれば、否定することはむつかしくなってしまいますね。

それにより、他の芸能事務所などが、自分のところのタレントを使ってもらえないという不利益を被る可能性もあるわけですね。

櫻井俊の父親の年収は一体いくら位なの?

電通(電通グループ)の副社長に就任した櫻井俊さん。

どのくらいの年収があるのでしょうか?

電通グループの社長の年収が、4億円と言われています。

そこから推測すると、副社長である櫻井俊さんの年収は、1億くらいではないかといわれています。

年収でこんなにもらえるなんて、スポーツ選手なみですよね。

櫻井俊の経歴がヤバい!

電通の副社長に就任した櫻井俊さんですが、それまでは、一体何をしていた方なのでしょうか。

学歴や、職歴はどのようなものなのか。
また、電通の副社長になる前に、自由民主党から、ある依頼が正式に届いたということなのですが、一体何の依頼だったのでしょうか。

次は、そこに焦点を絞ってみたいと思います。

櫻井俊は官僚で、総務事務次官だった!

2015年7月31日に、櫻井翔さんの父、櫻井俊さんは総務省事務次官に任命されました。
総務事務次官とは、官僚のトップです。

いわゆる公務員のトップにまで上り詰めたということですね。

総務事務次官に就任後、櫻井俊さんは「スマホ料金の値下げ」の方針を総務省から出します。
ガラケー(携帯電話)の月額料金が1,600円なのに対し、スマホの月額料金は7,000円。
景気が回復の方向に向かっているとはいえ、月々7,000円を支払うということが、国民の負担になっているという判断なのでしょう。

当時は、2014年の4月1日より、消費税が8%に引き上げられてしまった時ですね。消費税の増税による国民の不満を、少しでも緩和させたいという意図もあったのかもしれません。

この政策の評価は、有識者の中では高いらしく、指示を出したのが櫻井俊さんであることから、櫻井俊さんの評価も上がったと言われています。

総務事務次官の退官後は各種団体の役員を歴任?

櫻井俊さんは、総務事務次官を辞任後、各種団体の役員を歴任しています。以下に列挙してみますね。

・三井住友信託銀行顧問
・一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長
・毎日新聞社毎日ユニバーサル委員会委員
・群馬大学医学部附属病院長候補者選考会議委員
・電通の執行役員(全社基盤統括補佐)

これだけの事ができるというだけでも、すごいことですね。

櫻井俊は都知事選出馬の候補にあがっていた!出馬しなかった理由とは?

2016年6月17日をもって、櫻井俊さんは、通例に従い総務省事務次官を辞任します。
総務省事務次官は、1年経ち、何事も起こっていなければ辞任するのが通例とのこと。
問題を起こしたから辞任したわけではなく、通例に従い辞任したということですね。

辞任後、「東京都知事に立候補してほしい」という打診が、自由民主党から櫻井修さんに来ますが、本人は、以下のような発言をして、断っています。

自分のことは、自分が一番よくわかっておりまして。わたしは、情報通信行政をやってきただけの人間ですので、とても、そのような役を果たせるだけの器ではないというふうに思っております」

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2016/06/15/sakurai-denied-himself-will-run-in-the-election_n_10475574.html

自由民主党内部から、「都知事になってほしい」と依頼を受けるほど、櫻井俊さんは有能な人であったということですね。

もしも、櫻井俊さんが、都知事になっていたとしたら、東京都はどのように変わっていたのか、ちょっと、興味がありますね。

櫻井翔の父親の学歴がエリート過ぎる!

櫻井俊さんは、群馬県立前橋高等学校を卒業しています。
この前橋高校を卒業した人は、東大、京大をはじめとする旧帝大や、国公立大医学部への進学する人が多いという、群馬県内でも1、2位を争うほどの名門校とのことです。

前橋高校を卒業した後は、東京大学法学部2類に進みます。

東大の法学部に合格するなんて、すごいですね。

スポンサードリンク

櫻井翔の父親の若い頃は?

「櫻井俊」さんの母校である『前橋高等学校』の同級生の話によると、長身長髪で男性にも女性にもモテる、男気があって頼れる人物だったとのことです。
画像は「櫻井俊」さんの若い頃の写真です。
息子の『櫻井翔』さんと、かなり似ていると思いませんか?

現在の「櫻井翔」さん同様、かなりモテたのではないかと想像できますよね。
『東京大学』卒で官僚として働き、お金も持っている。
まさに才色兼備ですね。

若い頃の櫻井俊の画像と現在の櫻井翔を比較検証してみた!

若いころの写真は、どことなく櫻井翔さんに似てますね。

ということは、櫻井翔さんは、年齢を重ねるにつれて、今の櫻井俊さんに似てくるのでしょうか?見てみたいような、見たくないような、複雑な気持ちになりますね。

櫻井翔の父親・櫻井俊を育てた母親って教育ママだったの?どんな子供時代を送ってきたのか?

