滝沢カレンの母親(宮沢さゆり)の死因はガン?バレエ教室を経営していた?

Pocket


画像引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20171208_635524.html

天然キャラとして有名なモデルでタレントと言えば、滝沢カレンです。場違いの発言や突拍子もない例えなどがウケて、バラエティー番組やラジオに引っ張りだこです。

そんな、滝沢カレンの母親である宮沢さゆりが2018年7月に亡くなっていたことが分かりました。56歳という若さでネット上でも衝撃が走っています。

死因はガンということですが、本当なのでしょうか?
また、宮沢さゆりが生前、バレエ教室を営業していたそうです。一体どんな教室だったのでしょうか?

というわけで、滝沢カレンの母親である宮沢さゆりについてあれこれ調査してみました。

滝沢カレンの母親は亡くなっていた?死因はガン?


画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00577786-shincho-ent

滝沢カレンは、父親がウクライナ人、母親が日本人のハーフです。滝沢カレンが幼少の頃に離婚し、母親に引き取られ祖母と母親に育てられたそうです。

母親が死去する直前まで同じマンションに住んでいたというほど、親子の仲は良いと言えます。滝沢カレンは、所属する事務所にも母親が亡くなったことは一部の人にしか言っていなかったそうです。

いつも元気で明るいイメージを壊したくないと思ったのかもしれませんね。

母親の葬儀では、喪主を努め「またママの子で産まれてきたい」と語っていたと言います。
親子の深い絆を感じますね。

スポンサードリンク

母親の死因はガンだったそうですが、その種類や母親の詳しいプロフィールについても深堀していきたいと思います。

滝沢カレンの母親は何歳で死去したの?


画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00000017-pseven-ent

滝沢カレンの母親が、2018年7月に亡くなっていたことが分かりました。

56歳という若さでの死去でした。まだまだこれからという若さだったため、滝沢カレンのショックは計り知れないものと言えますよね。

今の医療では、ガンは必ず死ぬ病気ではないと言われていますが、治療などはしていたのでしょうか?
もしかすると、年齢が若いためガンの進行が早かったのかもしれませんね。

くわしいガンの種類についてみていきましょう。

滝沢カレンの母親のガンの種類は?


画像引用元:http://kaorunn.com/2019/05/12/

気になるガンの種類は、どういったものなのでしょうか?

ガンの種類については詳しい情報はありませんでした。

しかし、最後に2017年4月にバラエティー番組に滝沢カレンが出演した際に、母親について語っており、ウクライナ人が好きで、彼氏がウクライナ人であることを明かしていました。

ですから、2018年7月に亡くなったということですので、進行性のガンだった可能性が高いと言えます。
また、大の病院嫌いだった宮沢さゆりは、滝沢カレンが病院へ行くことを進めても頑なに行こうとはしなかったそうです。
滝沢カレンが末期のガンだと知ったのは、亡くなる1年前のことだったと言います。

余命1年未満というのは、あまりにも早すぎます。滝沢カレンの悲しい気持ちは計り知れませんね。

滝沢カレンの母親はどんな人?名前は?


画像引用元:https://mappi-room.info/archives/894

では、滝沢カレンの母親である宮沢さゆりとは、どんな人物なのでしょうか?
簡単に、プロフィールをご紹介します。

一般人のため詳しい情報は少ないですが、出身は埼玉県です。
血液型は、滝沢カレンと同じAB型です。
出身校が凄く、埼玉県立志木高等学校を卒業後に日ソ学院を卒業しています。
東京都に在住しており、滝沢カレンも東京都で生まれました。

ロシア語の通訳家として活躍していました。ロシア語を勉強するために、自分で留学費用をためソビエトへ語学留学をしました。

スポンサードリンク

普通は両親に留学費用を支援してもらうのが一般的ですが、自分一人で工面するというのは、それだけロシア語への興味があったと言えますね。

本当に、凄い活動力ですよね。

滝沢カレンの日本語がおかしいのは、片言の日本語を話す外国人が身近に多い環境で育ったからだとバラエティー番組のVRで明かしていました。

滝沢カレンと母親は「踊るさんま御殿!」で共演していた!?


