安岡力也の若い頃や死因、やった女優や ヤギについての噂は?兄との関係について

Pocket

安岡力也は、イタリアのジェノヴァ出身で埼玉県行田市育ち、俳優、ロック歌手、キックボクサー、マルチタレントなど様々な方面で活動していた芸能人です。

2012年4月8日に64歳で亡くなられました。

本名はリカルド・ニコ・バレンティーノ

身長187cmで体重108kgという巨体で顔も強面であり、マフィアの息子という異例の経歴もあることから、様々な噂があり、その死後も噂について囁かれています。

安岡力也の死因ってなに?

心不全のため東京都千代田区の病院で死去した。65歳だった。東京都出身。02年に肝臓を患ってから10年にわたって病魔と闘ってきた。

闘病生活で一度も弱音を吐かなかった安岡さんが、呼吸器をつけたまま「俺負けたな…」とポツリ。そして、生まれた時からこの上ない愛情を注いだ息子へ「おまえは俺のエンジェルだ」と声を振り絞った。力斗さんも「俺にとってはゴッドファーザーだよ」と応じた

とあり、心不全で亡くなりました。

肝細胞癌やC型肝硬変など肝臓の病気を抱えており、その結果、心不全になりました。

スポンサードリンク

64歳と若くして亡くなったのは大酒のみでヘビースモーカーと、お酒や煙草などが背景として原因となりました。

安岡力也が昔やった女優といえば?

ヤクザ役などを多く熟し、強面だった安岡力也は女優との噂も多かったです。

ビートたけしさんと仕事終わりに風俗へ行くという仲だったということから、女遊びはかなり派手でした。

そんな中、女優のひし美ゆり子さんという女優を乱暴したという噂があります。

ひし美ゆり子さんというのは1970年代前後に大活躍をして「日本一美人な女優」とも言われていた女優です。

「不良番長」という映画シリーズの撮影中に無理やり乱暴したという噂があります。ひし美ゆり子本人は安岡力也の死後にそれを否定していますが、何せ1970年代のことですので、現代となっては、真実は闇の中ですね。

安岡力也の若い頃ってどんなだった?

生まれは日本の仙台市で、母親は教師と立派な職業なのですが、問題は父親です。父親はイタリアマフィアで米軍と癒着して日本にやってきて、安岡力也を産みましたが、当然として父親として家族を作る気はなかったようで、母親からも捨てられました。

スポンサードリンク

4歳の時から祖父母に育てられました。しかし、貿易商として日本とイタリアで裏ビジネスをしていた父親は日本に滞在しており、交流はあったようです。

その影響か、安岡力也は若い頃に数々の暴力事件を起こしていたと豪干しています。

芸能界入りしたのは17歳の時で混血児役として役者としてデビューしています。

そして、同時期にバンドのボーカルにキックボクサーという不良系のジャンルをプロとして行っている経歴からかなり破天荒な人生を送っていたのは間違いありません。

嘘か本当か「たかじんのばぁ」という大阪のビックスターであったやしきたかじんの番組でヤクザと揉めて刺された状態のまま相手をボコボコにしたと話していました。

安岡力也がヤギと性交してたって本当?

共演する女優にことごとく手を出していたため、女優と共演できなくなり、相手がいなくなった反動で、性欲を満たすために「ヤギと性交した」という噂はあります。

女優との性交が多いとは本人も言っており、そうした中、女優をしてくれる人が誰もいなくなった時期がありました。

そこで、ありふれた性欲をどうにかするためにヤギと性交したという話があります。

ただ、当時の日本にそこまでヤギがいたかというとそうでもなく、現在のように日本にそこまでヤギはいません。わざわざヤギを探しに行くより風俗へ行った方が楽でしょう。

ヤギと性交するというのは「ぶっ飛んでる」と思わせるために西洋のマフィア系の伝説としてはよくあることで、イタリアマフィアの父親がやりそうなことではあります。

そうした面から噂が流れたとは思いますが、実際にはやったやってないの証拠はないため、噂の真偽はあの世に行って本人に聞くしかないようですね。

安岡力也の兄は?本物のヤクザってホント?

そもそも愛人の子である安岡力也に兄がいたという正確な情報は不明ですが、テレビ番組で「後を継ぐ職業をしている」ということを言ったという噂程度の情報しかありませんね。

イタリアマフィアで米軍とも繋がっていたという父親を持つので、腹違いの兄弟は確実にいるでしょうし、その一人としてヤクザ関係の女性と子どもを作った可能性は非常に高いです。

しかし、本当かどうかという情報は確実性のあるソースが見当たりませんでした。

安岡力也に関する記事のまとめ

終戦のごたごたの中で、イタリアマフィアの父親から生まれたというかなり特殊な家庭に生まれた安岡力也。

その後、表舞台で活躍し、64歳の若さで亡くなりました。

戦後の闇の中で育ち、破天荒な人生を送った安岡力也ですが、最後は病には勝てませんでした。

しかし、安岡力也が生きた伝説は今も語り継がれています。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.