櫻井俊さんの父は、群馬県の地元紙である「上毛新聞」の幹部だったようです。
人柄は、「謙虚で素晴らしい人だった」とのこと。
家の中では、仕事の話は一切しなかったといいます。
また、子供たちにも「勉強しろ」とは言わなかったようです。
勉強を押し付けるような人ではなかったようですね。

ただ、櫻井俊さんが中学1年になったときに、英語だけは教えていたそうです。
「将来のために、英語を身に着けたほうがいい」と思っていたようです。

では、櫻井俊さんの母は教育ママだったのでしょうか?
東大に入っている櫻井俊さんですが、母もまた、勉強しろとは言わなかったといいます。
教育方針も特にないとのことです。
櫻井俊さんの母は、「本人が勝手に勉強した」と言っているようです。

父も母も、櫻井俊さんを含め、子供たちを自由にさせていたようですね。
にもかかわらず、東大に行けるなんて、才能があったのでしょうか、それとも、本人の努力なんでしょうか。どちらにしても、すごいことですね。

実は父だけじゃない!櫻井一家の華麗なる一族の内容とは?

櫻井俊さんは、官僚のトップにまで上り詰めた方で、息子さんの櫻井翔さんは、マルチタレントぶりを発揮している方となると、気になるのは、「家族の人たちって、何をしている人なの?」という疑問がわいてきませんか?

次は、櫻井一家の事について、詳しく見ていきましょう。

櫻井翔の母親・櫻井洋子は大学教授

櫻井翔の母親・櫻井洋子は大学教授という噂が流れていますが、これは、櫻井陽子さんという別人の情報と混同されているようです。

櫻井翔さんの母の櫻井洋子さんは、地元の群馬県の名門高校を卒業後、都内の女子大に入ります。
大学卒業後は、卒業した大学に残り、大学の職員になったようです。

あくまでも職員であり、教授ではないんですね。
そんな櫻井洋子さんですが、大学の職員として働き続けながら、3人の子供たちを育て上げました。

そんな母の事を櫻井翔さんはとても好きなようで、嵐の冠番組「VS嵐」の中で、頻繁に母の事について語っているようです。

母と息子で仲がいいのは、珍しいですね。

櫻井翔の妹・櫻井舞は日テレ勤務でリポーター?

出典:http://www.officiallyjd.com

櫻井翔さんの妹である、櫻井舞さんは4歳年下とのこと。

東京都世田谷区にある、成城幼稚園に入り、成城学園初等部から、成城学園中等部、成城学園高等部へ進み、成城大学を卒業します。その後、日本テレビに入社したようです。

日本テレビでは、ニュース番組のADや、リポーターをしていたようです。リポーター時代は、テレビに顔を出していたこともあるとか。その後、司法記者クラブに異動になり、東京地検特捜部と国税庁を担当していたといいます。

2016年に大学時代の同級生の男性と、結婚しているようですね。
櫻井舞さんも、旦那さんも一般人なので、普通は報道されないはずですが、日刊ゲンダイが情報をすっぱ抜いてしまったようです。

櫻井舞さんが結婚してから、ずいぶん経っていますから、お子さんが生まれている可能性もあるかと思います。そうすると、櫻井翔さんは、もう「叔父さん」になっているのかもしれませんね。

櫻井翔の弟・櫻井修はエリート街道まっしぐら?

櫻井翔さんの弟は、13歳年下で櫻井修(さくらいしゅう)さんと言います。

櫻井翔さんと同じ、慶応義塾幼稚舎に入り、慶応義塾大学を卒業しています。
大学卒業後は、電通に入社しています。

また、櫻井修さんが大学生の時に、中学時代から続けていたラグビーの試合を、マスコミに報道されてしまいます。
「一般人なのに、マスコミに報道されて、うらやましいなぁ」と思ったりしていないでしょうか?

では、そこら辺を詳しく見ていきましょう。

櫻井翔を兄に持つ一般人・櫻井修の苦悩とは?

兄の櫻井翔さんは、国民的アイドルなのですが、13歳年下の櫻井修さんは一般人です。

中学時代から続けていたのはラグビーで、慶応大学に入学してもやはりラグビーは続けたようですね。

兄の櫻井翔さんが、ラグビー場に行き、弟の応援をしてのですが、マスコミがそれに気づいてしまい、報道されるようになってしまいます。

ジャニーズ事務所が、櫻井修さんが報道されていることに気づき、一般人の報道はしないようにという要請を出します。
その後、報道されることはなくなったようですが、いきなり注目を集めてしまったことで、櫻井修さんの胸中はどのようだったのでしょうか。

桜井修さんの人柄は、大人しく控えめとのこと。
ラグビーでは、スクラムハーフという司令塔の役割をしています。

何かズバ抜けたものを持っているわけではないけれど、コンスタントに力を発揮する選手のようです。

控えめな櫻井修さんは、マスコミの質問に対し、次のように答えたそうです。
「兄は兄、僕は僕です!」

心中を察して、余りある言葉ですね。

華麗なる櫻井一族に対しての世間の反応は?

