山田まりやの壮絶な生い立ち!昔(若い頃)は弟の親代わりだった?つるの剛士は元カレ?

Pocket

今回は山田まりあにスポッとを当てていきます。

女優、タレントとして一世を風靡した山田まりあですが、最近テレビであまり見かけなくなりましたが、結婚し子供ももうけて幸せいっぱいに暮らしている様です。

なかなかの苦労人で難病の持ち主との噂もありますが、実際はどうなのでしょうか?

※山田まりやの難病の情報についてはコチラ

※山田まりやの子供や夫についてはコチラ

詳しく調べていきましょう。

山田まりやの昔(若い頃)の壮絶な生い立ちについて

山田まりあをYahoo!で検索すると、「生い立ち」というキーワードが出てきます。さらに掘り下げてみると、壮絶な生い立ちだったことが判明しました。

山田 まりや(やまだ まりや)」さんは1980年3月5日生まれの37歳(2017年現在)で愛知県名古屋市中村区で生まれ、その後に東京都足立区に移り住みます。

スポンサードリンク

地元の小中学校を経て、豊南高等学校に入学しますが両親が離婚。10歳下の弟と共に母方との生活を選びますが、生活が厳しく、学校を中退。

メディアで見せる天真爛漫な笑顔とは裏腹に、こんな過去があったのですね…。それを乗り越えて、バラエティタレントとして大成した山田まりやに天晴です。

山田まりやは昔(若い頃)弟の親代わりだった?

生い立ちの話には続きがあり、前述にもあるように山田まりやは10歳年下の弟がいるのですが、その弟の親代わりのような存在だったそうです。

実は、暴力をふるう父親と、病気がちの母親という複雑な家庭環境で育った山田まりやは、幼い弟を守るため、父親代わりとの気持ちで、芸能界でがむしゃらに働いてきたそうです。

両親が離婚し、生活が厳かったという貧乏エピソードを話す芸能人はたくさんいますが、壮絶な生い立ちとはこのことだったんですね…。

さらに、

スポンサードリンク

スカウトされたときに「休みはなくても構わない。一生懸命仕事をするので、母親と弟が安心して住める場所を用意してほしい」と事務所の社長にお願いした。

本人は流行の浮き沈みが激しい芸能界でいろいろな大人の思惑が飛び交う中、自分のポジションを守ることにすることに必死だったようです。家族を路頭に迷わすわけにはいかないという思いだけで第一線での活躍を続けていたとのことです。

涙が出るようなエピソードです…。どんなことがあろうと、山田まりやにとっての最優先は母親と弟だったんですね。

このエピソードを知って、自分なんてまだまだだなと刺激されました(笑)。

山田まりやの元カレはつるの剛士?

山田まりやは過去につるの剛士との交際を噂されていました。ご存知の方も多いと思います。

「ウルトラマンダイナ」で知り合って、交際が始まったそうです。97~98年ころでしょうね。つるの剛士さんは、自著の中で25歳で失恋としてますんで、00年くらいに破局したのでしょう。

よくある共演して交際に発展したパターンですね。2人が交際していたのは噂ではなく事実だとつるの剛士が語っています。

2年も彼女ができなかったことを赤裸々告白しているが、リポーターが気を利かせて「それは、あの方ですよね?」と名前を伏せて質問すると、つるのは、そうです、1997年から1998年にウルトラマンダイナで共演し、当時アイドル的人気だったタレントの山田まりやさんですとサバサバ答えた。

しかし、山田まりやさんから振られてしまったという。山田は2008年2月に舞台俳優の草野徹と結婚している。

イケメンで温厚な性格、歌も上手いつるの剛士が振られるとは…

山田まりやにとっては草野徹の方が魅力的だったのでしょうが、どちらか選べと言われたら私的にはつるの剛士に軍配が上がります(笑)。

まとめ

山田まりやがこんなに壮絶な人生を送っているとは驚きました。

以前ほどテレビで見ることは無くなりましたが、またバラエティ番組で笑顔の山田まりやを見たいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.