宇多田ヒカルが母に向けた曲とは?歌詞から読み取れる親子の以外な関係とは!?

Pocket

「宇多田ヒカル」の画像検索結果

引用元:https://bunshun.jp/articles/-/10465

今回は宇多田ヒカルさんのついて取り上げていきますね!

宇多田ヒカルさんは1983年1月19日生まれの現在36歳で、日本のトップであるシンガーソングライターで有名ですね!本名も宇多田光と同じようですね!

そんな宇多田ヒカルさんのご家族の話題などについて触れていきますね!

それでは調べた内容をまとめていきますのでよろしくお願いいたします!

宇多田ヒカルがが母に向けた曲とは?歌詞から母への思いが読み取れる?

「宇多田ヒカル」の画像検索結果

引用元:https://twitter.com/utadahikaru?lang=th

宇多田ヒカルさんは、現在も活動中で大活躍のシンガーソングライターで知名度も実力も高く評価されていますよね!そんな宇多田ヒカルさんですが、一時期活動休止をしていたんですがその後復帰されてからの最新アルバム「Fantôme」が亡くなった母親に向けた作品として作成されたようですね!

これがネット上でも話題になっていますね!そもそもアルバムタイトルの「Fantôme」なんですが、フランス語で「気配」を意味するようです。

スポンサードリンク

そこから、母親から始まった自分は、母親のことを「気配」と感じられればいいという思いが込められているようですね!

「宇多田ヒカル fantôme」の画像検索結果

引用元:https://www.amazon.co.jp/Fant%C3%B4me-%E5%AE%87%E5%A4%9A%E7%94%B0%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AB/dp/B01I4GDLZW

このアルバムは全体的に生と死がテーマとなっているようでして、多くの音楽評論家から相当評価されているようですよ!このアルバムのいくつかの曲から母親に向けた曲なんだな~というのが歌詞から伝わってくるのも話題になっていますね。

宇多田ヒカルさんの活動休止の際に妊娠、出産を乗り換えられたようですので、この時に初めて母となって母の気持ちを理解したんじゃないかということも言われていますね。

これは確かに、親の言うこと、考えなんてって若いときって反抗したくなっちゃいますよね。でも実際に自分が結婚→出産→親になるとわかることって多そうですよね。

子供の教育が大変だったり、自分にとっては初の体験でどうしたらいいのかわからなかったり、子供の世話が思っている何十何百倍も大変なことや、ストレスが溜まって夫婦喧嘩が増えて早くに離婚してしまうケースも多いようですね。

そんななか、子供が大きくなればついには教育費がかかってくるため子供にご飯を食べさせることも危ない状態という現状も増えているようですね。こういったことを実際に体感しないとなかなか親の気持ちなんてわからないものですよね。親ってすごいな~って。

「真夏の通り雨」は母の死後初めて書き上げた曲、「花束を君に」は母に宛てた手紙

「真夏の通り雨」の画像検索結果

引用元:https://utaten.com/specialArticle/index/3993

最新アルバム「Fantôme」から何曲か母親に対しての気持ちが記されているということでその曲をご紹介していきますね!

その1つが「真夏の通り雨」という曲でこの曲が母親の死後初めて書き上げた曲ということ話題になっています。実際に歌詞を見ていきましょう!

「真夏の通り雨」歌詞リンク:https://www.uta-net.com/song/206486/

タイトル、歌詞の内容から母親の生きざまを夏に降る通り雨に例えているような感じですね!通り雨って一気にザーっと降ってすぐ止むという感じですよね。

しかし、通り雨って急に降ってくるし勢いも基本強いそれだけ母親の生きざまとは強烈なものだったのでしょうか。そして一瞬だったということが言いたいのでしょうか。とても悲しくなるような解釈ですが宇多田ヒカルさんにとってはそれだけの歌詞を書くということはそれだけの背景があったに違いないですね!

「真夏の通り雨」の画像検索結果

引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000126226

次に2つ目ですが、「花束を君に」という曲です。こちらは母親にあてた手紙のようだと話題になっていますね。こちらも歌詞を見ていきましょうね!

「花束を君に」歌詞リンク:https://www.uta-net.com/movie/206487/

こちらはタイトル、歌詞の内容から母親へ伝えられなかった感情、思いをつづっているように感じますね。まさに「手紙」というのが伝わってきますね。

現代ではSNSなど人とコミュニケーションをとるときはスマホ1つで伝わる時代ですよね。しかし昔はケータイなんてないですからすべて手紙でやり取りしていたようですよ!