父である櫻井俊さんは、総務事務次官を辞任後、三井住友信託銀行顧問になったときに「天下り」と評されたことがありましたが、その後、各種団体を歴任することで、「天下り」ではなく、組織改革に着手していたということのようです。電通の副社長になったときも、「見事なキャスティング」という評価もあったほどです。

母の櫻井洋子さんは、大学職員を続けながら、3人の子供を立派に育てるという偉業を成し遂げています。

櫻井翔さんに関しては、アイドルグループ「嵐」の後、ニュースキャスターになり、オリンピックでもキャスターを務めるほど。海外からの評価も高いといいます。
芸能人なので、アンチが一定するいるのは仕方ないところでしょうか。

妹の桜井舞さんにも、弟の櫻井修さんにも、批判の声はあまりなく、むしろ応援するようなリツイートが目立っていたようです。

概ね世間の反応はいいようですね。

櫻井翔は櫻井一家と10年にも及ぶ壮絶な確執があった?現在の関係は?

今では、櫻井翔さんの活動を応援し、ご自身でもコンサートに行っていたり、カラオケで嵐の歌を歌ったりという熱烈な応援ぶりですが、最初は全然違ったといいます。

櫻井翔さんが、慶応義塾普通科2年になり、嵐の活動を始めた時、櫻井一族が猛反対したとのこと。お父さんの俊さんは激しく怒ったそうです。

官僚は出世が第一目標で、もしもスキャンダルになってしまった場合、その足を引っ張られるということは深刻な問題というのもあったのかもしれませんね。

ただ、「お父さん」としての心配事は、「アイドルグループとして、ちゃんと生活が成り立つのか、ちゃんと食べていけるのか」という部分だったようです。
櫻井翔さんが「嵐」としてデビューした後も、お父さんの俊さんは、息子の翔さんに対し「いつ辞めるんだ?」と言うほどだったそうです。

櫻井翔さんが「嵐」としてデビューしてから数年後、翔さんはお父さんである俊さんに、こう言ったそうです。
「週末に一人でコンサートやるから、来てくれないか」
それがきっかけでお父さんの俊さんは、翔さんのコンサートに行くようになったようです。

ジャニーズ事務所の設立者である、ジャニー喜多川さんは、アイドルを育てるときに、
「1秒だって飽きさせることは許されない」
「見に来てくれた人が、1秒でも退屈だと感じたら、全額お金を返すつもりでやれ」
ということを徹底していたといいます。毎日のジャニーズの稽古の中で、それを目標にしてやってきた櫻井翔さんのコンサートは、本当に素晴らしいものだったのでしょう。

また、お父さんの俊さんの心配の種であった「アイドルは食べていけるのか」の部分の話ですが、
「嵐」がCDデビューして数年後、櫻井翔さんの年収が、お父さんの俊さんの年収をはるかに超えていることを知ります。人間の成長の証を示す一つが収入という考え方を持っていたお父さんの俊さんにとって、もはや反対する理由がなくなったということのようです。

2018年の2月に行われた平昌五輪のキャスターに抜擢された櫻井翔さん。
お父さんの俊さんは、今、電通の執行役員として就任しており、次期オリンピックの時には、翔さんが、再び、キャスターとして登場する可能性も見えてきますね。
そうなった時、その姿を見て、お父さんの櫻井俊さんは、嬉しそうな笑顔で見守ることでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

政界の総務事務次官という大役をこなし、その後、数々の団体の役職を歴任するほどの才能と能力に恵まれた櫻井俊さん。
消費税を8%に引き上げたため、安倍政権の風当たりが強くなる流れを、スマホ料金の値下げ政策を発表することで、見事に変えることに成功。知略に優れている面を見せてくれました。

その反面、アイドルの道を進もうとしていた櫻井翔さんに対して、激烈に怒り、猛反対をし、10年にわたって対立し続けました。
ですが、櫻井翔さんとの和解後は、会社の飲み会で「嵐」の歌をカラオケで歌いまくったり、「嵐」のコンサートに度々足を運んだりという子煩悩な面も見せてくれました。

「子の事を思わない親はいない」といいますが、芸能活動を続ける櫻井翔さんのタフネスさは、お父さんの心からの応援、また、櫻井一族の応援にあるのかもしれませんね。

櫻井一族の益々の発展と、躍進を願いながら、筆をおきたいと思います。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.