画像引用元:https://ammmatsuru.com/karen-takizawa-matome/

滝沢カレンは、生前何度かバラエティー番組で母親である宮沢さゆりとの共演を果たしていました。

2016年4月に放送された「踊るさんま御殿!」での親子共演を果たしています。

さらに、2017年3月には「誰だった波乱爆笑」でも親子共演をしています。そこで、幼少期の家庭の様子について明かしていました。
例えば、食事のマナーには厳しく食卓ではオペラが流れていたと言います。

オペラが食卓で流れる光景って、想像できませんよね。

とても変わった家庭環境で滝沢カレンは育ったのですね。

滝沢カレンの母親はバレエ教室を経営していた?


画像引用元:https://ammmatsuru.com/karen-takizawa-matome/

宮沢さゆりは、ロシア語の翻訳家以外にもバレエ教室を経営していたという噂も浮上しています。

一体どんなバレエ教室だったのでしょうか?
また、滝沢カレンのバレエの腕前はどんなものだったのでしょうか?

宮沢さゆりは、幼少期からバレエを習いたいと思っていましたが、母親が厳しくバレエを習うことを許してくれませんでした。
普通ならそこで諦めてしまうところですが、宮沢さゆりは何と、母親に内緒でバレエ教室に通ったのです。

内緒で通うって凄いですよね。

ロミオとジュリエットのバレエを見に行き、さらにバレエの魅力にのめり込んで行きました。
ロシア語を勉強すれば、もっとバレエの世界観を知ることができると考えた宮沢さゆりは、独学でロシア語を勉強をしました。

母親にロシア語の教室へ通わせてもらったことが、語学留学に繋がったと言えます。

バレエ一筋で生きてきたと言っても過言ではない、宮沢さゆりは、東京都北青山にバレエスタジオ「リビーナ」を経営していました。

講師は、全員ロシア人の元プロのダンサーです。14歳からレッスンを受講でき、初心者コースもあるので、初めての人でも気軽に始めることができます。

宮沢さゆりのバレエ愛が詰まったスタジオだと言えますね。

滝沢カレンのバレエの腕前は?プロを目指していたの?


画像引用元:https://mayuchat.com/6369.html

滝沢カレンは、幼少期から母親である宮沢さゆりの影響で、バレエを習っていました。
2017年8月に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した際に、12年間通っていたバレエスタジオが紹介されていました。

恩師と再会し、10年ぶりとなるバレエも披露しました。

とても綺麗にターンができていました。

滝沢カレンは、バレリーナを目指していたのでしょうか?

2019年7月に放送された「グータンヌーボ2」で幼少期の夢について明かしています。
3歳から14歳までバレエを習っており、将来の夢はバレリーナだったそうです。

本格的にバレリーナを目指していたのですね。
でも、バレリーナと女優って真逆な職業ですよね。

女優を目指すきっかけとなったのは、14歳の時に竹内結子の主演ドラマ「ランチの女王」を観て衝撃を受け、女優になりたいと思ったそうです。

確かに、「ランチの女王」は竹内結子のハマり役と言っても過言ではないですからね。女優を目指すきっかけになったのは、納得がいきます。

まとめ


画像引用元:http://newstylegoon.com/archives/5751

バラエティー番組で大活躍している滝沢カレンですが、母親である宮沢さゆりが2018年7月にガンのために亡くなっていたことが分かりました。
56歳という若すぎる死と、死去する1年ほど前までは元気だったことから、進行性のガンだった可能性が高いと言えます。

宮沢さゆりは、生前、ロシア語の翻訳家とバレエスタジオの経営者として活躍をしていました。滝沢カレンとは何度もバラエティー番組で親子共演を果たしており、亡くなる直前まで同じマンションに住んでいたそうです。

最愛の母親が亡くした後も、悲しい姿は見せずにテレビに出演し続けている滝沢カレンを見ていると、プロ意識を感じますね。

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.