ぶっちゃけ現代で手紙を書く人なんて熱狂的なファンくらいだと思いますが、まさに熱狂的なファンが書くほどに手紙ってすごい効力があるって思っています!実際に直近で手紙をもらうことがあったんですが、なんだかスマホでは実現できないその人特有の「書いた字」というのが意外とグッときましたね。なかなかいいと思うので、みなさんも伝えたい思いは手紙で出してはどうでしょうか?

歌詞から読み取れる宇多田ヒカルの母への思いとは?

「手紙」の画像検索結果

引用元:https://yu-bin.jp/special/02/

こちらは簡単に上で紹介しているんですが今一度ご紹介しますね。

まず「真夏の通り雨」は母親の生きざま、人生を夏に降る通り雨に例えているような感じですね。これだけ聞いたらちょっとどうなの?って感じですが。

知らえ方を変えれば、母親の死は自分にとっては「濃く、短い」。

母親の生きざまは私の多大な影響を与えてくれた、尊敬している最高の人物(ザーっと急に降る雨)いわゆる濃い部分。だったがそれもつかの間、スーッと消えていく(通り雨)短い部分ともとらえられるかなと思います。通り雨にどう例えるかで意味合いは真逆ですが、歌詞を見て実際に聞いてみればわかってもらえるかな?と思います。

次に「花束を君に」ですが、これは亡くなった母親に向けた手紙のような感じですよね。母親への思いだったり感情。気持ちが伝わってくる感じの歌詞ですね。

花束を君に贈ろうというフレーズが多く出てくるんですが、花束を贈るということは称賛している、感謝しているというようなニュアンスがなんだか浮かんできます。

というところから母親に対してそれだけの感謝の気持ちがあるということですね。

まあ、母親に感謝をするなんて当然のことのような気がしますけどね。自分を生んでくれた親なわけですから。皆さんも親孝行をしよう!!

母の死後の宇多田ヒカルのコメントと歌詞から母子不仲説は否定できる?

「宇多田ヒカル 藤圭子」の画像検索結果

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/226842

宇多田ヒカルさんの母親が亡くなられてから、宇多田ヒカルさんがあるコメントしたことから母子は不仲ではないだろうかというのが話題になっているようですね。

実際にどんなところがそう感じたのでしょうか?またそもそも不仲なのか。

気になるところも多いのでまとめていきますね。

宇多田ヒカルと母藤圭子は本当に不仲だったのか?

「喧嘩」の画像検索結果

引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/pmj3134/35993510.html

宇多田ヒカルさんと母親藤圭子さんですが、どうやら宇多田ヒカルさんが幼いころから母親の感情コントロールができなくなってとても手を焼いていたというのは事実があるようですね。

スポンサードリンク

というところから、両親は離婚をしたようです。ですがその後再婚、離婚を繰り返したようですね。それだけでも子からすれば相当なストレスとなるはずですね。親が離婚したり、母親が感情の起伏が激しいとなるととてもじゃないですが子が親を抑えることなんてできないですよね。

普通は逆です。親が子を支えるものですよね。しかし、そうではなかったようですね。これは相当きついですよね。とてもじゃないですが子供の段階でこんな現状耐えられないですよね。そうとうな幼少期だったことが考えられますね。(かわいそう。。)なんて思っちゃいますね。

「出て行け」の画像検索結果

引用元:https://tsumagafurin.com/column/deteike/

しかし、それに耐えられなくなった宇多田ヒカル自身が母親に「出ていってくれ」とブチギレしたことがきっかけで母親は放浪生活を余儀なくされたようですね。これが不仲説の真相のようですね。

まあ、それなら仕方がないと思ってしまいますよね。これだけの現状は子には負担がでかすぎますし、対処しきれないですしね。これだけ負担があればストレスも相当なものでしょうし、お手上げですよね。そりゃあ出ていってほしくもなりますよね。なかなかハードな人生を歩んでいたんですね。

しかし、その後宇多田ヒカル自身は母親ともう一度話したいという気持ちはあったようです。それに対し、母親はその一言を引きづっていて娘に嫌われているからと頑なに拒否していたというのがこの話の背景のようですよ。

なかなか一歩が踏み出せないですよね。子に嫌われては親もつらいものですし、子も親に言い出せない気持ちもわかります。この問題が解決せずに母親の死はなかなか何とも言えない悲しみがありますね。

何度も言いますがみんな親孝行をしよう!!

藤圭子の葬儀が行われなかったのはなぜ?

