八名信夫の現在は?死去?若い頃は悪役商会。青汁CMの画像有り。

Pocket

青汁のCMが印象的な八名信夫についてです。
強面の役柄として多くのドラマ映画に出演されていますね。
今回はそんな八名信夫の知られざるエピソードなどについてご紹介いたします。

八名信夫の今現在は映画監督?「仮面ライダー フォーゼ」に出演?年齢は?

1935年8月19日生まれ、現在83歳で前職はプロ野球選手という凄い肩書きを持つ八名信夫ですが、現在の活動はどうしているのでしょうか。

熊本地震の被災地を舞台にした映画「駄菓子屋小春」を自主製作し、18日、熊本県庁で完成報告の記者会見を開いた。

被災者が前を向いて生きる姿を描くことで熊本を元気にしたいとしている。熊本のほか、西日本豪雨や東日本大震災の被災地でも上映する。

なんと驚くことに自主映画を作成して映画監督として活動していました。映画作成のきっかけが被災した熊本県を少しでも元気付けたいとの想いからだそうで、自身も映画に出演して相当力を入れて製作していたようです。

また作成した映画に関して以下のような意気込みが語られています。

「熊本は苦しくてもつらくても、自分を励まし、汗をかいて災害を乗り越えようとしている。北海道の地震に西日本豪雨と災害が多いが、全国に希望や勇気を与えたい」と力を込めた。

この言葉から八名信夫の心意気の良さや志しの高さをひしひしと感じ取ることができますよね。この意気込みが観客の心を掴み、映画は大反響で終了することが出来たとのことです。

スポンサードリンク

八名信夫の死去説有り?生きてる?

上記ではプロ野球選手や映画監督として活動していたと記しましたが、俳優としても活動を行っていました。出演作品の中、仮面ライダー作品で出演していたという噂がありました。

「仮面ライダー フォーゼ」の第27話に、仮面ライダーフォーゼに変身する主人公・弦太朗の祖父役でゲスト出演していい味だしていました。

如月吾郎という役で出演していたようです。八名信夫が今まで演じていた役柄の悪役とは打って変わって、優しいおじいさんという穏やかな役だったため、ファンにとっては印象がガラリと変わった内容だったようです。

そんな八名信夫に死亡説が浮上していたというのです。現在も現役で活動していらっしゃるのでまさかこんな噂が出るとは考えられませんが……。

6月6日に放送された番組の中で八名信夫(やなのぶお)の画像に誤って「故人」というテロップを打つ過ちがあって話題になっています。

スポンサードリンク

どうやらテレビでの放送事故がきっかけで死亡説が広まってしまったということでした。これは八名信夫本人からすればたまったものではないですね。

ということで、やはり八名信夫の死亡説は真っ赤な嘘であることが分かったと思います。

この件については事務所側も怒りをあらわにしています。

「絶対にあってはならないことです。八名は俳優として現役で活動しておりますので、故人だという誤った認識が広まってしまうと、仕事に大きな影響が出てしまいます。

だいいち、生きている人を故人としてしまうことは、その生命を勝手に断絶するようなもので、大変失礼で許しがたいことだと思います」と日テレ側を強く批判した。

こういった間違いは最大限の注意を持って行ってもらいたいものですね。

八名信夫は悪役商会に所属?

八名信夫は俳優活動時代に「悪役商会」という団体に所属していたようです。文字の感じから推察するに何だか良くない団体の臭いが漂ってきます。一体どんな組織だったのでしょうか。

1983年、「悪役俳優だけで今までやったことのない仕事をやる」ことを目的に、八名を中心とした12名で結成される。グループの名前の由来は結成の記者会見を行った際、「悪役」を「紹介」したことから。

どうやら悪役商会とは悪役を演じる俳優だけで構成された芸能事務所だったようです。名前だけ聞くとインパクトが大きすぎますね。演じる役柄はもちろんやくざや殺人犯、ギャングといった役なのですが、演じる悪役の質の高さが大いに評価されていたようです。

八名信夫の青汁CMの画像有り。

ところで皆さんは「ん”―まずい、もう一杯!!」とフレーズに聞き覚えはないでしょうか?実は青汁のCMで有名なこの言葉を作ったのも八名信夫だったのです。

このフレーズが生まれるまでには少し面白いエピソードがあったようです。

「まずい」は元々台本にあった台詞ではなく、実際に撮影で飲んだ際に思わず発した言葉がそのまま採用された。

ただし、「まずい」にフォローする言葉をつけるよう求められ、「もう一杯」が追加された。

当時の現場では衝撃的な出来事だったと思います。商品を売り出そうという最中まさか「まずい」などと言い切ってしまうのは肝が座っていますし、そもそもこれを許可した会社の度胸にも驚きますね。

しかし、このギャップが青汁の売れた要因とまで言われているので、これを知ってか知らずかやってのけた八名信夫は凄い人ですね。

いかがだったでしょうか。

多才かつ様々な経験を積んできた八名信夫だからこそ出すことの出来る味を少しでも感じて頂くことが出来たではないかと思います。

特に彼の悪役を演じている作品については一見の価値ありです。現在も精力的にメディアに出て活動されているので今後もより多彩な才能を見れることを期待していきたいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.