研ナオコの娘(歌手:野口ひとみ)の病気はがん?性同一性障害?画像有り。

Pocket

今回は野口ひとみについての記事を書いていきたいと思います。野口ひとみはタレントの研ナオコの娘であり、芸能事務所・ケンズファミリーに所属している歌手・タレントです。
研ナオコの娘ということは二世タレントということですが、実力の程はいかほどなのか早速気になるところですよね。そんな野口ひとみのあれこれについて見ていきましょう。

研ナオコの娘(歌手:野口ひとみ)の病気はがん?

芸能界で活動している活動している野口ひとみですが、なんと噂によるとがんなのでは?という声が話題に上がっています。
これは最初から少し重たい話題ですね(汗 実際のところはどうなのでしょうか。

研ナオコさんの娘である野口ひとみさんですが、芸能界入り酢売る前に病気を抱えていたという噂があり、その病気が「ガン」といわれています。
野口ひとみさんは2010年に甲状腺のガンが見つかり、2011年に手術をされていたそうです!

さらに研ナオコさんが橋本病という病気にかかっていると分かったことがきっかけで、ガンを発見することができたみたいです。

どうやらがんという噂は本当だったようですね。がんは遺伝性のものだとも言われているので、研ナオコを通じて発覚したことは幸いでしたね。
ちなみに野口ひとみはその後特に再発もしていないようで、元気に活動を続けているようですよ。

研ナオコの娘(野口ひとみ)は歌が下手くそ?歌手になれた理由は?

現在は二世タレントとして活動していますが、研ナオコ同様に実は歌手を本業としています。しかしながら人々の評価は歌が下手すぎると少々辛口コメントが見受けられます。

スポンサードリンク

・今いちだねェ。
親のようなインパクトも無いし、美人と言うのでもないし可愛いか?と言えばそうでもないしで研ナオコの娘と言うのでなければなんでこんなの出すの?というレベルだねェ。

・芸能人の子供って
簡単にテレビに出られるんだな。。って思っちゃいますよ。

・慣れれば 耐えられるかも…

なかなか厳しい意見が多いですね。私も実際に彼女の歌声を聴いてみましたが、個人的にはそこまで下手すぎるという印象は感じませんでした。
恐らく女性にしては低音ボイスということが原因の一つになっているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

また歌手になるきっかけになったのが母・研ナオコのコンサートでデビューとなったようです。

彼女が歌手としてステージに立ったのは2011年7月7日
この日は研ナオコさんの58回目の誕生日であるとともに歌手生活40周年を祝う記念すべきコンサート『LOVE LIFE LIVE 40年の語り歌~』が開催されていました。彼女は母の記念すべきこのステージの場で歌手として道を歩み始めたのです。

母の胸を借りて歌手として初のステージに臨んだ彼女は母と斉藤和義の『歩いて帰ろう』をデュエット。
その後、彼女はソロでスキマスイッチの『ボクノート』、エレファントカシマシの『悲しみの果て』を歌い上げました。

初披露の曲が母親の代表曲だったので、研ナオコの嬉しさも格別なものだった様に感じます。またその時歌った感想として、「緊張はしなかった」と堂々とした立ち振る舞いだったようですね。
その後も地道に歌手としてのお仕事もきているそうです。当時の研ナオコのようにビッグスターになってほしいですね。

研ナオコの娘(野口ひとみ)のドラマや映画の演技力はどうなの?

さて歌手として地道に活動を続けている野口ひとみですが、なんとドラマ出演も経験しているのだとかいないのだとか。歌唱力は辛口コメントが多い中、演技力はいかほどのものなのでしょうか。

2012年には映画「鵺啼くカルデラ」の主題歌「ヒトリミチ」を歌っています。
この映画は当事製作が進められたけれど未完のまま公開されませんでしたが、2015年に「THE HYBRID 鵺の仔」としてリメイクされ、その主題歌「Loensome Call」もひとみさんが歌いました。(ちなみに、研ナオコさんも出演されています)

調べてみたところ、ドラマや映画に出演しているわけではないようで、映画の主題歌に抜擢されたということだったようです。確かに今はお世辞にも歌手として成果を残せているわけではないので、歌手活動に専念して欲しいですね。

研ナオコの娘(歌手:野口ひとみ)は性同一性障害って本当?画像有り

どうやら野口ひとみは性同一性障害なのではないかという噂が出ています。おそらく何かの元ネタがあって話題になっていると思うのですが、どういった内容なのでしょうか。

調べてみたところ、性同一性障害であるという確証のある情報は見つかりませんでした。

なぜこのような噂が発生したのかと調べてみたところ、野口ひとみさんの見た目や発言がキッカケのようです。

どうやら噂はガセだったようで、見た目や「恋愛に興味がない」という発言から性同一性障害であると言われていたようです。さすがにこれだけで決めつけるのは酷い話ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。研ナオコと同じ歌手の道を進むことを決めて現在も成功を夢見て活動を続けている野口ひとみでした。
ただの二世タレントとして終わってしまわないようにこれからも頑張って欲しいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.