「葬儀」の画像検索結果

引用元:https://sougi.minrevi.jp/hiyo/cnt/i_1761.html

そんな宇多田ヒカルさんの母親藤圭子さんですが、亡くなってからの鉄板「葬儀」が行われなったというのが話題になっていますね。これについても調べてみました。

結論から言うと亡くなった母親の遺言書に従ったということのようです。

母親の遺言書が公式にネット上にあるわけでは当然ながらないですが、宇多田ヒカルさんが公式で母親の死後母親のファンへ向けて感謝の気持ちを述べているようですね。

こちらより、母親に遺言書に基づき葬儀はなく火葬のみということが記されていますね。こればっかりは本人からの言葉である以上事実ですね。

「遺言書」の画像検索結果

引用元:https://www.ishichou.co.jp/ohaka/ending_funeral/yuigonsyo

どうやら母親は葬儀や、告別式といったイベントを好まない人物だったとのことです。というところから母親の遺体との面会は全面お断りということに至ったようです。

母親の意向をできるだけ尊重したいという気持ちは子であり喪主であれば当然ながらありますよね。これが葬儀を行わなかった真相ですね。

ぶっちゃけ、人が亡くなったら葬儀をするというのは鉄板ですよね。しかし、藤さんはそれを好まなかった。なんだか府に落ちないというかたも多かっただろうなというのが伝わってきますね。

確かに、これも母子不仲説を立証させる一つの根拠になりかねないですね。はたから見ればですが。実際に行う行わないはご親族が決めることですから、外野が騒いでもしょうがないですからね。決めるのは身内当然のことです。

しかし、芸能人というのはほんと大変ですよね。ネットであれこれ書かれて嘘とホントが混ざり合って外野側としては何がほんとだよってね。本人も頭にきますよね。ネットの情報に踊らされないように気を付けよう!!

宇多田ヒカルの母親が転落死したのは事故?それとも自殺?

「悩む」の画像検索結果

引用元:https://xn--ccke5d6a8fj3i7afn.com/2019/05/07/nayaminogenin/

藤圭子さんは実際に事故なのか?自殺なのか?というところが気になるところですよね。

確かにアニメやドラマでもよくあるシチュエーションですし、勝手な考えでは自殺じゃないかなとおもうときのほうがおおいですが、結果的に事故だったなんてこともよくある事例ですよね。

それでは、真相に迫っていきましょう!!

宇多田ヒカルさんの母親→藤圭子さんですが2013年8月22日に東京都新宿区のマンション高層階から転落しその後死亡が確認されたようです。

。。。

ぶっちゃけこれだけでは判断しづらいところがありますよね。マンションからの転落死、感情のコントロールはできないタイプであり、過去に麻薬で捕まっている。カジノで5億とかしたなんて話を聞くかぎり普通の精神状態であるわけがないですよね。

「いらだち」の画像検索結果

引用元:https://kudop.hatenablog.com/entry/2017/04/06/%E8%AA%B0%E3%81%8B%E3%82%92%E8%B2%AC%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%AB%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%A0%E3%81%A1

人生に嫌気がさす気持ちもないわけではなさそうですよね。ネット上では有力候補として「自殺ではないか」という意見が多いですね。

藤圭子さんも相当な実力派のシンガーですからそんなビッグな方が最後は自殺なんて考えるとなかなか悲しいですよね。相当ファンも多いはずですし、子には嫌われていると思っているでしょうし。

宇多田ヒカルさんの過去を知るととてもハードな人生を歩んできたんだなと考えますし、相当な困難が立ちはだかったているなというのがわかりますね。

そこを乗り越え今があるというのは言わずもがなですね。

まとめ

「宇多田ヒカル」の画像検索結果

引用元:https://www.universal-music.co.jp/utada-hikaru/biography/

それでは今回のまとめに入っていきますね。

大人気シンガーソングライターである宇多田ヒカルさんについて調べていきましたね。話題の母親に死について、母親に向けた曲などについて調べていきました!

・宇多田ヒカルさんの最新アルバム「Fantôme」は母親に向けて作成したアルバムで歌詞から母親へも思いや感謝を述べています。

・宇多田ヒカルさんと母親である藤圭子さんの不仲説ですが、嫌気がさし出ていってほしいといったことがきっかけで母親が放浪し、それを根に持ち話すことはなかった。宇多田ヒカル自身は話したい気持ちがあるというのが真相です。

・宇多田ヒカルの母親藤圭子の死ですが、自殺であるというのが多い意見です。葬儀が行われなかったのは亡くなった母親の遺言書に基づき、母親が葬儀屋告別式を好まないためです。

「宇多田ヒカル」の画像検索結果

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/utada

という感じですかね。

今回は宇多田ヒカルさんについて調べていきましたが。本当に壮絶な人生を歩んでいたんだなというのがわかります。普通の家庭では遭遇することがない困難に何度もぶつかり、乗り越え今があるということを考えると、改めて家族との向き合い方を考えモノですね。

宇多田ヒカルさんの曲って個人的にすきだったので、今回上がってきたアルバムなんかも聞いてみようと思います。これからも応援していきたいですね!!

それでは以上です!!

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.