鈴木杏樹の夫・山形基夫の本当の死因!悲しみの裏で莫大な遺産を手に入れていた?再婚は近い?

Pocket

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

鈴木杏樹さんは、本名山形 香公子(やまがた かくこ)で、兵庫県神戸市にて1969年9月23日に生まれ現在49歳です。

もうすぐ50歳には見えないくらい、いつまでも変わらぬ美しさを保っています。現在は本業の女優にだけには留まらず、ラジオのパーソナリティーやバラエティ番組の司会者など幅広い分野で活躍を続けている鈴木杏樹さん。

今回はお亡くなりになった旦那様や、遺産と再婚の噂についてまとめてみましたのでご覧ください。

鈴木杏樹の夫・山形基夫(やまがたもとお)ってどんな人?

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

鈴木杏樹さんの旦那、山形基夫さんの写真ですが、とても優しそうな顔をしていらっしゃいます。旦那さんは一般人ということでしたが、気になる人物像を見ていきましょう。

鈴木杏樹の夫の年齢、職業は?

画像引用元:https://芸能人子供と息子と娘特集.com/2018/12/05/鈴木杏樹は子供がいる?逮捕の理由と夫とスッピ/

スポンサードリンク

鈴木杏樹さんの夫である山形基夫(やまがたもとお)さんは駿河台日本大学病院外科部長の外科医師で、2013年(享年56歳)でお亡くなりになられました。

山形さんの経歴について調べて見たのですが、詳しいプロフィールはほとんど不明でしたが、アメリカ留学の経験がある事や、癌の分野でも主に内視鏡治療について徹底的に学び、消化器癌について研究していた事が分かりました。

また、過去には医療系のテレビ番組でガンの分野の名医として紹介されるなど、実績と評判が非常に高いお医者さまだったようです。

そして名医でありながら、有名な老舗洋服店「銀座山形屋」の長男という事で何かと注目される事も多かったのではないかと思います。

結婚当時はお金持ちのおぼっちゃま揶揄される事もありましたが、自らの努力で医師になり、更に癌に関して名医と言われるほどの存在まで上り詰めた立派な人です。

夫の山形基夫さんには離婚歴があり、前妻との間に子供がいるということだけ分かっています。

それにしてもたくさんの人の命を救ってきた山形基夫さんは、あまりにも早すぎる死だったのではないでしょうか。

鈴木杏樹と夫との馴れ初めは?

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

2人の馴れ初めについてですが、それは鈴木杏樹さんがある日の収録中に突如腹痛を覚えて病院にいきました。

腹痛の原因は腸閉塞の病気だったそうで、緊急の手術を要する状態だったようです。実はそんな鈴木杏樹さんの手術を担当したのが旦那さんの山形さんでした。

つまりは鈴木杏樹さんは山形さんは医師と患者の関係だったのです。

プライベートについてはあまり多くを明かしておらず、それからどのような形で愛を育んでいったのかはわかりませんが、その運命の出会いからわずか4ヶ月後の1998年6月1日に電撃入籍を発表しています。

また、山形さんと同じ病院で働いていた事がある医療関係者からは「料理が得意で、夜勤の際には、若いスタッフにカレーライスを作ってあげてました。患者さんからの評判もよく、病室によく顔を出して、そのマメさから、女性患者に人気でしたよ」

と、山形さんの人柄の良さを表すコメントもありました。

交際については先に鈴木杏樹さんに恋心が芽生え、メールのやり取りを繰り返すうちに親密な関係になり交際へと発展して行ったと言われています。

結婚会見では旦那さんのことを「先生」と呼んでいることをうれしそうに明かし、夫婦で一緒に料理を作るなどのエピソードも聞かせてくれました。

男性を見る目があった鈴木杏樹さんは、本当に良い旦那さんを見つけたのでしょう。

鈴木杏樹の夫がzipの生放送中に死亡?亡くなる?

画像引用元:https://eurosim2007.org/suzuki-anju-otto/

何かと話題になったのでご存知の方も多いとは思いますが、夫である山形基夫さんがアメリカのボストン病院でお亡くなりになられた時は、鈴木杏樹さんはテレビ番組に生出演している最中でした。

鈴木杏樹さんは、金曜レギュラーを務める日本テレビ朝の情報番組『ZIP!』(月~金曜前5・50)に生出演。

画面を通しては普段と変わらない様子を見せていましたが、同局関係者は「番組側は鈴木杏樹さんに山形基夫さんの異変を知らせていた」と説明しています。

鈴木杏樹さんは『ZIP!』の出演当日の朝に夫の危篤の知らせを受けたのです。そして鈴木杏樹さんは張り裂けそうな胸中をひた隠しにして、気丈に振る舞っていたと見られるとの事でした。

スポンサードリンク

関係者によると、当時最愛のパートナーの早すぎる悲報に、鈴木杏樹さんは大きなショックを受けているという事を話していたそうです。

番組終了後、急いで旦那さんがいるアメリカの病院へと駆けつけましたが、旦那さんとは無言の対面だったそうです。

最も愛する人の死に立ち会えなかった事のショックの大きさも計り知れませんが、そんな中でも表情ひとつ変えずに、生放送の番組で気丈に振る舞う姿はさすがプロだなと感心もしてしまうほどです。

鈴木杏樹の夫の死因、病名は?

画像引用元:https://eurosim2007.org/suzuki-anju-otto/

山形基夫さんの死因についてですが、鈴木杏樹さんのプライバシーを守ってあげたいという配慮からその病名などについては伏せられています。ですので死因は内臓疾患と大まかに伝えられています。

山形基夫さんの知人によると、5年ほど前から肝臓の重い病気にかかっていたそうです。山形基夫さんは 肝臓の移植手術をするため、ボストン近郊の病院に入院していました。

移植が必要なほどの病気だったという事ですので、かなり深刻な状態だった事が伺えます。そして山形基夫さんは、肝臓移植を行う日の前日に亡くなってしまったのです。

誰もがもう少し早くに手術をしていればという気持ちになりますよね。この時点でボストンの病院に非がなかったのか気になところです。

それにしても山形基夫さんは癌の名医と知られているにも関わらず、自分自身が癌である可能性に気がつかないというのも悔やまれるところですね。

鈴木杏樹の追悼コメントと葬儀の様子

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

鈴木杏樹さんの旦那、山形基夫さんの通夜が東京の築地本願寺で営まれ、医療関係や芸能関係者が2000人ほど参列しました。

喪主を努める鈴木杏樹さんの表情はかなりやつれていましたが、会見を開いてくれています。これまでずっと涙を堪えていた鈴木杏樹さんでしたが、涙が一気に溢れ出してしまったのです。

山形基夫さんとの最期の会話は、旦那さんの渡米の際に「じゃあね」と言ったのが最後の言葉となりました。そして鈴木杏樹さんはあれが最期の言葉になるとは思わなかったと話しています。

また、『ZIP!』の本番終了後、国際電話で意識のない山形基夫さんに「ありがとう。頑張ったね」と語り掛けたことを明かしています。

これまでの鈴木杏樹さんは山形基夫さんの病状の大変さを分かち合い、二人の苦労がよく分かるような言葉だと思いました。

鈴木杏樹の現在は?再婚してる?

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

2019年現在、最愛の旦那様、山形基夫さんが亡くなってからすでに5年が経過しています。
しかし、再婚はおろか熱愛報道すら全く無い状態です。

ファンの間では再婚して幸せになってほしいという声もあるみたいですが、大好きだった夫の死に立ち会えなかった事もありまだ何か拭いきれないものもあるのではないでしょうか。

ですので近いうちの再婚の可能性は低いと思えます。ただし、まだまだ現役で活躍し続け、変わる事のない美貌をお持ちの鈴木杏樹さんですので、今後再婚の可能性は充分にあり得るでしょう。

鈴木杏樹さんに幸せになってもらいたいのですが、ファンとしては山形基夫さん以上の男性でないと納得できませんよね。

鈴木杏樹は莫大な遺産を受け取っていた?

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

鈴木杏樹さんに入った遺産がどのくらいだったのか情報はありませんでしたが、噂によると三億円だったようです。

確かではない情報ですが、癌の名医とされている人であれば三億でも少ないかもしれませんね。しかし、最初から遺産目当てだの心ない声もあります。

ですが鈴木杏樹さんはかなりのベテラン女優なので「お金に目が眩む」ことはないのではないでしょうか。むしろ私が養ってあげるくらいの人だと思います。

確かにお医者様はカッコよく写るのでモテる職業ですが、山形基夫さんの人柄など全部踏まえて一目惚れした鈴木杏樹さんは本当に良い旦那さんを掴まえたのでしょう。

当分再婚の話もさなそうですね。

まとめ

画像引用元:https://tanosiiseikatu.com/archives/929

いかがでしたでしょうか?

鈴木杏樹さんに関して再婚の噂については事実ではないという事がわかりました。というよりむしろ鈴木杏樹さんのことが大好きになってしまうくらいです。

これからも鈴木杏樹さんの更なる活躍を願いつつ、今後のプライベートに関する報道にも注目していきたいと思います。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.